TOP > 映画監督・俳優を探す > 三橋達也

年代別 映画作品( 1951年 ~ 2004年 まで合計144映画作品)

1959年

愛情不動

  • 1959年5月19日(火)
  • 出演(杉野宗太 役)

長谷川幸延の原作を、「荷車の歌」の依田義賢が脚色したもので、大阪法善寺界隈をバックにしたメロドラマ。「恐喝(1958)」の佐伯幸三が監督し、「グラマ島の誘惑」の岡崎宏三が撮影した。パースペクタ立体音響。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
鶴田浩二 山田五十鈴 香川京子 西岡慶子

夜の配役

  • 1959年1月28日(水)
  • 出演(結城三郎 役)

オール読物に連載された有馬頼義の同名小説を、「恐喝(1958)」の共同脚色者・芝野文夫が脚色し、同じく「恐喝(1958)」の佐伯幸三が監督した推理映画。撮影は「真夜中の顔」の荒牧正。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
山村聡 木暮実千代 二代目水谷八重子 七浦弘子

グラマ島の誘惑

  • 1959年1月15日(木)
  • 出演(ウルメル(カナカ族原住民) 役)

飯沢匡の戯曲「ヤシと女」を「暖簾」の川島雄三が脚色監督した異色喜劇。撮影は「底抜け忍術合戦」の岡崎宏三。音楽は「悪女の季節」(松竹)の黛敏郎。出演は「社長太平記」の森繁久彌、「フランキーの僕は三人前」のフランキー堺「恐喝(1958)」の三橋達也や、宮城まり子・八千草薫・淡路恵子ら。

監督
川島雄三
出演キャスト
森繁久彌 フランキー堺 桂小金治 浪花千栄子
1958年

女性についての一〇三章より 新妻と女秘書

  • 1958年11月18日(火)
  • 出演(毛利信夫 役)

堀秀彦のエッセイ“女性についての一〇三章”を、「幸運の階段」の若尾徳平が一連の物語にまとめた喜劇。「“噴水”より 抵抗する年令」のコンビ田畠恒男が監督、布戸章が撮影を、それぞれ担当した。出演者は「恐喝(1958)」の三橋達也、「紅蝙蝠(1958)」の小山明子に、菅佐原英一・瞳麗子・福田公子・上原謙などである。

監督
田畠恒男
出演キャスト
三橋達也 笠智衆 小山明子 菅佐原英一

人魚昇天

  • 1958年10月21日(火)
  • 出演(健二 役)

瀬戸内海の景勝地高松、女木島附近に長期ロケをした海洋活劇で、原作は火野葦平。関沢新一・浅野辰雄が共同で脚色、田口哲が久方振りに監督した。撮影は谷口政勝。「無鉄砲一代」の三橋達也、「自殺を売った男」の泉京子らに、原作者火野葦平も特別出演する。

監督
田口哲
出演キャスト
三橋達也 泉京子 田代百合子 丘寵児

恐喝(1958)

  • 1958年11月9日(日)
  • 出演(大井啓介(昭東興業) 役)

半生をヤクザで生きてきた界外五郎の自伝風の同名小説を映画化したもので、ヤクザの生態を描くドラマ。芝野文雄・原島正夫が共同で脚色し、「ぶっつけ本番」の佐伯幸三が監督、「みみずく説法」の遠藤精一が撮影した。「無鉄砲一代」の三橋達也、「女侠一代」の淡路恵子のほか、多々良純・岸田今日子・原保美・小沢栄太郎などが出演。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
三橋達也 沖田光男 佐伯徹 吉田静司

無鉄砲一代

  • 1958年7月27日(日)
  • 出演(疾風の仙太郎 役)

中山正男の原作による、北海道の自然を背景としたラヴ・ストーリー。脚色は水上伸男、監督は久方振りに志村敏夫、撮影は植松永吉。主演は「結婚のすべて」の三橋達也に「夜の波紋」の杉田弘子。これをたすけて菅井一郎、上田吉二郎、若水ヤエ子、小杉義男など。

監督
志村敏夫
出演キャスト
三橋達也 島津秀明 杉田弘子 菅井一郎

結婚のすべて

  • 1958年5月26日(月)
  • 出演(古賀俊二(近代女性編集長) 役)

「新婚七つの楽しみ」の白坂依志夫の書き下ろし脚本を、新人第一回の岡本喜八が監督し、「二人だけの橋」の中井朝一が撮影した風俗喜劇。主演は「大当り狸御殿」の雪村いづみ、山田真二、「氷壁」の上原謙、「葵秘帖」の新珠三千代、「女であること」の三橋達也、「母三人(1958)」の仲代達矢など。

監督
岡本喜八
出演キャスト
雪村いづみ 新珠三千代 上原謙 小川虎之助

女であること

朝日新聞に連載された川端康成の原作を「夜の鴎」の田中澄江、「続青い山脈」の井手俊郎、「幕末太陽伝」の川島雄三の三人が共同脚色、川島雄三が東京映画と新たに契約、監督した文芸篇。撮影は「一本刀土俵入(1957)」の飯村正が担当した。主演は「続々大番 (怒涛篇)」の原節子、「挽歌(1957)」の久我美子、森雅之、「地上」の香川京子、「その夜のひめごと」の三橋達也「近くて遠きは」の石浜朗。ほかに、太刀川洋一、中北千枝子、丹阿弥谷津子、荒木道子などが助演している。

監督
川島雄三
出演キャスト
森雅之 原節子 久我美子 香川京子
1957年

その夜のひめごと

  • 1957年9月1日(日)
  • 出演(宮本陽之介 役)

山岡荘八の原作『花ある銀座』を「生きている小平次」の井手俊郎と「おしどりの間」の木村恵吾が共同脚色し、木村恵吾が監督した。これに鈴木重吉が協力監督として「豹の眼」以来久々に参加。撮影は「ひかげの娘」の三村明。主演は東京映画に初出演の三橋達也、「危険な英雄」の司葉子、「夜の鴎」の草笛光子、「忘却の花びら (完結篇)」の安西郷子、「銭形平次捕物控 女狐屋敷」の木暮実千代。ほかに中村伸郎、仲谷昇、本郷秀雄、塩沢登代路、森啓子など。

監督
木村恵吾 鈴木重吉
出演キャスト
三橋達也 中村伸郎 木暮実千代 司葉子

三橋達也の関連人物

堺左千夫  中丸忠雄  平田昭彦  淡路恵子  佐藤允 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 三橋達也

ムービーウォーカー 上へ戻る