映画-Movie Walker > 人物を探す > 名島徹

年代別 映画作品( 1971年 ~ 2001年 まで合計36映画作品)

2001年

阿修羅の伝説 死闘篇

  • 2001年1月27日(土)公開
  • 製作

現代版「座頭市」ともいえる、的場浩二主演のサスペンス・アクション。青森県八戸市を舞台に、盲目の格闘家を取り巻く奇怪な事件の数々、そして生き別れた母親との悲しくも切ない出会いを描く。

監督
長濱英高
出演キャスト
的場浩司 大河内奈々子 井上穂奈美 石丸謙二郎
1998年

プロゴルファー織部金次郎5 愛しのロストボール

  • 1998年2月14日(土)公開
  • 製作

おなじみ織金こと、プロゴルファー織部金次郎と彼を取り巻く人々が起こす騒動を、海外を舞台に描いた人情喜劇のシリーズ第5作。監督・主演は、前作「プロゴルファー織部金次郎 シャンク シャンク シャンク」に引き続き武田鉄矢が担当。脚本は、武田と高井研一郎による原作を、前作と同様、武田と満友敬司が共同執筆。撮影を「恋は舞い降りた。」の矢田行男が担当している。

監督
武田鉄矢
出演キャスト
武田鉄矢 財前直見 レックス・アシヘレス 阿部寛
1997年

プロゴルファー織部金次郎4 シャンクシャンクシャンク

  • 1997年2月15日(土)公開
  • 製作

おなじみ“織金”ことプロゴルファー織部金次郎が活躍する人情コメディ・シリーズの第4弾。CMタレントに起用されたことから、ゴルフ人生最大のスランプに悩まされる織金の姿が、笑いと涙で描かれる。監督・主演は前作「プロゴルファー織部金次郎3 飛べバーディー」に引き続き武田鉄矢が担当。武田と高井研一郎による原作を、武田と満友敬司が脚色。撮影を前回と同じく矢田行男がつとめている。タイトルの「シャンク」とは、ボールがゴルフクラブのつけ根に当たり真横に飛び出すミス・ショットのことで、ゴルフ仲間の間では寄り道を意味している。

監督
武田鉄矢
出演キャスト
武田鉄矢 財前直見 高橋ひとみ 林隆三

もうDEBUなんて言わせない!

  • 1997年2月15日(土)公開
  • 製作

会社の新製品のキャンペーンのためにダイエットすることになったOLが巻き起こす、笑いと涙のロマンティック・コメディ。監督はこれがデビュー作となる長濱英高。脚本は「女賭博師花吹雪お涼」の安井国穂。撮影にやはり「女賭博師花吹雪お涼」の羽方義昌があたっている。主演は1264人の応募があった“ミスデブコンテスト”の中から選ばれた青山雛で、彼女は映画の進行に合わせて実際に減量してみせている。

監督
長濱英高
出演キャスト
青山雛 石黒賢 田中美奈子 松村邦洋
1996年

女賭博師花吹雪お涼

  • 1996年4月14日(日)公開
  • 企画

父の仇討ちを胸に秘めた女賭博師の生きざまを描いた任侠映画。監督は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の広瀬襄、脚本は「82分署」の安井国穂、撮影は「眠れる美女(1995)」の羽方義昌がそれぞれ担当した。主演は「日本一短い「母」への手紙」の鈴木砂羽。彼女を取り巻く男たちに、阿部寛、小西博之、織本順吉らがふんしている。

監督
広瀬襄
出演キャスト
鈴木砂羽 阿部寛 小西博之 織本順吉
1995年

プロゴルファー織部金次郎3 飛べバーディー

  • 1995年9月15日(金)公開
  • 製作

いつまでたっても優勝出来ないプロゴルファーと、彼を巡る人情深い人々との交流を描いたコメディのシリーズ第3弾。監督は前作に続いて原作・脚色・主演もつとめる武田鉄矢。撮影も前作と同じく矢田行男が担当している。

監督
武田鉄矢
出演キャスト
武田鉄矢 財前直見 岡田理江 今井雅之
1994年

プロゴルファー織部金次郎2 パーでいいんだ

  • 1994年5月14日(土)公開
  • 製作

腰を痛めてスランプに落ちるプロゴルファーが、シニア・ゴルファーを指導していくうち覇気を取り戻していく姿を、彼を見守る仲間たちの姿を交えて描く人情ドラマ。武田鉄矢原作による同名漫画(高井研一郎・作画、小学館・刊)の映画化第2作で、武田の初監督、及び脚本、主演作。撮影は矢田行男が担当。

監督
武田鉄矢
出演キャスト
武田鉄矢 財前直見 阿部寛 柴俊夫
1993年

プロゴルファー織部金次郎

  • 1993年1月15日(金)公開
  • 製作

プロ生活十七年間で一勝もしたことのないプロゴルファーが、下町の人々の応援を得てトーナメント優勝を目指す人情コメディ。主演の武田鉄矢が原作、高井研一郎画の同名漫画(『ビックコミックオリジナル』小学館)の映画化で、監督は武田鉄矢主演の「刑事物語」シリーズ全五作中三作でコンビを務めた杉村六郎。特別友情出演として中島常幸プロ、スペシャルゲストとして坂田信弘プロとゴルフ解説者の戸張捷が、友情出演として篠ひろ子が出演している。

監督
杉村六郎
出演キャスト
武田鉄矢 財前直見 阿部寛 布川敏和
1989年

ハラスのいた日々

  • 1989年11月18日(土)公開
  • 製作

子供のいない中年夫婦と小犬との触れ合いを描く。中野孝次原作の同名ノンフィクション小説の映画化で、脚本は「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」の山田洋次と朝間義隆が共同で執筆。監督は「釣りバカ日誌」の栗山富夫、撮影は安田浩助がそれぞれ担当。

監督
栗山富夫
出演キャスト
加藤剛 十朱幸代 益岡徹 日下由美
1988年

椿姫(1988)

  • 1988年6月4日(土)公開
  • プロデューサー

オペラが好きなタクシー運転手と芸者の情熱的な愛を描く。ベルディの歌劇「椿姫」をモチーフに「男はつらいよ 寅次郎物語」の山田洋次と朝間義隆が共同で脚本を執筆。監督は「二十四の瞳(1987)」の朝間義隆、撮影は同作の花田三史がそれぞれ担当。

監督
朝間義隆
出演キャスト
松坂慶子 加藤健一 秋山恵美子 すまけい
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 名島徹