映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・C・マッギンレイ

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2013年 まで合計18映画作品)

2013年

バーニング・クロス

  • 2013年2月16日(土)公開
  • 出演(リチャード 役)

「コレクター(97)」の邦題で日本でも公開されたジェームズ・パターソンの人気小説シリーズ3度目の映画化。心理学に精通するワシントン市警の刑事、アレックス・クロスの活躍を描くサスペンス。主演は、俳優として「スター・トレック(09)」などに出演の他、監督、プロデューサーとしても活躍するタイラー・ペリー。特集上映“未体験ゾーンの映画たち2013”の1本として劇場公開。一般公開2013年2月16日。

監督
ロブ・コーエン
出演キャスト
タイラー・ペリー マシュー・フォックス エドワード・バーンズ レイチェル・ニコルズ
2003年

アイデンティティー

  • 2003年10月25日(土)公開
  • 出演(George 役)

全米で公開されるやいなや、その衝撃的な内容で話題を呼んだサスペンスが日本上陸。モーテルに居合わせた男女が体験する恐怖を、先読み不能の語り口でつづる異色ミステリー。

監督
ジェームズ・マンゴールド
出演キャスト
ジョン・キューザック レイ・リオッタ アマンダ・ピート John Hawkes
2002年

アニマルマン

  • 2002年4月6日(土)公開
  • 出演(サージェント・シスク 役)

人気番組“サタデー・ナイト・ライブ”出身のロブ・シュナイダー主演の奇想天外なコメディ。動物の能力を持つヘンテコなヒーローに化した男の活躍を、ギャグ満載で描く。

監督
ルーク・グリンフィールド
出演キャスト
ロブ・シュナイダー コリーン・ハスケル ジョン・C・マッギンレイ ガイ・トリー
1998年

ナッシング・トゥ・ルーズ

  • 1998年5月16日(土)公開
  • 出演(Rig' Lanlow 役)

偶然出会ったヤケを起こしたエリートビジネスマンとおマヌケな強盗のコンビの珍道中を描いたコメディ。監督・脚本は「ジム・キャリーのエースにおまかせ!」のスティーヴ・オデカークで、本作では自ら踊るガードマンとして登場、怪演も披露。撮影は。「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」のドナルド・M・ソーリン。音楽はロバート・フォーク。出演は「ショーシャンクの空に」「デッドマン・ウォーキング」(監督)のティム・ロビンス、「バッドフェロー」のマーティン・ローレンス、「ザ・エージェント」のケリー・プレストンほか。

監督
スティーヴ・オーデカーク
出演キャスト
ティム・ロビンス マーティン・ローレンス ジョン・C・マッギンレイ ジャンカルロ・エスポジト
1997年

ジョンズ

  • 1997年9月13日(土)公開
  • 出演(Danny Cohen 役)

生き抜くために街角に立ち続けるストリート・ハスラー(男娼)たちの夢と絶望を描いた、異色の青春映画。監督・脚本は、アメリカ・フィルム・インストテュート在学中から3編の短編映画が評価され、卒業してからはCBSテレビボストン支局でドキュメンタリー作品の制作に携わっていたスコット・シルヴァーで、彼の商業映画デビュー作。音楽は74歳の伝説のブルースマン、チャールズ・ブラウンと、ダニー・キャロン。主演は「スクリーム」のデイヴィッド・アークエットと「マーズ・アタック!」のルーカス・ハース。共演は「ボルケーノ」のキース・デイヴィッド、「ロスト・ワールド」のアーリス・ハワード、「M★A★S★H」のエリオット・グールドほか。96年度サン・セバスチャン国際映画祭、最優秀監督賞を受賞。

監督
スコット・シルヴァー
出演キャスト
ルーカス・ハース デイヴィッド・アークエット キース・デイヴィッド エリオット・グールド

SET IT OFF セット・イット・オフ

  • 1997年6月14日(土)公開
  • 出演(Detective Strode 役)

銀行強盗を目論んだ黒人女性四人組の姿を描いたブラック・ムービー。監督はビデオ・クリップで活躍した「friday」のゲイリー・グレイで、彼の監督第2作。脚本は原作者のタカシ・バフォードとケイト・ラニアの共同。撮影は「イン・ベッド・ウィズ・マドンナ」のマーク・レソフスキー、音楽は「ホワイトハウスの陰謀」のクリストファー・ヤング。出演は「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」のジェイダ・ピンケット、ラッパーとしても知られる「ジュース」のクイーン・ラティーファ、「バットマン&ロビン Mrフリーズの逆襲」のヴィヴィカ・フォックス、「プラトーン」「ウォール街」などオリヴァー・ストーン作品で知られるジョン・C・マッギンリーほか。

監督
F・ゲイリー・グレイ
出演キャスト
ジェイダ・ピンケット・スミス クイーン・ラティファ ヴィヴィカ・フォックス ジョン・C・マッギンレイ
1996年

ザ・ロック

  • 1996年9月14日(土)公開
  • 出演(Marine Captain Hendrix 役)

猛毒の神経ガス・ロケット弾を奪ってアルカトラズ島を占拠したテロリスト集団と、密命を帯びて島に潜入した2人の男の戦いを描いたアクション大作。スリリングなストーリー、大がかりなアクション、主演の3人の男優の好演など見どころは多い。「ホーリー・ウェディング」のデイヴィッド・ウェイスバーグとダグラス・S・クックの原案を基に、彼らとこれがデビューとなるマーク・ロスナーが共同で脚本を執筆。監督に前作「バッドボーイズ(1995)」でデビューし、注目されたマイケル・ベイが抜擢された。製作は「クリムゾン・タイド」「バッドボーイズ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマーで、95年に他界したシンプソンの遺作となった。エグゼクティヴ・プロデューサーはウィリアム・スチュアート、ルイス・A・ストローサー、主演のショーン・コネリーの共同。撮影は「ハードロック・ハイジャック」のジョン・シュワルツマン、音楽は「9か月」のニック・グレニー・スミスと「デンジャラス・マインド 卒業の日まで」のハンス・ジマー、美術は「クリムゾン・タイド」のマイケル・ホワイト、編集は「セブン」のリチャード・フランシス・ブルース、衣裳は「バッドボーイズ」のボビー・リード。特殊効果コーディネーターは「ツイスター」のマイケル・メイナーダス、特殊視覚効果はドリーム・クエスト・イメージスが担当。主演は「理由」のショーン・コネリー、「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「ニクソン」のエド・ハリス。共演は「トゥームストーン」のマイケル・ビーン、「12モンキーズ」のデイヴィッド・モース、「デンバーに死す時」のウィリアム・フォーサイス、「彼と彼女の第2章」のジョン・スペンサー、共に舞台で活躍し、これが映画デビューとなったクレア・フォーラーニとヴァネッサ・マーシルほか。

監督
マイケル・ベイ
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ショーン・コネリー エド・ハリス マイケル・ビーン

セブン

  • 1996年1月27日(土)公開
  • 出演(California 役)

キリスト教の七つの大罪に基づく連続殺人事件と、それを追う刑事コンビの姿を描いたサイコ・スリラー。先鋭的なヴィジュアル・センスとノイズを駆使したアバンギャルドな音響設計による、世紀末ムードが全編を覆うダークな世界観が魅惑的。N.Y.タワーレコードの店長として働きながら執筆したアンドリュー・ケヴィン・ウォーカーのオリジナル脚本を、「エイリアン3」のデイヴィッド・フィンチャーが監督。製作は「マスク」「アウトブレイク」のアーノルド・コペルソン、撮影は「デリカテッセン」のダリウス・コンディ、美術はピンク・フロイドやジェネシスなどの舞台で活躍したのち、「マリリンとアインシュタイン」などを手掛けたアーサー・マックス、編集は「硝子の塔」のリチャード・フランシス=ブルース。音楽は「依頼人」のハワード・ショアで、エンド・タイトル曲はデイヴィッド・ボウイの『ハーツ・フィルシー・レッスン(心の淫らなレッスン)』。特殊メイク(死体)は「遊星からの物体X」のロブ・ボッティン、デジタル視覚効果とメイン・タイトル・シークエンスは[R/グリーンバーグ・アソシエイツ・ウェスト、デジタル・スタジオ部]が担当。主演はアクションにも果敢に挑んだ、「レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い」のブラッド・ピットと、「ショーシャンクの空に」「アウトブレイク」の演技派モーガン・フリーマン。共演は、本作がきっかけでピットの恋人となったグィネス・パルトロウ、「黒いジャガー」のリチャード・ラウンドツリー、「フルメタル・ジャケット」のR・リー・アーメイ、「ユージュアル・サスペクツ」のケヴィン・スペイシーほか。

監督
デイヴィッド・フィンチャー
出演キャスト
ブラッド・ピット モーガン・フリーマン グウィネス・パルトロウ ジョン・C・マッギンレイ
1995年

ケイティ(1995)

  • 1995年7月15日(土)公開
  • 出演(Max Carr 役)

手話によって人間と意思の疎通ができるゴリラと少年の友情物語。動物をテーマにしたノンフィクションも手掛けた作家ポール・ヤングが、サンフランシスコに実在するゴリラをモデルにした原案に基づき、脚本家ジョン・バンゼルとヤングが共同で脚本を執筆、テレビ界で活躍するジョン・グレイが監督にあたった。製作のロバート・ニューマイヤーとジェフリー・シルヴァー、エグゼクティヴ・プロデューサーのブライアン・ライリーは「サンタクローズ」のトリオ。撮影は『マーダー・イン・ミシシッピー/炎の十字架』(V)のドナルド・M・モーガン、音楽は人気テレビ・シリーズ『Xファイル』のマーク・スノウ、美術は「ビルとテッドの大冒険」のロイ・フォージ・スミス、特殊視覚効果は「バッド・ガールズ」のトニー・ガードナーが担当。また、霊長類行動学の第一人者、ロジャー・フォウツ博士が監修にあたっている。出演は「サンドロット ぼくらがいた夏」のウィル・ホーネフ、「ハスラー2」のヘレン・シェイヴァー、「あなたが聞こえない」のジョン・C・マッギンリー、「サンタクローズ」のピーター・ボイルほか。

監督
ジョン・グレイ
出演キャスト
ウィル・ホーネフ ジーン・マリー・バーンウェル ヘレン・シェイヴァー ジョン・C・マッギンレイ

ビッグ・ランニング

  • 1995年4月29日(土)公開
  • 出演(Jullian 役)

「スプラッシュ」「クール・ランニング」などで人気を博した巨漢コメディアン、ジョン・キャンディ主演のパロディ調西部劇。キャンディは本作の撮影中に亡くなり、彼の遺作となった(享年43歳)。監督は「栄光のエンブレム」「バット・21」のピーター・マークル、製作はゲイリー・グッドマン、バリー・ローゼン、ロバート・ニューマイヤー、ジェフリー・シルヴァー、エグゼクティヴ・プロデューサーはリンウッド・スピンクス、脚本はジェリー・エイブラハムソンの原案をもとにマシュー・カールソンが執筆、撮影はフランク・ティディ、音楽はマイケル・スモール、編集はスコット・コンラッドがそれぞれ担当。共演は「ロビン・フッド キング・オブ・タイツ」のリチャード・ルイス、「プラトーン」などオリヴァー・ストーン作品で知られるジョン・C・マッギンリー、「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」のエレン・グリーン、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のロドニー・A・グラント、「ラスト・オブ・モヒカン」のラッセル・ミーンズ、「ロンゲスト・ヤード」「スーパー・マグナム」などの個性派、エド・ローターら。

監督
ピーター・マークル
出演キャスト
ジョン・キャンディ リチャード・ルイス エレン・グリーン ジョン・C・マッギンレイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・C・マッギンレイ