映画-Movie Walker > 人物を探す > 大林宣彦

年代別 映画作品( 1975年 ~ 2020年 まで合計60映画作品)

2020年

海辺の映画館-キネマの玉手箱

  • 4月10日(金)
  • 監督、脚本、編集

閉館を迎えた映画館を舞台に銀幕の世界へタイムリープする若者を描いた大林宣彦監督作

監督
大林宣彦
出演キャスト
細山田隆人 吉田玲 常盤貴子 厚木拓郎

エキストロ

  • 3月13日(金)
  • 出演

茨城県つくばみらい市の巨大ロケ施設を舞台にエキストラの世界を描くフェイク・ドキュメンタリー。歯科技工士の荻野谷は、エキストラとして映像作品に出演することに情熱を燃やしている。ある日、彼が所属する事務所のエキストラが、刑事事件の容疑者となる。出演は、映画初出演の萩野谷幸三、「スタートアップ・ガールズ」の山本耕史、「最初の晩餐」の斉藤由貴、「決算!忠臣蔵」の寺脇康文。監督は、ドラマ『透明なゆりかご』の村橋直樹。脚本は、「Diner ダイナー」の後藤ひろひと。高雄映画祭、タリン・ブラックナイツ映画祭、ハイナン国際映画祭、沖縄国際映画祭、京都国際映画祭正式出品作品。

監督
村橋直樹
出演キャスト
萩野谷幸三 山本耕史 斉藤由貴 寺脇康文
2017年

花筐/HANAGATAMI

  • 2017年12月16日(土)
  • 監督、脚本、編集

檀一雄による同名短編小説を大林宣彦監督が映画化。「この空の花 長岡花火物語」「野のなななのか」に続く“戦争三部作”の最終章。1941年の佐賀県唐津市を舞台に、戦禍の中に生きる若者たちの心が火傷するような凄まじい青春群像劇を、圧倒的な映像力で綴る。出演は「野のなななのか」の窪塚俊介、「三度目の殺人」の満島真之介、「マイ・バック・ページ」の長塚圭史、「彼女の人生は間違いじゃない」の柄本時生、「クレヴァニ、愛のトンネル」の矢作穂香、「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の山崎紘菜、「世界は今日から君のもの」の門脇麦、「だれかの木琴」の常盤貴子。脚本は大林宣彦と「HOUSE ハウス」「ふたり」の桂千穂。音楽の山下康介、撮影・編集の三本木久城、美術の竹内公一、録音の内田誠ら「野のなななのか」スタッフが引き続き参加。2017年12月7日より唐津先行上映。2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン日本映画2位、日本映画監督賞(大林宣彦)。

監督
大林宣彦
出演キャスト
窪塚俊介 満島真之介 長塚圭史 柄本時生
2014年

OYAKO present to the future

  • 2014年5月31日(土)
  • 出演

写真家ブルース・オズボーンがライフワークとしている“親子”をテーマにしたシリーズをモチーフに、インタビュー、ドキュメンタリー、ドラマの3パートで構成した作品。親子という誰にとっても身近でありながら奥深い関係を美しい映像とともに綴り、子供が感じた空気感、親になってわかる愛情など、様々な親子の情感を詰め込んだ。

監督
イノマタトシ
出演キャスト
ブルース・オズボーン 大林宣彦 コシノ・ジュンコ 鳥越俊太郎

野のなななのか

  • 2014年5月17日(土)
  • 監督、脚本、脚色、編集

北海道芦別市を舞台に、葬儀のために集まった家族の姿と、その家族に関わる終戦の秘話を通じて、3.11以降の日本のあり方を見つめるドラマ。「この空の花 長岡花火物語」の姉妹編的位置づけとなる大林宣彦監督作品。全編、芦別市でロケ撮影を行なった。出演は「沈まぬ太陽」の品川徹、「アフタースクール」の常盤貴子。

監督
大林宣彦
出演キャスト
品川徹 村田雄浩 松重豊 窪塚俊介
2012年

この空の花 長岡花火物語

  • 2012年4月7日(土)
  • 監督、脚本、撮影台本、編集

新潟県長岡市で毎年、8月1日から3日にかけて行われる長岡花火。第2次大戦時の空襲で亡くなった人々への追悼の思いから打ち上げられる花火大会を舞台に、2004年の中越地震、2011年の東日本大震災の追悼の思いも込められたドラマ。長岡を訪れた主人公が出会う人々との交流を通し、同地で起きた出来事がつづられる語り口が斬新だ。

監督
大林宣彦
出演キャスト
松雪泰子 高嶋政伸 原田夏希 猪股南
2011年

カリーナの林檎 チェルノブイリの森

  • 2011年11月19日(土)
  • ナレーション

チェルノブイリ原発事故のあったウクライナの隣国、ベラルーシに暮らす少女の眼を通して、原発事故の後も長く続く悲劇を描くドラマ。「アイコ十六歳」の今関あきよし監督が、ドキュメンタリーの撮影で現地を訪れた時の経験をきっかけに製作した。主演のナスチャ・セギョリナは、今関監督がロシアで実施したオーディションで抜擢。

監督
今関あきよし
出演キャスト
ナスチャ・セリョギナ タチアナ・マルヘリ リュディミラ・シドルケヴィッチ イゴリ・シゴフ
2008年

その日のまえに

  • 2008年11月1日(土)
  • 監督、撮影台本、編集

大林宣彦が重松清の同名小説を映画化した感動ドラマ。余命宣告をされる妻役を永作博美、その夫役を南原清隆が演じる。妻が迎える“その日”まで、懸命に生きる家族の姿を描く。

監督
大林宣彦
出演キャスト
南原清隆 永作博美 筧利夫 今井雅之
2007年

転校生 さよならあなた

  • 2007年6月23日(土)
  • 監督、脚本、潤色、撮影台本、編集

“尾道三部作”の始まりとなった青春映画の名作「転校生」を、大林宣彦監督が自ら25年ぶりにリメイク。舞台を信州に移し、心が入れ替わった男女の悲喜劇を現代風につづる。

監督
大林宣彦
出演キャスト
蓮佛美沙子 森田直幸 清水美沙 厚木拓郎

22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語

  • 2007年8月18日(土)
  • 監督、脚本、編集

大林宣彦監督が、「なごり雪」に続いて大分県臼杵市を舞台に描くラブストーリー。同県出身の伊勢正三の名曲「22才の別れ」をモチーフに、中年男性のせつない恋心をつづる。

監督
大林宣彦
出演キャスト
筧利夫 鈴木聖奈 中村美玲 窪塚俊介

関連ニュース

大林宣彦監督最新作『海辺の映画館—キネマの玉手箱』の公開日が決定!
“大林宣彦ワールド”で豪華キャストがひしめき合う!『海辺の映画館』予告映像が完成 2月13日 07:00

日本映画界のレジェンドである大林宣彦監督が、『転校生』(82)や『時をかける少女』(83)などの“尾道三部作”をはじめ名作を生みだした故郷・広島県尾道市を20年ぶりに舞台に選んだ最新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』の公…

『海辺の映画館ーキネマの玉手箱』のワールド・プレミア上映に大林宣彦監督が登場!
大林宣彦監督が東京国際映画祭の特別功労賞を受賞!「あと2000年、3000年は作ると約束します」 2019年11月2日 17:00

11月5日(火)まで開催されている第32回東京国際映画祭で1日、「JapanNow」部門に選出されている『海辺の映画館-キネマの玉手箱』(2020年4月公開)のワールド・プレミア上映が行われ、上映前に贈呈式と舞台挨拶、Q…

ガンと“仲良く共存”している大林宣彦監督が、映画に込めた熱い想いを語る
大林宣彦が映画に託した“自由”と“未来”、戦争を知らない子どもたちへの5000字 2019年11月2日 09:00

撮影直前に余命宣告を受けながらも渾身の一作『花筐/HANAGATAMI』(17)を完成させた日本映画界のレジェンド・大林宣彦監督が、2年ぶりの最新作として代表作『転校生』(82)や『さびしんぼう』(85)の舞台にもなった…

東京国際映画祭で「大林宣彦&恭子の成城物語[完全版]」が上映!
「全身全霊で映画作家」犬童一心と高橋栄樹が大林宣彦監督のバイタリティに敬服 2019年11月1日 17:23

11月5日(火)まで開催されている第32回東京国際映画祭で1日、特別上映作品「WOWOWオリジナルドキュメンタリー ノンフィクションW『大林宣彦&恭子の成城物語[完全版]〜夫婦で歩んだ60年の映画作り〜』」の上映とQ&A…

第32回東京国際映画祭「Japan Now」部門で大林宣彦監督特集が開催!
最新作の世界初上映も!東京国際映画祭で大林宣彦監督の特集上映が決定 2019年7月18日 06:00

10月28日(月)から11月5日(火)にかけて東京・六本木をメイン会場に開催されるアジア最大級の映画の祭典「第32回東京国際映画祭」。このたび本映画祭のJapan Now部門の特集企画として、日本映画界のレジェンド大林宣…

「今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?」でヒロイン役!矢作穂香にインタビュー
「尊敬しながら演じた」矢作穂香が明かす、ピュアすぎるヒロインとの共通点は? 2018年9月29日 14:30

文筆家兼フォトグラファーである蒼井ブルーの、Twitterでのつぶやきから生まれた小説を、フレッシュな若手キャストでドラマ化したラブストーリー「今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?」が本日29日から「ひかりTV」「dTV…

『花筐/HANAGATAMI』で日本映画大賞を受賞した大林宣彦監督
大林宣彦監督の不屈の精神が結実!毎日映画コンクール表彰式に『花筐/HANAGATAMI』チームが集結 2018年2月15日 20:12

今年で72回を迎える毎日映画コンクールの表彰式が15日、“映像の町”として様々な取り組みを展開する川崎市にあるミューザ川崎シンフォニーホールで開催。昨年の日本映画を彩った俳優と監督、そしてこのコンクールの特色でもある技術…

蒼井優と菅田将暉が第91回キネマ旬報ベスト・テン表彰式に登場!
蒼井優&菅田将暉、謙虚なスピーチを披露!“キネ旬ベスト・テン”表彰式に2017年の映画の顔が勢揃い 2018年2月13日 12:32

2017年に公開された映画の中から選出された第91回キネマ旬報ベスト・テンの第1位映画鑑賞会と表彰式が2月12日、東京・文京シビックホールで開催。昨年の映画界を彩った俳優や監督たちが一堂に会した。日本映画作品賞を受賞した…

映画ファン注目の“キネ旬”ベスト・テンが発表!
【速報】第91回キネマ旬報ベスト・テンが決定!菅田将暉、蒼井優らが栄冠に輝く 2018年1月11日 14:33

映画雑誌「キネマ旬報」を発行する株式会社キネマ旬報社が11日、毎年恒例となっている「キネマ旬報ベスト・テン」を発表した。該当年に公開された作品から、日本映画、外国映画、文化映画のベスト・テンを決める本賞は今年で91回目と…

大林宣彦監督、“自由”を熱弁!
大林宣彦監督「自由の尊さ」を熱弁。常盤貴子は「なんてやんちゃな監督!」と驚き 2017年10月28日 19:49

第30回東京国際映画祭Japan Now部門『花筐/HANAGATAMI』(12月16日公開)の舞台挨拶が10月28日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、肺がんを公表している大林宣彦監督が、杖をついて登壇。「今こそ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
スキャンダル
スキャンダル

2016年に実際に起きたスキャンダルの裏側を描いたシャーリーズ・セロン主演の物語

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

チャーリーズ・エンジェル
チャーリーズ・エンジェル

2000年、2003年に公開されたアクションシリーズの出演者を一新したリブート版

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大林宣彦