映画-Movie Walker > 人物を探す > 吉行和子

年代別 映画作品( 1955年 ~ 2019年 まで合計120映画作品)

2019年

雪子さんの足音

芥川賞候補となった木村紅美の同名小説を実写映画化。月光荘という洋館で2階を下宿人に貸す大家の川島雪子は、居間をサロンとして開放していた。その常連の小野田香織と雪子は下宿人の男子大学生・薫をサロンに招き、ご馳走やお小遣いなど過剰な援助をする。出演は、「家族はつらいよ」シリーズの吉行和子、「赤い雪 Red Snow」の菜葉菜、「チワワちゃん」の寛一郎。監督は、「百合子、ダスヴィダーニヤ」の浜野佐知。

監督
浜野佐知
出演キャスト
吉行和子 菜 葉 菜 寛 一 郎 大方斐紗子
2018年

羊と鋼の森

  • 2018年6月8日(金)公開
  • 出演

2016年の第13回本屋大賞に輝くなど、数々の賞を受賞した宮下奈都の同名小説を、山崎賢人主演で映画化した青春ストーリー。将来の夢をもっていなかった一人の少年が、高校で出会ったピアノ調律師に感銘を受けて、調律の世界に足を踏み入れ、ピアノに関わる人々と出会い、成長していく。上白石萌音と上白石萌歌が姉妹役で映画初共演する。

監督
橋本光二郎
出演キャスト
山崎賢人 三浦友和 上白石萌音 上白石萌歌

妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII

  • 2018年5月25日(金)公開
  • 出演

巨匠・山田洋次監督によるホームコメディの第3弾。主婦の史枝の家出により、三世代が暮らす平田家の面々が新たな騒動に巻き込まれていくさまがつづられる。一家の主である周造を橋爪功、その妻・富子を吉行和子が演じるなど、個性派キャスト8人が再集結し、独特のテンポで繰り広げられるエピソードが笑いを誘う。

監督
山田洋次
出演キャスト
橋爪功 吉行和子 西村まさ彦 夏川結衣
2017年

春なれや

  • 2017年8月26日(土)公開
  • 出演(三浦小春 役)

第38回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールドシネマ部門正式招待作品「燦燦-さんさん-」の外山文治監督による短編。ソメイヨシノは60年咲けないとの噂を確かめるために老人ホームを抜け出した女性。幹夫は保護された彼女の案内役になる。「燦燦-さんさん-」で主演を務めた吉行和子が短編映画に初出演。彼女に付き合う青年を「武曲 MUKOKU」の村上虹郎が、警官を「恋人たち」の篠原篤が演じる。『映画監督外山文治短編作品集』の一編として劇場公開。

監督
外山文治
出演キャスト
吉行和子 村上虹郎 篠原篤 石崎なつみ

家族はつらいよ2

  • 2017年5月27日(土)公開
  • 出演(平田富子 役)

巨匠・山田洋次監督によるホームコメディの第2弾。熟年離婚の危機を乗り越えた平田家の面々が新たな騒動に巻き込まれるさまがつづられる。一家の主である周造を橋爪功、その妻・富子を吉行和子が演じるなど、個性派キャストが再集結。一家に新たな騒動を引き起こす周造の同級生・丸田を小林稔侍が演じる。

監督
山田洋次
出演キャスト
橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣
2016年

海すずめ

  • 2016年7月2日(土)公開
  • 出演(三好トメ 役)

宇和島伊達400年を記念し製作された青春ドラマ。小説家デビューするも2作目が書けない雀は地元・宇和島に戻り、自転車で図書を運ぶ図書館の自転車課で働き始める。そんな中、伊達400年祭で使用する刺繍の資料となる本を巡り街は騒然となる。監督・脚本は、「ポプラの秋」の大森研一。出演は、「ドクムシ」の武田梨奈、「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」の小林豊、「山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日」の内藤剛志、「恋」の岡田奈々、「蠢動-しゅんどう-」の目黒祐樹、「家族はつらいよ」の吉行和子。

監督
大森研一
出演キャスト
武田梨奈 小林豊 内藤剛志 岡田奈々
2014年

三里塚に生きる

  • 2014年11月22日(土)公開
  • 朗読

小川伸介監督による三里塚シリーズ第一作「日本解放戦線・三里塚の夏」(1968年)の撮影を担当した大津幸四郎が再び現地の人々にキャメラを向け、「まなざしの旅 土本典昭と大津幸四郎」の代島治彦と共に監督を務めたドキュメンタリー。三里塚のアーカイブ映像と大津が新たに撮影した映像、写真家・北井一夫の写真を交錯させ、国家権力に抵抗した人々の闘争と現在の思いを映し出す。音楽はTV『あまちゃん』の大友良英。

監督
大津幸四郎 代島治彦
2013年

京都幻想 ビバルディ「四季」

  • 2013年7月8日(月)公開
  • 出演

京都の四季を四人の女優とクラシック音楽をフィーチャーして描くイメージ映像。企画・構成・脚色はなかにし礼。演出は岩佐寿弥。出演は大場久美子、夏木マリ、范文雀、吉行和子。2013年7月6日より、東京・渋谷アップリンクにて開催された「<イワサヒサヤとはナニモノだったのか?>追悼 映像作家・岩佐寿弥特集」にて上映。

出演キャスト
大場久美子 夏木マリ 范文雀 吉行和子
2012年

鞄・KABAN

  • 2012年10月13日(土)公開
  • 出演

東京・下町を舞台に家出から突如帰ってきた父と消極的で引っ込み思案な少女との関係修復までを描く人間ドラマ。監督は『魚心あれば嫁心』等テレビドラマで演出を務める初山恭洋。出演は今作が初主演の京野ことみ、大杉漣、吉行和子、鈴木一真ほか。2005年2005年2月24日より北海道・夕張市にて開催された「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2005」にて上映。2012年10月12日より、広島県尾道市・福山市にて開催された「お蔵出し映画祭2012」にて上映。

監督
初山恭洋
出演キャスト
京野ことみ 鈴木一真 大杉漣 吉行和子
2009年

いけちゃんとぼく

  • 2009年6月20日(土)公開
  • 出演(池子 役)

人気女性漫画家・西原理恵子が初めて手がけた同名絵本を実写映画化した感動作。ある少年と彼の前にだけ現れる不思議な生物“いけちゃん”との交流を温かな眼差しでつづる。

監督
大岡俊彦
出演キャスト
深澤嵐 ともさかりえ 萩原聖人 モト冬樹

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 吉行和子