映画-Movie Walker > 人物を探す > 十勝花子

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2011年 まで合計14映画作品)

2011年

刹那

  • 2011年4月3日(日)公開
  • 出演

芸能レポーター梨本勝の著書『酒井法子 隠された素顔』を基に、薬物犯罪撲滅を意図して製作されたヒューマンドラマ。週刊誌の女性記者による酒井法子の覚せい剤使用事件の取材を通して、薬物摂取の絶望と孤独感を描く。出演は、「ヒトリマケ」の街田しおん。監督は、「ふぞろいな秘密」プロデューサーの笠原正夫。

監督
笠原正夫
出演キャスト
街田しおん 梨元勝 十勝花子 永倉大輔
2003年

すてごろ

  • 2003年6月14日(土)公開
  • 出演

「巨人の星」などの漫画原作者として知られる故・梶原一騎と、弟・真樹日佐夫のきずなを描く人間ドラマ。実在の人物が登場し、彼らの破天荒ないきざまが激動の昭和史とともに語られる。

監督
光石冨士朗
出演キャスト
哀川翔 奥田瑛二 真樹日佐夫 松方弘樹
2001年

金髪の草原

  • 2001年2月3日(土)公開
  • 出演(和田寿美 役)

 「綿の国星」などで知られる少女マンガ界の巨匠・大島弓子の同名原作を映画化。年齢差60というハードルを越え、心を通わせていく2人の純粋な想いが深い感動を呼ぶ。

監督
犬童一心
出演キャスト
伊勢谷友介 池脇千鶴 松尾政寿 唯野未歩子
2000年

まぐろのしっぽ

  • 2000年4月22日(土)公開
  • 出演(島田キク 役)

借金の返済の為にまぐろ漁船に乗り込むことになった青年と、彼を取り巻く人々の心の交流を描いた青春ドラマ。監督は新人の渡辺聡。脚本は小林正和が担当している。尚、本作は新しい才能を発掘する目的で始まったCX系深夜番組『つんくタウン』の番組中の企画「1千万円で映画を作ろう」の第二弾企画として誕生した作品で、日本大学芸術学部の学生たちが中心となって製作されている。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
渡辺聡
出演キャスト
斉藤陽一郎 藤谷文子 高島郷 石堂夏央

おさむ大作戦

  • 2000年4月22日(土)公開
  • 出演

映画「まぐろのしっぽ」の製作過程を、スタッフによる日記で追ったドキュメンタリー。本篇の前後に、企画、脚本作り、スタッフ&キャストの顔合わせ、本読み、シューティング、そして作品完成後の反省会の模様などを収めている。スーパー16ミリからのブローアップ。

監督
永澤こうや
出演キャスト
渡辺聡 小林正和 林瑞樹 永井明子
1998年

二宮金次郎物語 愛と情熱のかぎり

  • 1998年7月4日(土)公開
  • 出演(女中ぎん 役)

貧しい家で育った少年、二宮金次郎が努力を重ねて大きな人間に育っていく感動ドラマ。監督は「ペエスケ/ガタピシ物語」の後藤秀司が構想五年をかけてメガホンを握った。脚本は後藤と田代淳二が担当。撮影は「極道三国志」の鈴木耕一が手がけている。主演は「風の歌が聴きたい」の林泰文。

監督
後藤秀司
出演キャスト
林泰文 久我陽子 寺尾聰 真野響子
1981年

俺とあいつの物語

  • 1981年8月8日(土)公開
  • 出演(遠藤きよ 役)

貧しくても幸福な生活を求める郵便配達をする夫と、外へ出て働きたいという妻との愛と葛藤をユーモラスに描く。脚本は「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」の朝間義隆と「思えば遠くへ来たもんだ」の梶浦政男の共同執筆、監督も同作の朝問義隆、撮影は新人の花田三史がそれぞれ担当。

監督
朝間義隆
出演キャスト
武田鉄矢 伊藤蘭 乙羽信子 山本圭
1977年

仁義と抗争

  • 1977年8月27日(土)公開
  • 出演(金野富子 役)

「沖縄やくざ戦争」「北陸代理戦争」に続く、ローカルやくざシリーズ第三弾。大阪の巨大やくざ組織が東京進出の拠点とした北関東の温泉街を舞台に、地元のやくざと関東の尖兵隊が三つ巴の抗争を展開する。脚本は「ドーベルマン刑事」の高田宏治と「日本の仁義」の松田寛夫の共同、監督は「渡世人 命の捨て場」の松尾昭典、撮影は「ドーベルマン刑事」の中島徹がそれぞれ担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
松方弘樹 松本留美 あき竹城 桜木健一
1976年

エデンの海(1976)

  • 1976年4月24日(土)公開
  • 出演(下宿の内儀 役)

山口百恵文芸シリーズ4作目で、瀬戸内の女子高校を舞台に、青年教師と奔放で野性的な女子高校生の心のふれあいを描いた青春映画。原作は若杉慧の同名小説で、三度目の映画化。脚本は「あしたのジョー(1970)」の馬場当、監督は「絶唱(1975)」の西河克己、撮影も同作の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
西河克己
出演キャスト
山口百恵 南條豊 紀比呂子 伊藤雄之助
1975年

にっぽん美女物語 女の中の女

  • 1975年7月12日(土)公開
  • 出演(旅館の女将 役)

“にっぽん美女物語”第二作目。お茶目な娘が四国遍路の旅に出たことから捲き起こす珍事件を描いた喜劇。脚本は「喜劇 女の泣きどころ」の下飯坂菊馬、監督は脚本も執筆している「ザ・ドリフターズの極楽はどこだ!!」の渡辺祐介、撮影は「はだしの青春」の小杉正雄がそれぞれ担当。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
研ナオコ 沢村貞子 鳥居恵子 関谷益美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 十勝花子