TOP > 映画監督・俳優を探す > 佐久田修

年代別 映画作品( 1976年 ~ 1981年 まで合計6映画作品)

1981年

連合艦隊

  • 1981年8月8日(土)
  • 出演(大江中尉 役)

太平洋戦争を背景に、そこに生きた人々の愛、悲しみ、苦闘、怒りを描く。脚本は「どんぐりッ子」の須崎勝弥、監督は「関白宣言」の松林宗恵、撮影は「トラブルマン 笑うと殺すゾ」の加藤雄大、特技監督は「地震列島」の中野昭慶がそれぞれ担当。

監督
松林宗惠
出演キャスト
永島敏行 金田賢一 中井貴一 丹波義隆
1980年

五番町夕霧楼(1980)

  • 1980年4月29日(火)
  • 出演(鳳閣寺・倫道 役)

家族のために廓に身を売った女と、幼友達の青年僧との愛を描く。水上勉の同名の小説と「金閣炎上」を合せて映画化したもので、脚本は「天使の欲望」の中島丈博、監督は「黄金の犬」の山根成之、撮影は「神様のくれた赤ん坊」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
山根成之
出演キャスト
松坂慶子 奥田瑛二 浜木綿子 中島葵
1979年

ガラスのうさぎ(1979)

  • 1979年7月14日(土)
  • 出演(次兄 役)

十二歳の少女の体験を通して戦争を知らない子供たちに、戦争の悲惨さと恐ろしさを訴える。高木敏子が母が子に語る戦争体験として書いた同名の小説の映画化で脚本は「わが青春のとき」の立原りゅう、監督は「教室二〇五号」の橘祐典、撮影も同作の山本駿がそれぞれ担当。

監督
橘祐典
出演キャスト
長門裕之 長山藍子 蛯名由起子 大和田獏
1978年

九月の空

  • 1978年12月2日(土)
  • 出演(田端 役)

スポーツの爽快さを好んで剣道にはげむ高校生勇の、性への憧れや怖れ、孤立感を抱きながら、剣道、友情、家庭、そして未知のできごとを通じて成長していく姿を描く。高橋三千綱の53年下半期の芥川賞受賞作「九月の空」を映画化したもので、脚本は「ハワイアン・ラブ 危険なハネムーン」の中岡京平、監督は「ダブル・クラッチ」の山根成之、撮影も同作の坂本典隆がそれぞれ担当している。

監督
山根成之
出演キャスト
四代目河原崎権十郎 石野真子 長門裕之 野際陽子
1977年

聖母観音大菩薩

  • 1977年6月25日(土)
  • 出演(少年 役)

人間の永遠のテーマである生と死を通して、本当のやさしさ、思いやり、いたわりを描く。脚本は「アルプスの少女ハイジ(1979)」の佐々木守、監督は「天使の恍惚」の若松孝二、撮影は「愛のコリーダ」の伊東英男がそれぞれ担当。

監督
若松孝二
出演キャスト
松田暎子 佐久田修 浅野温子 蟹江敬三
1976年

サチコの幸

  • 1976年12月25日(土)
  • 出演(武彦 役)

上村一夫の同名劇画をもとに、焼け跡の新宿に咲いた一輪の花・サチコの哀愁の青春を描く。脚本は「キャンパス・エロチカ 熟れて開く」の出倉宏、監督も同作の武田一成、撮影は「幼な妻絶叫!!」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
武田一成
出演キャスト
三浦リカ 丸岡晴久 寺尾聰 高野浩之

佐久田修の関連人物

長門裕之  根岸季衣  風吹ジュン  奈良岡朋子  織本順吉 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 佐久田修

ムービーウォーカー 上へ戻る