映画-Movie Walker > 人物を探す > 吉岡秀隆

年代別 映画作品( 年 ~ 2020年 まで合計69映画作品)

2000年

ジュブナイル

  • 2000年7月15日(土)
  • 出演(20年後の坂本祐介 役)

 少年たちのひと夏のアドベンチャーを、圧巻のSFX映像でつづるSFファンタジー。淡い初恋やロボットとの友情などを巧みに織り込み、少年たちの成長を描く感動作だ。

監督
山崎貴
出演キャスト
香取慎吾 酒井美紀 遠藤雄弥 鈴木杏

雨あがる

  • 2000年1月22日(土)
  • 出演(榊原権之丞 役)

人を押しのけてまで出世することが出来ない心優しい武士と、そんな夫を理解し支える妻の心暖まる絆を描いた時代劇。監督は、98年に亡くなった黒澤明監督の助監督として活躍し、本作でデビューを飾った小泉堯史。脚本は、山本周五郎による短編を基にした「まあだだよ」の黒澤明の遺稿。 撮影には「まあだだよ」の上田正治があたり、また撮影協力として「まあだだよ」の斎藤孝雄が参加している。主演は、「まあだだよ」の寺尾聰と「生きたい」の宮崎美子。99年の第56回ヴェネチア国際映画祭緑の獅子賞を受賞。

監督
小泉堯史 野上照代
出演キャスト
寺尾聰 宮崎美子 三船史郎 吉岡秀隆
1999年

鉄道員 ぽっぽや

  • 1999年6月5日(土)
  • 出演(杉浦秀男 役)

北海道の雪深い町の駅舎を舞台に、鉄道員として生きたひとりの男の姿を綴ったドラマ。監督は「現代任侠伝」の降旗康男。浅田次郎による第二十七回直木賞受賞の同名小説を、「植村直巳物語」の岩間芳樹と降旗監督が共同脚色。撮影を「おもちゃ」の木村大作が担当している。主演は「四十七人の刺客」の高倉健。その他、「学校III」の小林稔侍と大竹しのぶ、「20世紀ノスタルジア」の広末涼子らが出演している。

監督
降旗康男
出演キャスト
高倉健 小林稔侍 大竹しのぶ 広末涼子
1998年

学校III

  • 1998年10月17日(土)
  • 出演(山本 役)

東京の下町にある職業訓練校に通い始めたひとりの中年女性を中心に、人生の再出発をかけてそこに集った人々の心の触れ合いを描いたヒューマン・ドラマ。監督は「虹をつかむ男南国奮斗篇」の山田洋次。脚本は、山田監督自身による原作と鶴島緋沙子の『トミーの夕陽』を基に、「釣りバカ日誌10」の朝間義隆と山田監督が共同執筆。撮影を「てなもんや商社」の長沼六男が担当している。主演は「GONIN2」の大竹しのぶと「あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE」の小林稔侍。日本テレビ放送網開局45年記念作品。キネマ旬報日本映画ベスト6位。

監督
山田洋次
出演キャスト
大竹しのぶ 小林稔侍 黒田勇樹 田中邦衛
1997年

虹をつかむ男 南国奮斗篇

  • 1997年12月27日(土)
  • 出演(平山亮 役)

奄美群島を舞台に、元映画館主の男と彼を慕う青年とが移動映写で島々を巡りながら織りなす人間模様を、ロード・ムービー風に描いた人情喜劇。「男はつらいよ」に変わって松竹の正月番組をつとめるシリーズの第2弾で、今回は名画の引用より、劇中で主人公が唄う映画から生まれた名曲の引用に重点が置かれている。また、主人公ふたりを除くキャストは一新され、主人公の姓も白銀から銀に変更されるなど、厳密には前作の設定を踏襲していない。監督と原作は前作と同じ山田洋次。脚本は山田と朝間義隆の「釣りバカ日誌9」のコンビが共同で執筆。撮影は「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」で新撮部分を手がけた長沼六男が担当した。主演は「釣りバカ日誌9」の西田敏行と「寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」の吉岡秀隆。ヒロインには「病は気から 病院へ行こう2」以来5年ぶりの映画出演となる小泉今日子と、「新 居酒屋ゆうれい」の松坂慶子がふんしている。

監督
山田洋次
出演キャスト
西田敏行 吉岡秀隆 小泉今日子 松坂慶子

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇

  • 1997年11月22日(土)
  • 出演(諏訪満男(成人) 役)

渥美清の死去により終了した「男はつらいよ」シリーズ全48作の中から、シリーズの大半を演出した山田洋次が特に好きな一編という第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」を、コンピュータ・グラフィックの導入、ドルビー・ステレオ・システムで録音し直すなど、最新技術を駆使してリニューアルさせた特別篇。冒頭部分には、寅次郎の甥の満男にふんする吉岡秀隆の登場シーンを新たに追加して、満男が寅さんの想い出を回想するという形に仕上げている。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 浅丘ルリ子 倍賞千恵子 吉岡秀隆
1996年

虹をつかむ男

  • 1996年12月28日(土)
  • 出演(平山亮 役)

渥美清の急逝に伴いシリーズ終了となった「男はつらいよ」に代わって松竹の正月番組をつとめた人情喜劇。映画を愛してやまぬ映画館主をめぐる人間模様を、数々の名画の断片を交えて描いた。監督は「学校II」の山田洋次。脚本は山田と朝間義隆の共同。撮影は「学校II」の長沼六男。「学校II」に続いて西田敏行と吉岡秀隆が主演したほか、「男はつらいよ」のレギュラー陣が顔を揃えている。またCG合成で寅さんにふんした渥美も一場面に登場し、本作も渥美に捧げられた。

監督
山田洋次
出演キャスト
西田敏行 吉岡秀隆 田中裕子 田中邦衛

学校II

  • 1996年10月19日(土)
  • 出演(緒方高志 役)

先生と生徒の心の交流を描いたヒューマンドラマ「学校」の第2弾。今回は北海道の養護学校に舞台を移し、その教室に集う様々な人間たちのふれあいのドラマをつづっていく。監督は「男はつらいよ 寅次郎紅の花」の山田洋次。脚本は山田と「男はつらいよ/寅次郎紅の花」の朝間義隆の共同。撮影をやはり「男はつらいよ 寅次郎紅の花」の長沼六男が担当している。主演は「釣りバカ日誌8」の西田敏行。共演に「男はつらいよ 寅次郎紅の花」の吉岡秀隆、「ユーリ」の永瀬正敏ほか。96年度キネマ旬報ベストテン第8位。

監督
山田洋次
出演キャスト
西田敏行 吉岡秀隆 永瀬正敏 いしだあゆみ
1995年

男はつらいよ 寅次郎紅の花

  • 1995年12月23日(土)
  • 出演(諏訪満男 役)

松竹のお正月の顔“寅さん”の活躍を描くシリーズ第48作は、奄美大島を舞台にした物語。監督は「男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様」の山田洋次。脚本は山田と朝間義隆の共同。撮影は「時の輝き」の長沼六男で、先頃永眠した高羽哲夫の名も撮影監督としてクレジットされている。マドンナは、本シリーズには「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」以来15年ぶりに登場の浅丘ルリ子で、今回で4回目となる当たり役・リリーを演じている。出演は倍賞千恵子、吉岡秀隆らおなじみのメンバーのほかに、「キャンプで逢いましょう」の後藤久美子が泉役で3年ぶり5度目の登場を果たした。翌年49作目の撮影を前に渥美清が死去したことにより、今作がシリーズ最終作となった。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 浅丘ルリ子 吉岡秀隆
1994年

ラストソング(1994)

  • 1994年2月5日(土)
  • 歌、出演(稲葉一矢 役)

スターを夢見て博多から東京へ旅立った2人のミュージシャンと1人の女性の4年間の青春の軌跡を描くドラマ。「優駿 ORACION」(88)に続く杉田成道監督の2作目の映画作品で、脚本は「課長 島耕作」の野沢尚、撮影は「極東黒社会」の加藤雄大が担当。主演の本木雅弘は第6回東京国際映画祭主演男優賞を受賞。映画の狙いに沿って、劇中全てオリジナル曲が使われている。

監督
杉田成道
出演キャスト
本木雅弘 吉岡秀隆 長岡尚彦 奥脇浩一郎

関連ニュース

『護られなかった者たちへ』が映画化!日本映画界屈指の演技派俳優たちが集結
佐藤健と阿部寛が10年ぶりの共演!中山七里原作『護られなかった者たちへ』映画化決定 3月28日 06:00

『さよならドビュッシー』(13)や『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』(11月公開)の原作者で、今年作家生活10周年を迎えるミステリー作家、中山七里の小説「護られなかった者たちへ」が、『8年越しの花嫁 奇跡の…

後編ではもうひとつの“最前線”である緊急対策室の舞台裏を紹介!
『Fukushima 50』はどのように作られた?現場を鼓舞した佐藤浩市と渡辺謙のリーダーシップ【後編】 3月6日 20:30

日本アカデミー賞優秀監督賞を2度受賞している巨匠・若松節朗監督が、福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られた門田隆将のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を日本映画最大級のスケ…

公開記念特設サイト「#フクシマフィフティと311」に寄せられたコメントを一挙に紹介
坂本龍一「フクシマのことを、僕らは忘れてはいけない」明日公開の『Fukushima 50』に著名人の賞賛相次ぐ 3月5日 23:00

日本の観測史上最大となる東日本大震災によって発生した巨大な津波によって危機的事態に直面した福島第一原子力発電所で、自ら犠牲になることもいとわずに戦い続けた作業員たちの姿を描いた『Fukushima 50』(フクシマフィフ…

『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)のメイキング写真が一挙に到着!中央制御室のシーンの舞台裏に迫る
『Fukushima 50』はどのように作られた?細部まで忠実に再現された、事故当時の“真実”【前編】 3月5日 20:30

2011年3月11日午後2時46分に発生した日本観測史上最大の東日本大震災と、それによって引き起こされた巨大な津波がもたらした福島第一原発事故。日本人の誰もが経験し全世界が震撼した、決して風化させてはいけない事故の真実を…

豪華キャスト集結の『峠 最後のサムライ』予告編&ポスタービジュアルが到着
EXILE AKIRAの参戦が決定!黒澤明の魂を受け継ぐ『峠 最後のサムライ』予告編が完成 3月5日 04:00

日本が世界に誇る巨匠・黒澤明監督の助監督として数々の作品に携わり、監督デビュー作『雨あがる』(00)で第24回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した小泉堯史監督の6年ぶりの最新作『峠 最後のサムライ』の公開日が9月25日…

『Fukushima 50』の特別映像が解禁!
日本映画史上初となる横田基地での撮影も!『Fukushima 50』メイキングを収めた特別映像が解禁 2月22日 18:00

日本観測史上最大の地震となった東日本大震災時の福島第一原発事故を描いた映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が3月6日(金)より公開される。このたび、本作の貴重なメイキング映像などが収められた特別映像が解…

現場で最後の砦となった“Fukushima 50”
『Fukushima 50』海外版予告映像が解禁!邦画初の米軍協力で実現した緊迫感ある映像に固唾を呑む 2月19日 18:00

2011年に発生した東日本大震災の福島第一原発事故関係者90人以上に取材し綴ったジャーナリスト門田隆将による渾身のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)を映画化した『Fukushim…

全員でフォトセッション
佐藤浩市と渡辺謙が『Fukushima 50』ワールドプレミアに登壇!世界的ヴァイオリン奏者、五嶋龍らの生演奏も 1月26日 19:00

東日本大震災時の福島第一原発事故と向き合った人々の物語『Fukushima 50』(フクシマフィフティ) (3月6日公開)のワールドプレミアが、1月26日に東京国際フォーラムで開催され、佐藤浩市、渡辺謙、吉岡秀隆、緒形直…

映画『Fukushima 50』佐藤浩市、渡辺謙、若松節朗監督がそれぞれの想いを胸に福島キャンペーンを実施
佐藤浩市、渡辺謙が福島県を訪問『Fukushima 50』初お披露目で「福島の地から作品を発信することを誇りに思う」 1月24日 06:00

ジャーナリストの門田隆将が福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに描いたノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を映画化した『Fukushima 50』(3月6日公開)の福島キャンペーンが…

『男はつらいよ』シリーズより歴代マドンナを紹介!(『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』)
浅丘ルリ子に吉永小百合、松坂慶子も!「男はつらいよ」歴代マドンナ<写真39点> 2019年12月31日 13:00

『男はつらいよ お帰り 寅さん』が現在公開されている。1969年のシリーズ第1作から50年目を迎える本作の顔といえば、テキ屋として全国を渡り歩く“フーテンの寅”こと、車寅次郎。毎回、故郷の東京・柴又へ帰って来ては騒動を巻…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 吉岡秀隆