映画-Movie Walker > 人物を探す > 飛田喜美雄

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1982年 まで合計84映画作品)

1982年

ユッコの贈りもの コスモスのように

  • 1982年10月23日(土)公開
  • 録音

白血病と戦いながら十三歳でこの世を去っていく少女と、彼女を見まもる家族や学友の姿を描く。鹿村由起子の同名の原作の映画化で、脚本・監督は「裸の大将放浪記」の山田典吾、撮影は「ひめゆりの塔(1982)」の原一民がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
大島明美 田村亮 宮本信子 小磯勝弥
1981年

遠雷(1981)

  • 1981年10月24日(土)公開
  • 録音

宇都宮を舞台に、都市化の波に流される人々の中で、土地にしがみつき、トマト栽培に賭ける青年の姿を描く。野間新人文芸賞を受賞した立松和平の同名の小説の映画化で、脚本は「ひと夏の体験 青い珊瑚礁」の荒井晴彦、監督は「狂った果実(1981)」の根岸吉太郎、撮影は「スローなブギにしてくれ」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
根岸吉太郎
出演キャスト
永島敏行 ジョニー大倉 石田えり 横山リエ

裸の大将放浪記

  • 1981年7月21日(火)公開
  • 録音

放浪の天才画家、山下清の生涯を描く。山下清の原作「裸の大将放浪記」の映画化で脚本・監督は「ヒロシマのたたかい はだしのゲン PART3」の山田典吾、撮影は「遠い明日」の原一民がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
芦屋雁之助 南沢一郎 中村玉緒 芦屋小雁
1980年

宇宙怪獣ガメラ

  • 1980年3月20日(木)公開
  • 録音

全宇宙支配をもくろむ邪悪星人が送りこむ怪獣を撃退して地球を守るガメラと三人のスーパーウーマンの活躍を描く。脚本は全七作の「ガメラ」シリーズを執筆した高橋二三、監督も同シリーズの湯浅憲明、撮影も同シリーズの喜多崎晃が担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
マッハ文朱 小島八重子 小松蓉子 工藤啓子
1979年

黄金の犬

  • 1979年6月2日(土)公開
  • 録音

武器輸出にからむ汚職事件を背景に、その秘密を握る主人を失った猟犬の活躍を描く西村寿行の同名の小説の映画化で脚本は「白い肌の狩人 蝶の骨」の白坂依志夫と「走れトマト にっぽん横断三〇〇キロ」の加藤盛の共同執筆、監督は、「ダブル・クラッチ」の山根成之、撮影は椎塚彰がそれぞれ担当。

監督
山根成之
出演キャスト
鶴田浩二 島田陽子 夏木勲 地井武男

茗荷村見聞記

  • 1979年4月28日(土)公開
  • 録音

公害もなく、人間関係の不調和も偏見もない村、ごく普通の老若男女と心身障害者たちが、一緒になってそれぞれに適した仕事について、その日、その日を明るく生きる、ユートビア“茗荷村”の生活を描く。四十年余の長い歳月を精神薄弱児教育ひとすじに歩んできた田村一二の同名の原作の映画化で、脚本、監督は「春男の翔んだ空」の山田典吾、撮影は「星空のマリオネット」の奥村祐治がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
長門裕之 山本圭 岡田裕介 渡辺篤史
1977年

春男の翔んだ空

  • 1977年12月19日(月)公開
  • 録音

献身的に障害児と共に生き、飛行機事故で、志しなかばで倒れた身障児学級教師・野杉春男とその教え子たちの生活を描く。脚本・演出は「はだしのゲン 涙の爆発」の山田典吾、撮影も同作の小林節雄がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
永六輔 佐藤オリエ 愛川欽也 原知佐子
1971年

鯉のいる村

  • 1971年12月4日(土)公開
  • 録音

第二十一回芸術選奨文部大臣賞・第八回野間文芸賞、その他多くの賞を受賞した岩崎京子原作の「鯉のいる村」の映画化。脚本は松田昭三。監督は新藤兼人の助監督をつとめ、これが昇進第一作となる神山征二郎。撮影は南文憲がそれぞれ担当。

監督
神山征二郎
出演キャスト
金子克之 富永美子 寺田路恵 河原崎次郎

樹氷悲歌

  • 1971年5月5日(水)公開
  • 録音

「高校生心中 純愛」に続く、関根恵子主演の純愛映画。脚本は「すっぽん女番長」の高橋二三。監督は「ボクは五才」の湯浅憲明。撮影は「おさな妻(1970)」の上原明がそれぞれ担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
関根恵子 篠田三郎 小野川公三郎 伴淳三郎

タリラリラン高校生

  • 1971年2月17日(水)公開
  • 録音

日常満たされない生活をするのは、世の中に何かが足りないからであり、自分たちにも何か欠けるものがあるからだという発想から生まれたタリラリランとは、高校生の一部で流行しはじめた新語。ゲバ棒をふり廻すまでにいたらないグループの、いわば社会に対するささやかな反抗精神と、自分自身に対する卑下した気持も含めたシニカルな意味あいをもっている。脚本は安本莞二と田口耕三の共同執筆、監督は「高校生番長 ズベ公正統派」の田中重雄、撮影も同作の中川芳久がそれぞれ担当。

監督
田中重雄
出演キャスト
小野川公三郎 峰岸隆之介 八並映子 若倉慶
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 飛田喜美雄