映画-Movie Walker > 人物を探す > 水原ゆう紀

年代別 映画作品( 1975年 ~ 1996年 まで合計12映画作品)

1996年

ソクラテス

  • 1996年12月21日(土)公開
  • 出演

自称ハーフの暴れん坊男が活躍する、義理と人情の浪花ヒューマン・コメディ。監督はこれがデビュー作となる鶴巻日出雄。小川竜生の原作『極道ソクラテス』を、鶴巻の師匠でもある「美味しんぼ」の森崎東が脚色。撮影を「美味しんぼ」の東原三郎が担当している。主演は「DAN-GAN教師」の大仁田厚。共演に小嶋亜由美、山本ゆめ、森香名子、遠山景織子ほか。

監督
鶴巻日出雄
出演キャスト
大仁田厚 小嶋亜由美 長門勇 遠山景織子
1995年

嵐の季節 国際版(1995)

  • 1995年12月9日(土)公開
  • 出演(藤川あけみ 役)

俳優の川野太郎の青春時代をモデルにした高橋三千綱の恋愛小説『掠奪の初夏』を原作に、高橋玄監督が映画化した人間ドラマ。故ルイ・マル監督のプロデューサーとして知られるフランス映画界の製作者クロード・ネジャールのオファーにより、先に公開されたオリジナル版の142分から118分に再編集されたインターナショナル・ヴァージョン。物語の大筋は殆ど変わらないが、オリジナル版にあったエピソードのいくつかがカットされている。ビデオは、国際版でのリリースとなる。

監督
高橋玄
出演キャスト
高嶋政宏 美保純 田中有紀美 伊藤猛

嵐の季節(1995)

  • 1995年5月13日(土)公開
  • 出演(藤川あけみ 役)

俳優の川野太郎の青春時代をモデルにした高橋三千綱の恋愛小説『掠奪の初夏』を原作に、「心臓抜き」の高橋玄監督が映画化した人間ドラマ。95年ゆうばり国際冒険・ファンタスティック映画祭招待、95年あおもり映画祭招待作品。

監督
高橋玄
出演キャスト
高嶋政宏 美保純 田中有紀美 伊藤猛
1984年

連続殺人鬼 冷血

  • 1984年2月11日(土)公開
  • 出演(寺西和子 役)

犯罪史上空前の凶悪殺人犯としてセンセーションを巻き起こした勝田清孝の半生を描く。大下英治のノンフィクション「勝田清孝の犯罪」(現代書林刊)を「美少女プロレス 失神10秒前」の佐伯後道が脚本化、監督はピンク映画の大ベテランでこれが初の一般映画となる渡辺護、撮影は「ウィークエンド・シャッフル」の鈴木史郎がそれぞれ担当。

監督
渡辺護
出演キャスト
中山一也 吉宮君子 菅貫太郎 青木和子
1983年

オキナワの少年

  • 1983年9月10日(土)公開
  • 出演(チーコ 役)

映画に情熱を賭ける一人の男の少年時代と、十一年後の東京での青春時代を交錯させながら沖縄人としての葛藤を描く。沖縄出身の東峰夫原作の同名小説の映画化で、脚本は、中田信一郎、高際和雄、沖縄出身でこれが第一回監督作品の新城卓の共同執筆、撮影は「嵐を呼ぶ男(1983)」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
新城卓
出演キャスト
藤川一歩 内藤剛志 小野みゆき 岡田奈々
1982年

赤いスキャンダル 情事

  • 1982年12月24日(金)公開
  • 出演(戸田ゆう子 役)

夫の出張中に、高級娼婦として官能の世界に溺れる女の姿を描く。脚本は「絶頂姉妹 堕ちる」のいどあきお、監督は「雪華葬刺し」の高林陽一、撮影は「あんねの子守唄」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
高林陽一
出演キャスト
水原ゆう紀 泉じゅん 戸川昌子 水木薫
1981年

獣たちの熱い眠り

  • 1981年9月12日(土)公開
  • 出演(マルチーズの女 役)

恐喝組織の網にかかって選手生活から追放されたプロテニスの花形プレーヤーの復讐を描く。勝目梓の同名の小説の映画化で、脚本は「蘇える金狼」の永原秀一、監督は「野獣死すべし(1980)」の村川透、撮影は「ヨコハマBJブルース」の仙元誠三がそれぞれ担当。

監督
村川透
出演キャスト
三浦友和 なつきれい 宇佐美恵子 風吹ジュン
1980年

ナオミ

  • 1980年3月15日(土)公開
  • 出演(ナオミ 役)

谷崎潤一郎の『痴人の愛』の四度目の映画化で、狡猾で淫蕩なヒロイン“ナオミ”の愛と性を現代の女性像として描く。脚本は「往生安楽国」の高林陽一と「未来少年コナン」の今戸栄一の共同執筆、監督も同作の高林陽一、撮影は「女高生 危険なめばえ」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

監督
高林陽一
出演キャスト
水原ゆう紀 斉藤真 光田昌弘 平野克己
1979年

天使のはらわた 赤い教室

  • 1979年1月16日(火)公開
  • 出演(土屋名美 役)

暴行現場を8ミリで撮られ、それがブルーフィルムとして街に出まわってしまったことから、地獄のような生活を余儀なくされた女の姿を描く。週刊ヤングコミックに連載中の石井隆の同名劇画の映画化で前作「女高生 天使のはらわた」に続くシリーズ第二作目。脚本は石井隆と「博多っ子純情」の曽根中生の共同執筆、監督も同作の曽根中生、撮影は「ハワイアン・ラブ 危険なハネムーン」の水野屋信正がそれぞれ担当。

監督
曽根中生
出演キャスト
水原ゆう紀 蟹江敬三 あきじゅん 水島美奈子
1976年

嗚呼!!花の応援団(1976)

  • 1976年8月21日(土)公開
  • 出演(初江 役)

大学の応援団を舞台に喧嘩にはめっぽう強いが女にはまるっきりだらしがない親衛隊隊長を主人公にしたナンセンス喜劇。原作はどおくまんプロの同名劇画。脚本は「「妻たちの午後は」より 官能の檻」の田中陽造、監督は「淫絶未亡人」の曽根中生、撮影は「あるコールガールの証言 露出」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
曽根中生
出演キャスト
今井均 香田修 深見博 宮下順子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 水原ゆう紀