映画-Movie Walker > 人物を探す > 大村崑

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1994年 まで合計50映画作品)

1963年

てなもんや三度笠

  • 1963年6月9日(日)
  • 出演(崑之助 役)

テレビの連続コメディ、香川登志緒原作を「いれずみ半太郎」の野上龍雄が脚色、「夜霧の上州路」の内出好吉が監督した時代喜劇。撮影は「唄祭り赤城山」の羽田辰治。

監督
内出好吉
出演キャスト
藤田まこと 白木みのる 大泉滉 平参平
1962年

義士始末記

  • 1962年9月9日(日)
  • 出演(駕篭屋 役)

野村南海男のオリジナル・シナリオから「大阪野郎」の大曾根辰夫が監督。三十二年の「大忠臣蔵」(大曾根辰夫監督)を「仮名手本忠臣蔵」と改題、これを前編とし、「義士始末記」を後編として公開したもの。撮影もコンビの石本秀雄。

監督
大曾根辰夫
出演キャスト
島田正吾 岡田茉莉子 岩下志麻 千之赫子

喜劇 団地親分

  • 1962年1月25日(木)
  • 出演(平吉 役)

「秀才はんと鈍才どん」の花登筐のオリジナル・シナリオを、「風来先生」の市村泰一が監督した喜劇篇。撮影は「ひとり寝」の倉持友一。

監督
市村泰一
出演キャスト
伴淳三郎 芦屋雁之助 芦屋小雁 大村崑
1961年

大当り三代記

  • 1961年12月24日(日)
  • 出演(右太郎 役)

「秀才はんと鈍才どん」の花登筐のオリジナル・シナリオを、コンビの的井邦雄が監督した喜劇篇。撮影も同じコンビの太田喜晴。

監督
的井邦雄
出演キャスト
渋谷天外 曽我廼家明蝶 浪花千栄子 ミス・ワカサ

サラリーマン手帖 坊っちゃん社員とぼんぼん社員

  • 1961年10月25日(水)
  • 出演(丁稚崑八 役)

鹿島孝二の小説を山下與志一と「親バカ子バカ」の森田竜男が脚色、「寛美の三等社員」の酒井欣也が監督したサラリーマン喜劇。撮影も「寛美の三等社員」の竹野治夫。

監督
酒井欣也
出演キャスト
北上弥太朗 花菱アチャコ 浪花千栄子 山田百合子

秀才はんと鈍才どん

  • 1961年6月30日(金)
  • 出演(岡村崑次 役)

「続々々番頭はんと丁稚どん チャンポン旅行」の花登筐が自らの原作を脚色し同じく「続々々番頭はんと丁稚どん チャンポン旅行」の的井邦雄が監督した明朗編。撮影も同じく太田喜晴。

監督
的井邦雄
出演キャスト
大村崑 芦屋小雁 芦屋雁之助 山下洵一郎

続々々番頭はんと丁稚どん チャンポン旅行

  • 1961年4月1日(土)
  • 出演(崑松 役)

「番頭はんと丁稚どん」の映画化第四作。原作者・花登筐が自ら脚色し、「続々番頭はんと丁稚どん」の的井邦男が監督した。撮影も同じく太田喜晴。

監督
的井邦雄
出演キャスト
大村崑 芦屋小雁 芦屋雁平 芦屋雁之助

続々番頭はんと丁稚どん

  • 1961年1月3日(火)
  • 出演(崑松 役)

「番頭はんと丁稚どん」の映画化第三作。原作者・花登筐が自ら脚色し、「続番頭はんと丁稚どん」のコンビ的井邦雄が監督し、太田喜晴が撮影した。

監督
的井邦雄
出演キャスト
大村崑 芦屋小雁 芦屋雁平 芦屋雁之助

新・二等兵物語 めでたく凱旋の巻

  • 1961年1月15日(日)
  • 出演(大村二等兵 役)

おなじみ二等兵物語シリーズの第十話で、「新・二等兵物語 敵中横断の巻」の安田重夫の脚本を、「親バカ子バカ」の酒井欣也が監督した。撮影は「敵は本能寺にあり」の石本秀雄。

監督
酒井欣也
出演キャスト
伴淳三郎 花菱アチャコ 大村崑 芦屋小雁
1960年

続番頭はんと丁稚どん

  • 1960年8月21日(日)
  • 出演(崑松 役)

おなじみ花登筺のテレビ・ドラマの映画化の続編で、原作者と山根優一が脚色し、前作の酒井欣也に代って「大利根無情」の的井邦雄が監督した。撮影は「大穴」の太田喜晴。

監督
的井邦雄
出演キャスト
大村崑 芦屋小雁 芦屋雁平 芦屋雁之助
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大村崑