映画-Movie Walker > 人物を探す > 須崎勝弥

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1982年 まで合計77映画作品)

1982年

南十字星

  • 1982年5月22日(土)公開
  • 脚本

第二次世界大戦中のシンガポールを舞台に、日本兵とオーストラリア兵捕虜との友情を描く。脚本は「連合艦隊」の須崎勝弥、監督は「大空のサムライ」の丸山誠治とピーター・マックスウェルの共同、撮影は「漂流」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
丸山誠治 ピーター・マックスウェル
出演キャスト
中村敦夫 北大路欣也 坂上二郎 小松方正
1981年

連合艦隊

  • 1981年8月8日(土)公開
  • 脚本

太平洋戦争を背景に、そこに生きた人々の愛、悲しみ、苦闘、怒りを描く。脚本は「どんぐりッ子」の須崎勝弥、監督は「関白宣言」の松林宗恵、撮影は「トラブルマン 笑うと殺すゾ」の加藤雄大、特技監督は「地震列島」の中野昭慶がそれぞれ担当。

監督
松林宗恵
出演キャスト
永島敏行 金田賢一 中井貴一 丹波義隆
1976年

大空のサムライ

  • 1976年10月2日(土)公開
  • 脚本

第二次大戦中、大空に自らの意地を燃やし、戦うために生きぬいた撃墜王を描いた戦争映画。原作は坂井三郎の同名の自伝。脚本は須崎勝弥、監督は「商魂一代 天下の暴れん坊」の丸山誠治、撮影は「東京湾炎上」の西垣六郎がそれぞれ担当。

監督
丸山誠治
出演キャスト
藤岡弘 志垣太郎 伊藤敏孝 島田順司

どんぐりッ子

  • 1976年7月31日(土)公開
  • 脚本

天真欄漫なお手伝いと両親よりも彼女になつく子供との暖い交流を描く由起しげ子原作「女中ッ子」の再映画化。脚本は「大空のサムライ」の須崎勝弥、監督は「エデンの海(1976)」の西河克己、撮影も同作の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
西河克己
出演キャスト
森昌子 長門裕之 南田洋子 菅原靖人
1975年

潮騒 しおさい(1975)

  • 1975年4月26日(土)公開
  • 脚本

三島由紀夫の同名小説の4度目の映画化。美しい海の大自然を背景に、若い男女の愛を描いた青春映画。脚本は須崎勝弥、監督は「伊豆の踊子(1974)」の西河克己、脚本も同作の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
西河克己
出演キャスト
山口百恵 三浦友和 初井言栄 亀田秀紀
1970年

高校生番長 ズベ公正統派

  • 1970年12月15日(火)公開
  • 脚本

「高校生番長 深夜放送」に続く「高校生番長」シリーズ第三作。脚本は「高校生番長 棒立てあそび」の須崎勝弥、監督は「新・与太郎戦記」の田中重雄。撮影は「太陽は見た」の中川芳久がそれぞれ担当。

監督
田中重雄
出演キャスト
八並映子 小野川公三郎 篠田三郎 若倉慶

高校生番長 棒立てあそび

  • 1970年9月12日(土)公開
  • 脚本

「高校生番長」に続き高校生番長シリーズ二作目。脚本は一作目を担当した須崎勝弥、監督は新人岡崎明、撮影は横手丘二が担当。

監督
岡崎明
出演キャスト
小野川公三郎 篠田三郎 若倉慶 八並映子

高校生番長

  • 1970年5月1日(金)公開
  • 脚本

「ヤングパワー・シリーズ 大学番外地」のコンビ須崎勝弥と帯盛迪彦の脚本、監督による異色青春もの。撮影は「女組長」の中川芳久が担当。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
南美川洋子 小倉一郎 篠田三郎 三笠すみれ
1969年

ヤングパワー・シリーズ 大学番外地

  • 1969年11月29日(土)公開
  • 脚本

「あゝ陸軍隼戦闘隊」の須崎勝弥が脚本を書き、「ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地」の帯盛迪彦が監督したシリーズ第二作、撮影は、「続・与太郎戦記」の上原明が担当した。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
梓英子 文野朋子 峰岸隆之介 河原崎建三

あゝ陸軍隼戦闘隊

  • 1969年11月1日(土)公開
  • 脚本

須崎勝弥が脚本を執筆し、「あゝ海軍」の村山三男が監督した戦記もの。「いそぎんちゃく」の渡辺公夫が、撮影を担当した。

監督
村山三男
出演キャスト
佐藤允 藤村志保 平泉征 本郷功次郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 須崎勝弥