映画-Movie Walker > 人物を探す > 賀川雪絵

年代別 映画作品( 1968年 ~ 1990年 まで合計51映画作品)

1990年

浪人街(1990)

  • 1990年8月18日(土)公開
  • 出演(おつや 役)

江戸末期の下町を舞台に、そこの裏界隈を生きるアナーキーな浪人たちの人間模様を描く時代劇。山中伊太郎原作の同名小説の映画化で、脚本は「226」の笠原和夫が執筆。監督は「TOMORROW 明日」の黒木和雄。総監修は「純子引退記念映画 関東緋桜一家」のマキノ雅広。撮影は高岩仁と特別協力として「舞姫(1989)」の宮川一夫がそれぞれ担当。

監督
黒木和雄
出演キャスト
原田芳雄 樋口可南子 石橋蓮司 杉田かおる
1981年

太陽戦隊サンバルカン

  • 1981年7月18日(土)公開
  • 出演(アマゾンキラー 役)

世界征服を企む機械帝国ブラックマグマと、国連平和機構、地球守備隊の3人の若者からなる太陽戦隊サンバルカンの戦いを描く。『てれびくん』『テレビマガジン』『テレビランド』『冒険王』などに連載された八手三郎の原作の映画化で脚本は上原三郎、監督は東條昭平、撮影は石橋英敏がそれぞれ担当。

監督
東條昭平
出演キャスト
五代高之 杉欣也 小林朝夫 岸田森
1975年

暴動・島根刑務所

  • 1975年6月7日(土)公開
  • 出演(江口あき 役)

“刑務所”シリーズ二作目。刑務所に服役する囚人たちを主人公に、社会から隔絶された人間たちの生きざまを描く。脚本は「脱獄広島殺人囚」の野上龍雄、監督も同作の中島貞夫、撮影は「恐喝のテクニック 肉地獄」の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
松方弘樹 田中邦衛 金子信雄 槙健太郎
1974年

仁義なき戦い 完結篇

  • 1974年6月29日(土)公開
  • 出演(江里 役)

「仁義なき戦い」シリーズ第5部・完結篇。警察の“頂上作戦”で一応終息したかにみえた広島やくざ抗争は、服役していた組長・幹部などの出所をきっかけに、組織の再編成にともなう流血の縄張り争いを再然させた。脚本は「ザ・カラテ」の高田宏治、監督は「仁義なき戦い 頂上作戦」の深作欣二、撮影は「殺人拳・2」の吉田貞次がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
菅原文太 伊吹吾郎 野口貴史 寺田誠

唐獅子警察

  • 1974年6月1日(土)公開
  • 出演(福田キヨ 役)

性悪の父親をもった腹ちがいの兄弟が、東京・大阪の二大暴力組織の抗争に巻き込まれ宿命の対決を強いられる。脚本は「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」の野上龍雄、監督は「ジーンズブルース 明日なき無頼派」の中島貞夫、撮影は「忘八武士道 さ無頼」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
小林旭 渡瀬恒彦 賀川雪絵 藤浩子

仁義なき戦い 頂上作戦

  • 1974年1月15日(火)公開
  • 出演(明美 役)

“仁義なき戦い”シリーズ第四作目。昭和38年春から39年へかけて、敵対する二つの広域暴力団の代理戦争とも言うべき広島抗争を、リアリズム・タッチで描く。原作は飯干晃一の「仁義なき戦い」、脚本は「仁義なき戦い 代理戦争」の笠原和夫、監督も同作の深作欣二、撮影も同作の吉田貞次がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
菅原文太 八名信夫 黒沢年男 野口貴史
1973年

夜の歌謡シリーズ 女のみち

  • 1973年4月14日(土)公開
  • 出演(下田明代 役)

ドライなプレイボーイにもて遊ばれ、騙されていると分っていても離れられず一途に思いを寄せる哀れで悲しい女の愛を描く。脚本は「経験」の成澤昌茂、監督は「銀蝶流れ者 牝猫・博奕」の山口和彦、撮影は清水政郎がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
梅宮辰夫 中島ゆたか 賀川雪絵 渡辺やよい
1972年

女囚さそり 第41雑居房

  • 1972年12月30日(土)公開
  • 出演(安木富子 役)

“さそり”シリーズ第二作。“さそり”と呼ばれる女囚ナミのたたかれても屈せず、じっと冷静に待ちながら、刑務所長を象徴とする権力への復讐を描く。原作は“ビッグ・コミック”連載中の篠原とおる原作・画の同名劇画の映画化。脚本は「人斬り与太 狂犬三兄弟」の神波史男と松田寛夫、監督は脚本も執筆している「女囚701号 さそり」の伊藤俊也、撮影は「ポルノの帝王」の清水政郎がそれぞれ担当。

監督
伊藤俊也
出演キャスト
梶芽衣子 白石加代子 荒砂ゆき 伊佐山ひろ子

銀蝶流れ者 牝猫・博奕

  • 1972年10月25日(水)公開
  • 出演(美代子 役)

“銀蝶”シリーズ二作目。札師だった父親の復讐のためヤクザな世界に身を投げうった主人公緋ざくらナミが仇を討つまでを、賭場の札さばきなどをおりまぜながら描く。脚本は「不良番長 一網打尽」の松本功、監督は脚本も執筆している「銀蝶渡り鳥」の山口和彦、撮影は「ポルノの帝王 失神ソープランド」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
梶芽衣子 千葉真一 須賀不二男 伴淳三郎

木枯し紋次郎 関わりござんせん

  • 1972年9月14日(木)公開
  • 出演(まん 役)

笹沢左保原作・小説の映画化二作目。今回は原作より離れ、紋次郎の人間形成の秘密を探る。拭い難い苛酷な過去を背負い、厳しい現実に耐えて生きていく紋次郎の孤独と哀感を描く。脚本は「博奕打ち外伝」の野上龍雄、監督は「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」の中島貞夫、撮影は「木枯し紋次郎」のわし尾元也がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
菅原文太 市原悦子 田中邦衛 大木実
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 賀川雪絵