映画-Movie Walker > 人物を探す > 大林宣彦

年代別 映画作品( 1975年 ~ 2019年 まで合計56映画作品)

2019年

エキストロ

  • 2019年当年公開
  • 出演

監督
村橋直樹
出演キャスト
萩野谷幸三 山本耕史 斉藤由貴 寺脇康文
2017年

花筐/HANAGATAMI

  • 2017年12月16日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

檀一雄による同名短編小説を大林宣彦監督が映画化。「この空の花 長岡花火物語」「野のなななのか」に続く“戦争三部作”の最終章。1941年の佐賀県唐津市を舞台に、戦禍の中に生きる若者たちの心が火傷するような凄まじい青春群像劇を、圧倒的な映像力で綴る。出演は「野のなななのか」の窪塚俊介、「三度目の殺人」の満島真之介、「マイ・バック・ページ」の長塚圭史、「彼女の人生は間違いじゃない」の柄本時生、「クレヴァニ、愛のトンネル」の矢作穂香、「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の山崎紘菜、「世界は今日から君のもの」の門脇麦、「だれかの木琴」の常盤貴子。脚本は大林宣彦と「HOUSE ハウス」「ふたり」の桂千穂。音楽の山下康介、撮影・編集の三本木久城、美術の竹内公一、録音の内田誠ら「野のなななのか」スタッフが引き続き参加。2017年12月7日より唐津先行上映。2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン日本映画2位、日本映画監督賞(大林宣彦)。

監督
大林宣彦
出演キャスト
窪塚俊介 満島真之介 長塚圭史 柄本時生
2014年

OYAKO present to the future

  • 2014年5月31日(土)公開
  • 出演

写真家ブルース・オズボーンがライフワークとしている“親子”をテーマにしたシリーズをモチーフに、インタビュー、ドキュメンタリー、ドラマの3パートで構成した作品。親子という誰にとっても身近でありながら奥深い関係を美しい映像とともに綴り、子供が感じた空気感、親になってわかる愛情など、様々な親子の情感を詰め込んだ。

監督
イノマタトシ
出演キャスト
ブルース・オズボーン 大林宣彦 コシノジュンコ 鳥越俊太郎
2008年

その日のまえに

  • 2008年11月1日(土)公開
  • 監督、撮影台本、編集

大林宣彦が重松清の同名小説を映画化した感動ドラマ。余命宣告をされる妻役を永作博美、その夫役を南原清隆が演じる。妻が迎える“その日”まで、懸命に生きる家族の姿を描く。

監督
大林宣彦
出演キャスト
南原清隆 永作博美 筧利夫 今井雅之
2007年

22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語

  • 2007年8月18日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

大林宣彦監督が、「なごり雪」に続いて大分県臼杵市を舞台に描くラブストーリー。同県出身の伊勢正三の名曲「22才の別れ」をモチーフに、中年男性のせつない恋心をつづる。

監督
大林宣彦
出演キャスト
筧利夫 鈴木聖奈 中村美玲 窪塚俊介

転校生 さよならあなた

  • 2007年6月23日(土)公開
  • 監督、脚本、撮影台本、編集、潤色

“尾道三部作”の始まりとなった青春映画の名作「転校生」を、大林宣彦監督が自ら25年ぶりにリメイク。舞台を信州に移し、心が入れ替わった男女の悲喜劇を現代風につづる。

監督
大林宣彦
出演キャスト
蓮佛美沙子 森田直幸 清水美砂 厚木拓郎
2004年

理由

  • 2004年12月18日(土)公開
  • 監督、脚色、編曲

宮部みゆきの直木賞受賞作を、名匠・大林宣彦が映像化。超高層マンションで起きた殺人事件の真実を、107名にも及ぶ登場人物の証言を交えて解き明かす。

監督
大林宣彦
出演キャスト
柄本明 渡辺えり子 真鍋卓也 菅井きん

すばらしい蒸気機関車

  • 2004年6月12日(土)公開
  • 音楽

実験映画の先駆者として海外でも高い評価を得ていた高林陽一の“蒸気機関車”への熱い思いが伝わってくるドキュメンタリー。鉄道映画の神髄として名高い同作をニュープリントで再映。

出演キャスト
谷口法子
2002年

なごり雪 あるいは、五十歳の悲歌

  • 2002年9月28日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

尾道シリーズで知られる大林宣彦監督が、名曲「なごり雪」をモチーフに新たなドラマを創造。50歳の男の帰郷を通し、ノスタルジックな青春の追憶を描く人間ドラマだ。

監督
大林宣彦
出演キャスト
三浦友和 須藤温子 ベンガル 細山田隆人
2001年

告別

  • 2001年7月14日(土)公開
  • 監督、脚色、編集

人生に疲れた中年サラリーマンの心の再生を描いたファンタジー。監督は「淀川長治物語 神戸篇 サイナラ」の大林宣彦。赤川次郎による原作を基に、「あの、夏の日―とんでろ じいちゃん―」の石森史朗と大林監督が共同で脚色。撮影を「淀川長治物語 神戸篇 サイナラ」の稲垣涌三が担当している。主演は「RUSH! ラッシュ」の峰岸徹。尚、本作はデジタルBS局・BS―iのデジタル・ハイビジョン・ドラマとして制作され、『ハイブリッド・ムービー2001』の中で2001年2月24日放映された。平成13年度日本民間放送連盟賞ドラマ部門最優秀賞、ハイビジョン国際映像祭2001ドラマ部門アストロラビウム賞(最優秀賞)受賞、2000年度日本映画撮影監督協会撮影賞作品。Full HD作品。DLP上映。

監督
大林宣彦
出演キャスト
峰岸徹 勝野雅奈恵 宮崎将 清水美砂

関連ニュース

常盤貴子、大林組は「幸せな現場の裏には緊張感」と充実感を語る
常盤貴子、大林組は「幸せな現場の裏には緊張感」と充実感を語る(2014年5月14日)

明るくて凛とした女優。それが常盤貴子の印象だ。近年、舞台でも活躍の場を広げ、映画ではアミール・ナデリ監督作『CUT』(11)、ビセンテ・アモリン監督作『汚れた心…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大林宣彦