映画-Movie Walker > 人物を探す > 石黒健治

年代別 映画作品( 1967年 ~ 2001年 まで合計7映画作品)

2001年

夜の哀しみ

  • 2001年5月26日(土)公開
  • スチール

三浦哲郎の同名小説を映画化した人間ドラマ。古い因習の残る青森の港町を舞台に、中年女性たちの開放されない性を描き出す。加藤治子、平田満ら実力派俳優が脇を固める。

監督
岡泰叡
出演キャスト
平淑恵 涼風真世 石原良純 加藤治子
1998年

カンゾー先生

  • 1998年10月17日(土)公開
  • スチール

昭和20年、戦時下の岡山県の小さな漁師町を舞台に、患者を肝臓炎としか診断しない風変わりな町医者と彼を取り巻く町民たちの生き様を描いた人間喜劇。監督は「うなぎ」の今村昌平。坂口安吾の原作を基に、今村と「うなぎ」の天願大介が共同脚色。撮影を「出現!東京龍/TOKYO DRAGON」の小笠原茂が担当している。主演は「鍵」の柄本明。第51回カンヌ国際映画祭特別招待、報知映画賞主演男優賞&助演女優賞受賞作品。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第4位。

監督
今村昌平
出演キャスト
柄本明 麻生久美子 ジャック・ガンブラン 世良公則
1990年

シンデレラ・エクスプレス

  • 1990年5月19日(土)公開
  • スチール

神戸に住む短大生のヒロインとヤングアダルト達が週末ごとに東京のベイサイドで繰り広げる青春模様を描く、脚本・監督はこれが監督デビューとなる人気作詞家・亮野雅勇、撮影は「人間の砂漠」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
売野雅勇
出演キャスト
沙木麻希子 古藤芳治 団優太 中村あずさ
1983年

楢山節考(1983)

  • 1983年4月29日(金)公開
  • スチール

信州の山深い寒村を舞台に、死を目前にした人間の生き方を描く。深沢七郎の同名小説と「東北の神武たち」の映画化で、脚本・監督は「ええじゃないか」の今村昌平、撮影は栃沢正夫がそれぞれ担当。

監督
今村昌平
出演キャスト
緒形拳 坂本スミ子 あき竹城 倉崎青児
1981年

無力の王

  • 1981年8月29日(土)公開
  • 監督

横浜を舞台に、日曜の午後から月曜の朝までの十七時間の間に出会った女子大生と、青年たちの出来事を描く。'80年に設けられた〈ニッポン放送青春文芸賞〉の第一回受賞作の映画化。原作は同賞受賞作、粕谷日出美の「無力の王」と同賞佳作の東像雅紀の「八月は夏の終り」を合せたもので、脚本は「十八歳、海へ」の渡辺千明、監督はこの作品がデビュー作となる石黒健治、撮影は「さらば映画の友よ インディアンサマー」の長谷川元吉がそれぞれ担当。

監督
石黒健治
出演キャスト
高樹澪 柄沢次郎 倉淵雅也 西沢守
1979年

復讐するは我にあり

  • 1979年4月21日(土)公開
  • スチル

九州、浜松、東京で五人を殺し、詐欺と女性関係を繰り返した主人公の生いたちから死刑執行までを辿る。昭和五十年下期の直木賞を受賞した佐木隆三の同名の原作の映画化で、脚本は「ギャンブル一家 チト度が過ぎる」の馬場当、監督は「にっぽん戦後史 マダムおんぼろの生活」の今村昌平、撮影は「野性の証明」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
今村昌平
出演キャスト
緒形拳 三國連太郎 ミヤコ蝶々 倍賞美津子
1967年

人間蒸発

  • 1967年6月25日(日)公開
  • 撮影

「“エロ事師たち”より 人類学入門」の今村昌平監督が、現実に失踪した人間の行方をその婚約者と共に追う、という設定のもとに日本全国を歩き、その取材過程を映画に仕上げた。撮影は石黒健治で16ミリのカメラを使っている。

監督
今村昌平
出演キャスト
早川佳江 露口茂
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 石黒健治