TOP > 映画監督・俳優を探す > 市原啓子

年代別 映画作品( 1973年 ~ 2010年 まで合計20映画作品)

2010年

老人と海 ディレクターズ・カット版

  • 2010年7月31日(土)
  • 編集

日本最西端の与那国島でカジキを追う82歳の老漁師の姿を、ヘミングウェイの『老人と海』になぞらえて追ったドキュメンタリー。監督は「映画 日本国憲法」のジャン・ユンカーマン。美しい海の風景をバックにした老漁師の姿を通して、人生の豊かさと人間の強さを伝える。画面を彩る音楽を担当したのはフォークシンガーの小室等。

監督
ジャン・ユンカーマン
出演キャスト
糸数繁
1996年

もうひとつの人生

  • 1996年2月17日(土)
  • プロデューサー

アルコール依存症に苦しむ人たちとその家族の姿をとらえ、家族の絆と愛情を浮き彫りにしたドキュメンタリー。大阪の、あるアルコール依存症者と家族による自助グループの会合を中心に、16歳の時から酒と離れられずにいた断酒歴2年の夫(43歳)とその妻、7年前に病院で知り合ってから互いに励まし合い続けている3人の仲間、夫や子供たちと離別してひとりで生きている断酒歴12年の女性(48歳)、断酒歴17年の夫(54歳)とその妻が心の支えとする主治医と、実際のアルコール依存症者と家族や周囲の人たち計4組のエピソードを紹介する。監督は「免田栄 獄中の生」の小池征人。95年度キネマ旬報文化映画ベストテン第6位。16ミリからのブローアップ。

監督
小池征人
出演キャスト
1993年

JAKUPA 芸術家の誕生

  • 1993年11月12日(金)
  • 編集

パプア・ニューギニアの現代美術を代表するアーティスト、ジャクパ・アコ(JAKUPA AKO)の創作活動と彼の絵画作品をめぐるドキュメンタリー。パプア・ニューギニアにおいて、恐らく絵を描くことを職業として選んだ最初の芸術家であるジャクパは、妻と子供たちを故郷イースタンハイランド州に残し、一人首都ポートモレスビーのニューギニア大学・芸術学科の学生寮にアトリエをかまえ、創作活動を続けている。彼の描く絵はパプア・ニューギニアのプリミティブアートの流れを汲みつつ、独自の抽象性を獲得している。またその絵に表現される世界は極めて多弁であり、彼が体験してきたことや古くから語り継がれてきた民話など、様々な物語性も持っている。そんなジャクパの生い立ちや創作の様子、彼の作品などを日本で初めて紹介する。ナレーションは寺田農。16ミリ。

監督
山上徹二郎
出演キャスト

あらかわ

  • 1993年11月6日(土)
  • 編集

荒川上流にある滝沢ダムの二十三年にもわたる反対同盟会の抵抗をめぐる争議を中心に、水問題、環境問題を含む川と人の暮らしを見つめていく長編ドキュメンタリー。監督は萩原吉弘で、これが第一回作品となる。16ミリ。

監督
萩原吉弘
出演キャスト
1990年

老人と海(1990)

  • 1990年9月1日(土)
  • 編集

日本列島の南の入口に位置する黒潮洗う島、与那国。ここで1990年に亡くなった、カジキを追う82才の漁師・糸数繁さんと与那国の漁師たちの姿を描くドキュメンタリー。演出は「劫火--ヒロシマからの旅」のジャン・ユンカーマン。撮影は清水良雄と「出張」の大津幸四郎と須藤恵司と高橋達美が共同でそれぞれ担当。

監督
出演キャスト
1988年

うれしはずかし物語

  • 1988年3月19日(土)
  • 編集

中年サラリーマンと少女との純愛を描く。ジョージ秋山原作の同名劇画の映画化で、脚本は「白衣物語淫す!」の竹山洋が執筆。監督は「化身(1986)」の東陽一、撮影は「永遠の1/2」の川上皓市がそれぞれ担当。

監督
東陽一
出演キャスト
川上麻衣子 寺田農 本阿彌周子 渡浩行
1987年

愛はクロスオーバー

  • 1987年11月14日(土)
  • 編集

かつてサーキットで火花を散らした男たちの愛と友情を、稲垣潤一の音楽を全編に織り込みながら描く。脚本は長瀬未代子、監督は栗原剛志で共にこれが劇場用映画第一回作品。撮影は「ベッドタイムアイズ」の川上皓市がそれぞれ担当。

監督
栗原剛志
出演キャスト
名取裕子 永島敏行 平田満 稲垣潤一
1986年

化身(1986)

  • 1986年10月10日(金)
  • 編集

若いホステスを自分好みのいい女に変身させようとする男の悲哀を描く。渡辺淳一原作の同名小説の映画化で、脚本は「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」の那須真知子、監督は「湾岸道路」の東陽一、撮影は「ひとひらの雪」の川上皓市がそれぞれ担当。主題歌は、高橋真梨子(「黄昏人」)。

監督
東陽一
出演キャスト
藤竜也 黒木瞳 梅宮辰夫 淡島千景
1984年

湾岸道路

  • 1984年9月29日(土)
  • 編集

突然、夫に別れを告げられた妻が、バイクのライディングをおぼえ、夫と同じように湾岸道路を旅立っていく姿を描く。片岡義男の同名小説の映画化で、脚本は「セカンド・ラブ」の東陽一と新人・金秀吉の共同執筆。監督は東陽一、撮影も同作の川上皓市がそれぞれ担当。

監督
東陽一
出演キャスト
草刈正雄 樋口可南子 小林薫 マリアン
1983年

セカンド・ラブ

  • 1983年4月8日(金)
  • 編集

都会の中で生きがいと愛を求めて必死に生きる若い再婚女性の姿を描く。脚本は「人形嫌い」の田中晶子と「ザ・レイプ」の東陽一、監督も東陽一、撮影も同作の川上晧市がそれぞれ担当。

監督
東陽一
出演キャスト
大原麗子 小林薫 中村れい子 アイ・ジョージ

市原啓子の関連人物

阿木燿子  加茂さくら  長谷川初範  風間杜夫  市原清彦 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 市原啓子

ムービーウォーカー 上へ戻る