映画-Movie Walker > 人物を探す > 杉本一海

年代別 映画作品( 1981年 ~ 1987年 まで合計25映画作品)

1987年

美姉妹・喘ぐ

  • 1987年1月24日(土)公開
  • 撮影

貸しビル業社長の財産をめぐって女たちの戦いを描く。脚本は「犬死にせしもの」の西岡琢也、監督は「部長の愛人 ピンクのストッキング」の上垣保朗、撮影は「芦屋令嬢 いけにえ」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
上垣保朗
出演キャスト
麻生かおり 清里めぐみ 黒木玲奈 山路和弘
1986年

芦屋令嬢 いけにえ

  • 1986年8月23日(土)公開
  • 撮影

芦屋の令嬢と彼女を誘拐した男、身分の違う二人の男女が肉欲で結ばれる姿を描く。脚本は「スタア」の桂千穂、監督はこの作品がデビュー作品の池田賢一、撮影は「女豹」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
池田賢一
出演キャスト
雨野夕紀 木築沙絵子 市山登 青木竜也
1985年

女豹

  • 1985年12月27日(金)公開
  • 撮影

マザーコンプレックスの画家とその妹への肉欲をめぐって起こる連続殺人を描くミステリー。脚本は「俗物図鑑」の内藤誠と後藤大輔の共同執筆。監督は「制服百合族 悪い遊び」の小原宏裕、撮影は「オフィス・ラブ 真昼の禁猟区」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
田中こずえ 日向明子 佐藤幸彦 河西健司

オーガズム・真理子

  • 1985年11月16日(土)公開
  • 撮影

生理になると男の体を求め、関係後、相手を殺す女とその過去を描く。脚本はこの作品がロマン・ポルノ50本目の執筆となる「花と蛇 地獄篇」の桂千穂、監督は「ひと夏の出来ごころ」の加藤文彦、撮影は「オフィス・ラブ 真昼の禁猟区」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
加藤文彦
出演キャスト
清里めぐみ 小川恵 平泉成 杉田広志

女銀行員暴行オフィス

  • 1985年10月12日(土)公開
  • 撮影

監督
西村昭五郎
出演キャスト
麻生かおり 川上伸之 清元香夜 木築沙絵子

オフィス・ラブ 真昼の禁猟区

  • 1985年7月20日(土)公開
  • 撮影

別れた男との間の娘を育てながら、男性遍歴を続けるキャリア・ウーマンの姿を描く。脚本は「美姉妹・剥ぐ」の佐伯俊道、監督も同作の上垣保朗、撮影は「みんなあげちゃう(1985)」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
上垣保朗
出演キャスト
赤坂麗 城源寺くるみ 草見潤平 石井茂樹

みんなあげちゃう(1985)

  • 1985年4月20日(土)公開
  • 撮影

大富豪の娘と貧しい予備校生の愛を描く一般映画。週刊ヤングジャンプ連載中の弓月光の同名漫画の映画化で、脚本は井上敏樹、監督は「イヴちゃんの姫」の金子修介、撮影は「女子大寮VS看護学園寮」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
金子修介
出演キャスト
浅野なつみ 岡竜也 木田三千雄 木村夏江
1984年

女子大寮VS看護学園寮

  • 1984年9月1日(土)公開
  • 撮影

女子大生と看護学生の恋の戦いを描く。脚本は「OL百合族19歳」の斎藤博、監督は「襲われる女教師」の斉藤信幸、撮影は「ひと夏の出来ごころ」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
斉藤信幸
出演キャスト
浅見美那 林亜里沙 よしのまこと 真堂ありさ

ひと夏の出来ごころ

  • 1984年7月13日(金)公開
  • 撮影

女子大生とその家族のひと夏の出来事を描く。脚本は「字能鴻一郎の濡れて打つ」の木村智美、監督は「団鬼六 少女木馬責め」の加藤文彦、撮影は「ニセ未亡人 いちじく白書」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
加藤文彦
出演キャスト
岡本かおり 高橋麻子 渡辺とく子 隈本吉成

丸茂ジュンの痴女伝説

  • 1984年6月15日(金)公開
  • 撮影

初夜までは手を出そうとしないフィアンセにイラ立ち反対にレイプしてしまう女を描く。丸茂ジュンの原作の映画化で、脚本は「女帝(1983)」の桂千穂、監督は「春情夢」の西村昭五郎、撮影は「ニセ未亡人 いちじく白書」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
浅見美那 丸茂ジュン よしのまこと 山路和弘
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 杉本一海