映画-Movie Walker > 人物を探す > 安部徹

年代別 映画作品( 1946年 ~ 2013年 まで合計327映画作品)

2013年

東京物語 ニューデジタルリマスター

  • 2013年12月7日(土)公開
  • 出演(敬三の先輩 役)

小津安二郎生誕110年として小津監督の名作「東京物語」をデジタル修復したニューデジタルリマスター版。撮影チーフ助手を務めた川又昂の監修の元、4Kスキャニングによるマスターを一コマ単位でデジタル修復。音声も小津監督の監督助手を務めた田中康義監修の元清水和法により修復が行われている。2011年4月4日NHK BSプレミアム「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本」で放映された。その後2013年ベルリン国際映画祭Berlinale Classics部門出品用に更に修正が行われている。2013年11月23日より、東京・神田 神保町シアターにて開催された「生誕110年・没後50年記念 映画監督 小津安二郎」にて上映。

監督
小津安二郎
出演キャスト
笠智衆 東山千栄子 山村聡 三宅邦子
1988年

西遊記(1988)

  • 1988年7月2日(土)公開
  • 出演(声)(ナレーター 役)

孫悟空と牛魔王の戦いを描くハイビジョン・SFX映画。脚本は内田建太郎とかがみおさむが共同で執筆。監督はCFディレクターでこれが第一作となる内田、撮影は大木篤夫がそれぞれ担当。

監督
内田建太郎
出演キャスト
中谷一郎 坂上二郎 佐藤慶 矢島正明
1982年

道頓堀川

  • 1982年6月12日(土)公開
  • 出演(田村 役)

道頓堀川に面した喫茶店を舞台に、父と子、男と女、そしてさまざまな形の青春を描く。「泥の河」に続く宮本輝の同名小説の映画化。脚本は「魔界転生」の野上龍雄と深作欣二、監督も深作欣二、撮影は「真夜中の招待状」の川又昂がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
松坂慶子 真田広之 山崎努 加賀まりこ
1981年

燃える勇者

  • 1981年12月19日(土)公開
  • 出演(大矢栄 役)

ある地方都市を訪れた青年が、偶然に知り会ったルポライターとともに、その都市を支配する企業の悪事を暴露するまでを描く。脚本は「真田幸村の謀略」の松本功、「アゲインスト むかい風」の中島貞夫、そしてこの作品で監督としてもデビューする土橋亨、撮影は井口勇がそれぞれ担当。

監督
土橋亨
出演キャスト
真田広之 伊藤かずえ 黒崎輝 もんたよしのり

連合艦隊

  • 1981年8月8日(土)公開
  • 出演(栗田第二艦隊長官 役)

太平洋戦争を背景に、そこに生きた人々の愛、悲しみ、苦闘、怒りを描く。脚本は「どんぐりッ子」の須崎勝弥、監督は「関白宣言」の松林宗恵、撮影は「トラブルマン 笑うと殺すゾ」の加藤雄大、特技監督は「地震列島」の中野昭慶がそれぞれ担当。

監督
松林宗恵
出演キャスト
永島敏行 金田賢一 中井貴一 丹波義隆
1980年

将軍(1980)

  • 1980年公開
  • 出演(Hiromatsu 役)

戦乱の世が終わった1600年ごろの日本を舞台に、大閣秀吉亡き後の諸大名の動行と、漂着した1人のイギリス航海士が旗本になってゆく過程を描く。製作総指揮・原作は「大脱走」の脚本で知られるジェームズ・クラベル、製作・脚本はエリック・バーコビッチ、監督はTV『自動車』のジェリー・ロンドン、撮影はアンドリュー・ラズロ、音楽はモーリス・ジャール、編集はジム・ヘッカート、製作デザインはジョセフ・ジェニングスが各々担当。出演はリチャード・チェンバレン、三船敏郎、島田陽子、フランキー堺、ダミアン・トーマス、ジョン・ライズ・デイビス、金子信雄、目黒祐樹、安部徹、高松英郎、宮口精二など。

監督
ジェリー・ロンドン
出演キャスト
リチャード・チェンバレン 三船敏郎 島田陽子 フランキー堺

  • 1980年9月14日(日)公開
  • 出演(傘の柄の男 役)

恋人の手さえ握れず、通勤電車の中で痴漢行為に耽ける青年の姿を描く。脚本、監督はこの作品がデビュー作となる横山博人、撮影は高田昭がそれぞれ担当。

監督
横山博人
出演キャスト
江藤潤 朝加真由美 中島ゆたか 榎本ちえ子
1979年

トラック野郎 故郷特急便

  • 1979年12月22日(土)公開
  • 出演(岩瀬 役)

お馴染、桃次郎とジョナサンのコンビが土佐路を舞台に走り回るシリーズ第十作目。脚本は「天使の欲望」の中島丈博と松島利昭の共同執筆、監督は「堕靡泥の星 美少女狩り」の鈴木則文、撮影は「暴力戦士」の出先哲也がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
菅原文太 愛川欽也 石川さゆり 森下愛子

夜叉ヶ池

  • 1979年10月20日(土)公開
  • 出演(権藤管八 役)

山麓の鐘を日に三度つかなければ、夜叉ヶ池に封じ込められている竜神が暴れだすという言い伝えを破ったために、竜に村を滅ぼされてしまうという幻想と伝説の世界を描く泉鏡花の戯曲の映画化で、脚本は「十八歳、海へ」の田村孟と三村晴彦の共同執筆、監督は「はなれ瞽女おりん」の篠田正浩、撮影は「雲霧仁左衛門」の小杉正雄と「九月の空」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
篠田正浩
出演キャスト
坂東玉三郎 加藤剛 山崎努 丹阿弥谷津子

蘇える金狼(1979)

  • 1979年8月25日(土)公開
  • 出演(鈴本光明 役)

昼間は平凡なサラリーマンを装いながらも、夜になると、身体を鍛え巨大資本乗っ取りを企む男の姿を描く。大藪春彦の同名の小説の映画化で、脚本は「肉の標的・奪う!」の永原秀一、監督は「白昼の死角」の村川透、撮影も同作の仙元誠三がそれぞれ担当

監督
村川透
出演キャスト
松田優作 風吹ジュン 佐藤慶 成田三樹夫
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 安部徹