映画-Movie Walker > 人物を探す > 久里千春

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1994年 まで合計59映画作品)

1994年

熱帯楽園倶楽部

  • 1994年9月17日(土)公開
  • 出演(ツアーの観光客 役)

タイ・バンコクを舞台に、会社勤めに嫌気がさした女性添乗員が、詐欺師に仲間入りして巻き起こす騒動を描くコメディ。監督は滝田洋二郎、原案・脚本は一色伸幸という93年の「僕らはみんな生きている」に続く東南アジアを舞台にしたコンビ作で、「おこげ」の清水美砂が主演。撮影も「僕らはみんな生きている」の浜田毅が担当。

監督
滝田洋二郎
出演キャスト
清水美砂 萩原聖人 白竜 高木尚三
1991年

釣りバカ日誌4

  • 1991年12月23日(月)公開
  • 出演(字佐美浪子 役)

釣りバカ・コンビ浜ちゃんとスーさんの奮闘を描いた、やまさき十三、北見けんいち原作の同名コミックの映画化第4作で、脚本は「男はつらいよ 寅次郎の告白」の山田洋次と堀本卓、関根俊夫の共同執筆。監督は前作と同じく栗山富夫。撮影は同作の安田浩助がそれぞれ担当。

監督
栗山富夫
出演キャスト
西田敏行 三國連太郎 石田えり 尾美としのり
1981年

ねらわれた学園(1981)

  • 1981年7月11日(土)公開
  • 出演(有川の母・峰子 役)

平穏な学園を支配しようとする超能力を持った女生徒に立ち向う同じ力を持った少女の活躍を描く。眉村卓の同名の小説の映画化で、脚本は「水戸黄門(1978)」の葉村彰子、監督は「金田一耕助の冒険」の大林宣彦、撮影は「オレンジロード急行」の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
薬師丸ひろ子 高柳良一 長谷川真砂美 手塚真
1976年

俺の選んだ女

  • 1976年12月11日(土)公開
  • 出演(アベ・トキ 役)

戦災孤児として育ち、自分の腕一本を頼りに、たくましくガムシャラに生きる主人公と、美しい京女との恋、顔も覚えていない母親探し、それを応援する周囲の人々との交流を描いた人情喜劇プラス商魂ドラマ。脚本は「喜劇 おめでたい奴」の花登筐、監督は児玉進、撮影は宇野晋作がそれぞれ担当。

監督
児玉進
出演キャスト
竜雷太 松原智恵子 浪花千栄子 加東大介
1975年

男はつらいよ 寅次郎相合い傘

  • 1975年8月2日(土)公開
  • 出演(君子 役)

“男はつらいよ”シリーズ15作目。旅から旅へ渡り歩く香具師の寅さんと故郷・柴又の人々との心のふれあいを描いた喜劇で、今回は11作目「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」に次いで浅丘ルリ子がシリーズ二度目のゲスト出演。脚本は「男はつらいよ 寅次郎子守唄」の朝間義隆、監督は脚本も執筆している同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 浅丘ルリ子 船越英二
1974年

女房を早死させる方法

  • 1974年6月1日(土)公開
  • 出演(上野ナナ 役)

「週刊朝日」に掲載された石垣純二の『女房を早死させる十ヵ条』と『亭主を早死にさせる十ヵ条』の映画化。日常生活における夫婦の機微、互いに見失いつつあるいたわり、人間の潜在意識の中の悪魔性を、コミカルに描く。脚本は「凄い奴ら」の白坂依志夫。監督は「奇妙な仲間 おいろけ道中」の児玉進。撮影は「喜劇 ソレが男の生きる道」の山田一夫がそれぞれ担当。

監督
児玉進
出演キャスト
夏木陽介 赤座美代子 大矢茂 平田昭彦
1973年

高校生無頼控 突きのムラマサ

  • 1973年4月7日(土)公開
  • 出演(金村の妻 役)

“高校生無頼控”シリーズ第二作。兄を探しながら、ガクラン無宿をつづけるムラマサの痛快な活躍を地方高校を舞台に描く。脚本は「子連れ狼 親の心子の心」の小池一雄、監督は「高校生無頼控」の江崎実生、撮影は「無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた」の市原康至がそれぞれ担当。

監督
江崎実生
出演キャスト
大門正明 ひし美ゆり子 加藤小夜子 赤松直人
1972年

ポルノの帝王 失神トルコ風呂

  • 1972年当年公開
  • 出演(林民枝 役)

“帝王”シリーズ第五作目。九州のボタ山から、病院を建てることを夢みて上京した男が、生まれついての頭脳と度胸でソープランドを経営し、大儲けをする。脚本は「夜のならず者」の小野竜之助、監督も同作の内藤誠、撮影は「狼やくざ 殺しは俺がやる」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
梅宮辰夫 山城新伍 花園ひろみ 久里千春

喜劇 女売り出します

  • 1972年2月5日(土)公開
  • 出演(村枝 役)

「新宿芸能社」を舞台に、藤原審爾原作の「女」シリーズ第三作。脚本は「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」の掛札昌裕と「生まれかわった為五郎」の吉川憲一。監督森崎東。撮影も同作の吉川憲一が、それぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
森繁久彌 市原悦子 夏純子 米倉斉加年
1971年

ポルノの帝王

  • 1971年12月3日(金)公開
  • 出演(後藤百合子 役)

「帝王」シリーズ第四作。脚本は「夜の手配師 すけ千人斬り」の小野篭之助、監督は「不良番長 手八丁口八丁」の内藤誠。撮影はこの作品でデビューする新人清水政一がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
梅宮辰夫 山城新伍 真山知子 植田峻
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 久里千春