映画-Movie Walker > 人物を探す > 丸山裕司

年代別 映画作品( 1975年 ~ 2019年 まで合計37映画作品)

2019年

こどもしょくどう

  • 2019年3月23日(土)公開
  • 美術

「爆心 長崎の空」の日向寺太郎監督が、子ども食堂を題材に、現代社会の貧困問題を子どもの目線から捉えた人間ドラマ。食堂を営む家族と暮らすユウトと母親に放置されているのを心配されユウトの家によく招かれるタカシは、父親と車上生活する姉妹と出会う。満足な食事をとることのできない子どもたちの拠り所であり、地域の新たなコミュニティの場として全国各地に広がりつつある子ども食堂の背景にある社会状況を描く。「百円の恋」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳が脚本に参加。出演は「ひまわりと子犬の7日間」の藤本哉汰、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の鈴木梨央ほか。

監督
日向寺太郎
出演キャスト
藤本哉汰 鈴木梨央 浅川蓮 古川凛
2016年

浅草・筑波の喜久次郎〜浅草六区を創った筑波人〜

  • 2016年12月3日(土)公開
  • 美術

明治から昭和にかけて浅草六区を近代日本最大の娯楽街に発展させた筑波出身の山田喜久次郎と、共に浅草六区を隆盛に導いた興行師・根岸浜吉の人生を、現代からタイムスリップしてきた若者の目を通して描く人間ドラマ。監督は、「ウルルの森の物語」の長沼誠。出演は、「バルトの楽園」の松平健、ドラマ『暴れん坊将軍』シリーズの北島三郎、ドラマ『泣かないと決めた日』の長谷川純、「東京PRウーマン」の戸井智恵美、「能登の花ヨメ」の水町レイコ、「利休」の田村亮。

監督
長沼誠
出演キャスト
松平健 長谷川純 秋吉久美子 星由里子
2009年

虹色の硝子

  • 2009年4月25日(土)公開
  • 美術

ごとうしのぶの人気ボーイズラブ小説“タクミくんシリーズ”の映画化第2弾。学園のプリンスと恋仲になった男子高校生、託生の嫉妬と純愛をリリカルに描き出す。

監督
横井健司
出演キャスト
浜尾京介 渡辺大輔 滝口幸広 高橋優太
2006年

HAZARD

  • 2006年11月11日(土)公開
  • 美術

撮影から4年たってようやく公開される、オダギリジョー“幻の”主演作。退屈な毎日を嫌い、NYに渡って一獲千金を夢見る、あぶない男の熱い青春ドラマだ。

監督
園子温
出演キャスト
オダギリ ジョー ジェイ・ウエスト 深水元基 椋名凛
2005年

石井のおとうさんありがとう

  • 2005年3月19日(土)公開
  • その他

明治時代、岡山県に日本で最初となる孤児院を作った石井十次の波瀾に満ちた生涯を描く人間ドラマ。自らの人生を懸けて貧困にあえぐ子供たちを救うために尽力し、“孤児の父”と呼ばれた男の軌跡をつづる。

監督
山田火砂子
出演キャスト
松平健 永作博美 辰巳琢郎 竹下景子
2003年

いつかA列車(トレイン)に乗って

  • 2003年12月20日(土)公開
  • 美術

テレサ・テンの「つぐない」などで知られる作詞家・荒木とよひさが、名匠・内田吐夢の「たそがれ酒場」をリメイク。ジャズ・バーに集う人々の人生を情感豊かに描き出す。

監督
荒木とよひさ
出演キャスト
津川雅彦 加藤大治郎 真矢みき 小林桂樹
1999年

アイ・ラヴ・ユー(1999)

  • 1999年11月6日(土)公開
  • 美術

手話での演劇を目指す耳の不自由な女性と、彼女を巡る人たちとの心の触れ合いを描くヒューマン・ドラマ。監督は、「GAMA/月桃の花」の大澤豊と”日本聾者劇団”の演出家である米内山明宏。脚本は、自身による原作を基に岡崎由起子が執筆。撮影を「GAMA/月桃の花」の岡崎宏三が担当している。主演はNHK『のっぽさんの手話入門』への出演経験を持つ、新人の忍足亜希子。芸術文化進行基金助成作品。

監督
大澤豊 米内山明宏
出演キャスト
忍足亜希子 岡崎愛 田中実 不破万作
1998年

MIND GAME(1998)

  • 1998年4月4日(土)公開
  • 美術

多重人格者の青年に翻弄される、ふたりの若き精神科医の心の葛藤を描いたサイコ・ミステリー。監督は、「Shall we ダンス?」などでお馴染みの俳優・田口浩正で、これが監督デビュー作。脚本は大久保智康と田口の共同。撮影を北信康が担当している。主演は「四月物語」の田辺誠一と「Birthday PRESENT」の柏原崇、「Lie lie Lie」の鈴木保奈美。第10回東京国際映画祭ヤングシネマ・コンペティション正式出品作品。

監督
田口浩正
出演キャスト
柏原崇 田辺誠一 鈴木保奈美 永島敏行
1997年

バウンス ko GALS

  • 1997年10月25日(土)公開
  • 美術

コギャルと呼ばれる現代の女子高生たちのピュアな姿と友情を描いた青春ドラマ。監督・脚本は「栄光と狂気」の原田眞人。撮影に「螢II/赤い傷痕」の阪本善尚があたっている。主演のコギャル・トリオにふんするのは、「虹をつかむ男」の佐藤仁美と、いずれも映画初出演となる佐藤康恵、岡元夕起子の3人。佐藤仁美がキネマ旬報新人女優賞を受賞した。97年度キネマ旬報ベスト・テン第6位。

監督
原田眞人
出演キャスト
佐藤仁美 佐藤康恵 岡元夕紀子 役所広司
1996年

金色のクジラ

  • 1996年10月12日(土)公開
  • 美術

白血病の幼い少年の生命を救うため家族が力を合わせて努力する姿を描く、実話をもとにした人間ドラマ。子役はすべてオーディションで選ばれた静岡県下の子供たちで、三浦浩一と永島暎子が主人公の兄弟の両親を演じ、ケーナ奏者としても知られる田中健が、移植医役として出演するほかに映画音楽も演奏している。

監督
大澤豊
出演キャスト
永島暎子 三浦浩一 鈴木淳之介 青島愛海
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 丸山裕司