映画-Movie Walker > 人物を探す > 磯村みどり

年代別 映画作品( 1956年 ~ 2019年 まで合計24映画作品)

2019年

一粒の麦 荻野吟子の生涯

  • 2019年10月26日(土)公開
  • 出演

明治時代、国の医業開業試験に合格した日本初の公許女性医師、荻野吟子の生涯をたどる伝記ドラマ。女性に医者の認可制度がなかった当時、自身の闘病経験から女医の必要性を感じた吟子は、女性による女性のための医療の実現を目指し、道なき道を奔走するが……。荻野吟子をTV『科捜研の女』シリーズの若村麻由美が演じるほか、「しゃぼん玉」の綿引勝彦、「映画刀剣乱舞」の山本耕史、「二流小説家 シリアリスト」の賀来千香子が出演。監督は「母 小林多喜二の母の物語」の山田火砂子。

監督
山田火砂子
出演キャスト
若村麻由美 綿引勝彦 山本耕史 賀来千香子
2017年

母 小林多喜二の母の物語

  • 2017年2月25日(土)公開
  • 出演(金田夫人 役)

プロレタリア作家・小林多喜二の母・小林タキの半生を綴った三浦綾子の小説『母』の映画化。秋田県の貧しい小作農の娘・タキは、15歳で小林家に嫁いで三男三女を出産。次男の多喜二は小説家になったものの、危険思想の持ち主として国家権力に殺害され……。出演は「キャタピラー」の寺島しのぶ、「アウターマン」の塩谷瞬。監督は「山本慈昭 望郷の鐘 満豪開拓団の落日」の山田火砂子。

監督
山田火砂子
出演キャスト
寺島しのぶ 塩谷瞬 趣里 山口馬木也
2014年

眠り姫 Dream On Dreamer

  • 2014年5月31日(土)公開
  • 出演(佐藤ミヨ 役)

現実と虚構の隙間に潜む闇に入り込んだ女子高生の孤独な戦いを描くファンタジーホラー。監督・脚本は「冬の怪談 ぼくとワタシとおばあちゃんの物語」の上野コオイチ。出演は、アイドルグループAKB48の藤江れいな、竹内美宥、『仮面ライダーウィザード』の中山絵梨奈、「築城せよ!」の阿藤快、「オカンの嫁入り」の斎藤洋介、「BOX 袴田事件 命とは」の村野武範。

監督
上野コオイチ
出演キャスト
藤江れいな 竹内美宥 中山絵梨奈 朝倉ふゆな
2005年

石井のおとうさんありがとう

  • 2005年3月19日(土)公開
  • 出演

明治時代、岡山県に日本で最初となる孤児院を作った石井十次の波瀾に満ちた生涯を描く人間ドラマ。自らの人生を懸けて貧困にあえぐ子供たちを救うために尽力し、“孤児の父”と呼ばれた男の軌跡をつづる。

監督
山田火砂子
出演キャスト
松平健 永作博美 辰巳琢郎 竹下景子
1996年

Pipi とべないホタル

  • 1996年3月23日(土)公開
  • 出演(声)(女王アリ(声) 役)

飛ぶことのできないホタルと仲間たちの友情と冒険を描いた長篇アニメーション。監督は「花の季節」の中田新一。小学校教諭時代にクラスの壁新聞のために執筆したという小沢昭巳の原作を、テレビ・ドラマ『国語入試問題必勝法』の加藤宏美が脚色している。文部省選定。

監督
中田新一
出演キャスト
藤田淑子 松本保典 山口勝平 岩田光央
1982年

ユッコの贈りもの コスモスのように

  • 1982年10月23日(土)公開
  • 出演(婦長 役)

白血病と戦いながら十三歳でこの世を去っていく少女と、彼女を見まもる家族や学友の姿を描く。鹿村由起子の同名の原作の映画化で、脚本・監督は「裸の大将放浪記」の山田典吾、撮影は「ひめゆりの塔(1982)」の原一民がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
大島明美 田村亮 宮本信子 小磯勝弥
1981年

巣立ちのとき 教育は死なず

  • 1981年11月14日(土)公開
  • 出演(里入 役)

絶対に退学者をださないという教育方針をつらぬく高校を舞台に、全国から集まった落ちこほれ生徒と教師のふれあいを描く。若林繁太の同名の原作の映画化で、脚本・監督はこの作品がデビュー作となる板谷紀之、撮影は「三本足のアロー」「くるみ割り人形」の杉田安久利がそれぞれ担当。

監督
板谷紀之
出演キャスト
長門裕之 江利チエミ 陶隆司 新田昌玄

裸の大将放浪記

  • 1981年7月21日(火)公開
  • 出演(湯川静香 役)

放浪の天才画家、山下清の生涯を描く。山下清の原作「裸の大将放浪記」の映画化で脚本・監督は「ヒロシマのたたかい はだしのゲン PART3」の山田典吾、撮影は「遠い明日」の原一民がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
芦屋雁之助 南沢一郎 中村玉緒 芦屋小雁
1978年

原子力戦争 Lost Love

  • 1978年2月25日(土)公開
  • 出演(夢子 役)

原子力発電にスポットを当て、青年ヤクザが目撃した、ある港町の原子力発電所をめぐる賛成派と反対派の利権争いを描く。田原総一郎原作の同題名小説の映画化。脚本は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の鴨井達比古、監督は「祭りの準備」の黒木和雄、撮影は「ある機関助士」の根岸栄がそれぞれ担当。

監督
黒木和雄
出演キャスト
原田芳雄 山口小夜子 風吹ジュン 石山雄大
1971年

喜劇 おめでたい奴

  • 1971年2月6日(土)公開
  • 出演(クラブホステス 役)

花登筐の喜劇三千本を記念して、花登自身が製作、脚本、監督に当った。撮影は「クレージーの殴り込み清水港」の田島文雄がそれぞれ担当。

監督
花登筐
出演キャスト
大村崑 小林勝彦 関敬六 立原博
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 磯村みどり