TOP > 映画監督・俳優を探す > 大杉漣

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2021年 まで合計263映画作品)

2021年

モルエラニの霧の中

  • 2021年2月6日(土)
  • 出演(小林幹夫 役)

北海道室蘭市を含む西いぶり地方を舞台に、街の人々から聞いたエピソードを基に7話連作形式で紡ぐオムニバス劇。クラゲを殺して海に捨てた少年とその母親に水族館職員がある贈り物を用意する第1話【冬の章/水族館のはなし「青いロウソクと人魚」】ほか。監督は、「ハーメルン」の坪川拓史。2011年に東京から北海道室蘭市へ移住し、室蘭市の広報動画『砂がおしえてくれた街』も手掛けた。大杉漣、大塚寧々、香川京子ら俳優陣に加え、エピソードの本人や、オーディションで選ばれたり、街で監督にスカウトされたりした人々が出演している。モルエラニとは、アイヌ民族の言葉で“小さな坂道をおりた所”を意味し、“室蘭”の語源のひとつと言われている。

監督
坪川拓史 水橋研二
出演キャスト
香川京子 大塚寧々 小松政夫 坂本長利
2019年

BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-

  • 2019年2月8日(金)
  • 友情出演

ヤングマガジンに連載され、2018年にはTVアニメにもなった、ジャスミン・ギュ原作のコミックを実写映画化したコメディ。とある事件で起こした不始末が原因で、性転換&全身整形させられた揚げ句、アイドルとして活動するはめになった3人のヤクザが繰り広げる騒動を描く。non-noモデルとして活躍する岡本夏美らが、性転換後の主人公を演じる。

監督
原桂之介
出演キャスト
白洲迅 柾木玲弥 花沢将人 岡本夏美

世界一と言われた映画館

  • 2019年1月5日(土)
  • ナレーション

かつて山形県酒田市に存在した映画館グリーン・ハウスのドキュメンタリー。グリーン・ハウスは様々な工夫と設備を取り入れ、多くの人々を魅了していたが、1976年の酒田大火の火元となり焼失する。それから幾年月も過ぎた今、酒田の人々が当時を振り返る。監督・構成・撮影は、「おだやかな革命」撮影の佐藤広一。ナレーションは、「教誨師」の大杉漣。山形国際ドキュメンタリー映画祭2017『やまがたと映画』プログラム、なら国際映画祭2018尾花座復活上映会にて上映(映画祭タイトル:「世界一と言われた映画館~酒田グリーン・ハウス証言集~」)。

監督
佐藤広一
出演キャスト
2018年

返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

  • 2018年6月30日(土)
  • 出演(植田啓三 役)

沖縄返還交渉の最前線にいた実在の外交官・千葉一夫の姿を通して、知られざる沖縄返還の裏面史を伝えるドラマ。沖縄の返還交渉が始まった1960年代。千葉は、沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと外交交渉を重ねる。出演は、「ニワトリ★スター」の井浦新、「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」の戸田菜穂、「めがみさま」の尾美としのり、「私は絶対許さない」の佐野史郎、「アウトレイジ 最終章」の大杉蓮、「ラーメン食いてぇ!」の石橋蓮司。ナレーションは、「海辺のリア」の仲代達矢。監督は、NHKのドラマ演出家・柳川強。

監督
柳川強
出演キャスト
井浦新 戸田菜穂 尾美としのり 中島歩

教誨師

  • 2018年10月6日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー、出演

2018年に急逝した大杉蓮が初プロデュースした最後の主演作。6人の死刑囚と面会する教誨師の佐伯。死刑囚たちは彼に真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始する者もいる。佐伯は彼らに寄り添いながらも葛藤し、自らの人生と向き合っていく。出演は、「羊と鋼の森」の光石研、「祈りの幕が下りる時」の烏丸せつこ、「クソ野郎と美しき世界」の古舘寛治、劇団柿喰う客の玉置玲央、「インスタント沼」の五頭岳夫、「まだ楽園」の小川登。監督は、「ランニング・オブ・エンプティ」の佐向大。

監督
佐向大
出演キャスト
大杉漣 玉置玲央 烏丸せつこ 五頭岳夫

恋のしずく

  • 2018年10月20日(土)
  • 出演

川栄李奈が大学生のヒロインを演じ、映画初主演した人間ドラマ。ワインソムリエを目指す“日本酒嫌い”のヒロインが、実習先の酒蔵で日本酒作りを通して、その奥深さを知り、また、出会う人々との絆を深めていく姿が描かれる。劇団EXILEの小野塚勇人が実習先の酒蔵の息子を、その父を演じた大杉漣の遺作となった。

監督
瀬木直貴
出演キャスト
川栄李奈 小野塚勇人 宮地真緒 中村優一

雨の首ふり坂

  • 2018年7月21日(土)
  • 出演(藪塚の半蔵 役)

時代劇専門チャンネル開局20周年記念として、池波正太郎が自身の短篇小説をベースに書いた戯曲を映像化。老いた渡世人・源七が、信州小諸の首ふり坂へ向かっている。殺しを請け負いながら諸国を渡り歩いてきた彼は、自身の因縁に決着をつけようとしていた。出演は、ドラマ『八代将軍吉宗』の中村梅雀、「ばぁちゃんロード」の三浦貴大、「今夜、ロマンス劇場で」の中尾明慶、ドラマ『三匹のおっさん』シリーズの泉谷しげる、「アウトレイジ 最終章」の大杉漣。監督は、「星になった少年 Shining Boy & Little Randy」の河毛俊作。

監督
河毛俊作
出演キャスト
二代目中村梅雀 三浦貴大 中尾明慶 泉谷しげる
2017年

予兆 散歩する侵略者 劇場版

  • 2017年11月11日(土)
  • 出演

人々から“概念”を奪う謎の侵略者の恐怖を描いたサスペンス・スリラー『散歩する侵略者』。同作の監督・黒沢清が、その頃、別の街では何が起きていたのかをつづるアナザーストーリー。次第に侵略者の脅威に気づいていく主人公を夏帆、その夫を染谷将太、侵略者である病院の外科医を東出昌大が演じる。

監督
黒沢清
出演キャスト
夏帆 染谷将太 東出昌大 中村映里子

米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー

  • 2017年8月26日(土)
  • 語り

第二次大戦後、沖縄で弾圧を恐れず占領米軍に異を唱え続けた瀬長亀次郎を追うドキュメンタリー。2016年放映『米軍が最も恐れた男~あなたはカメジローを知っていますか?~』に追加取材を加え再編集。不屈の男を通し、今につながる問題を浮き彫りにする。監督はテレビ版に引き続き、ニュース番組でキャスターを務めてきたTBSテレビ報道局の佐古忠彦。テーマ音楽はミュージシャン坂本龍一の書き下ろし。2017年8月12日より沖縄・桜坂劇場にて先行公開。

監督
佐古忠彦
出演キャスト
瀬長亀次郎 山根基世 大杉漣

アウトレイジ 最終章

  • 2017年10月7日(土)
  • 出演(野村 役)

裏社会の男たちが繰り広げる血で血を洗う激しい抗争の行方を描いた、北野武監督によるバイオレンスアクションのシリーズ第3作。血気盛んな男たちの戦いは日本国内だけでなく、韓国にも飛び火し、国際的な抗争劇へと発展する。西田敏行、白竜、名高達男といったおなじみの面々に加え、大森南朋、ピエール瀧らが新たに参戦。

監督
北野武
出演キャスト
北野武 西田敏行 大森南朋 ピエール瀧

関連ニュース

『万引き家族』インタビューの際の樹木希林 (18年4月撮影)
樹木希林、高畑勲、スタン・リー…2018年にこの世を去った映画界の大物たち 12月31日 09:30

まもなく新たな年を迎えるが、2018年も監督や俳優など多くの映画関係の大物たちがこの世を去っていった。そんな彼らを偲んで、その功績を振り返っていきたい。 ■公開作も控える日本の名脇役俳優たち 多くの巨星たちが生涯に幕…

『恋のしずく』公開記念舞台挨拶に川栄李奈が登壇!
川栄李奈、初主演映画の公開に「うれしいよりも悔しい気持ちのほうが大きかった」 10月21日 19:47

AKB48を卒業後、女優として目覚ましい活躍を続ける川栄李奈が映画初主演を務めた『恋のしずく』(公開中)の公開記念舞台挨拶が21日、丸の内TOEIで開催され、川栄とメガホンをとった瀬木直貴監督が登壇。映画の舞台で日本三大…

ワイン造りに挑む主人公を渡辺大が演じる(『ウスケボーイズ』)
下戸でも試しに飲みたくなる!?“映画で学ぶ”奥深~いお酒の世界 10月20日 20:30

フランス料理では、食欲増進のために食前に飲むなど、より楽しく食事をするのに欠かせないのが“お酒”。アルコールはちょっと苦手…という人でも「試しに飲んでみようかな?」と思うような、お酒にまつわる映画が、偶然にも2作、本日か…

大杉漣最後の主演作で初プロデュース作品となった『教誨師』
大杉漣が、最後の主演映画かつ初プロデュース作『教誨師』で残したものとは? 10月7日 15:00

2月に急逝した大杉蓮がエグゼクティブプロデューサー兼最後の主演を務めた映画『教誨師』が10月6日(土)より公開された。大杉が演じたのは、死刑囚たちと面会していく“教誨師”役。大杉が初めてプロデュースした本作は、図らずも…

読書が趣味で「好きな小説のキャラクターを演じられたら」と語った
女優業に邁進する新木優子が振り返る、あのバイプレーヤーとの“大切な出会い” 10月6日 10:30

幼なじみの3人の男女が恋と夢を追いかける姿を描く、人気少女漫画が原作のラブストーリー『あのコの、トリコ。』(公開中)。本作でヒロインを務めるのが、non-noモデルとしても人気の新木優子。『劇場版 コード・ブルー -ドク…

『教誨師』の完成披露試写会が開催!
大杉漣最後の主演作『教誨師』が完成!光石研らキャスト陣が敬意と感謝を表明 9月21日 19:28

400作品以上のドラマ・映画に出演した名バイプレイヤー・大杉漣の最初のプロデュース作にして最後の主演作となった『教誨師』(10月6日公開)の完成披露試写会が21日、東京・神楽座で開催。玉置玲央、烏丸せつこ、五頭岳夫、小川…

大杉漣最後の主演作から特報が到着!
大杉漣が俳優魂を捧げた“生”と“死”のドラマ。初のプロデュース作にして最後の主演作『教誨師』の特報がお目見え 4月12日 07:00

今年2月21日に惜しくも急逝した名バイプレイヤー、大杉漣が主演とエグゼクティブプロデューサーを務め、死刑囚と対話する男の姿を描きだした『教誨師』が10月6日(土)から公開。このたび本作の特報映像が解禁された。 大杉が演…

急逝した大杉漣(写真は『アウトレイジ 最終章』の舞台挨拶より)
【追悼】“名バイプレイヤー”大杉漣が映画界に遺した功績を振り返る 2月21日 22:00

日本の映画・ドラマ界を支える名バイプレイヤーとして活躍した俳優の大杉漣が2月21日、急性心不全のため66歳の若さで急逝したと所属事務所が発表した。 70年代に舞台俳優としてそのキャリアをスタートさせた大杉は、80年代に…

北野武、恋愛映画の構想も!
北野武、次のバイオレンス映画は「日本の役者オールスターズで」ギャラは車代のみ 10月7日 15:45

北野武監督によるバイオレンス・エンタテインメントのシリーズ第3弾『アウトレイジ 最終章』の初日舞台挨拶が10月7日に新宿ピカデリーで開催され、北野武監督、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、金田時男が登壇。北…

男たちの激しい抗争劇を描く。その闘いは国内のみならず、海外にまで!
トイレで直訴!オーディションで大遅刻!北野武監督とバイプレイヤーたちの出会いがグッとくる 10月4日 18:30

裏社会の抗争を描いた、北野武監督の人気シリーズ第3弾『アウトレイジ 最終章』(10月7日公開)。激しいバイオレンス描写はもちろん、本シリーズの楽しみはコワモテの俳優がこれでもかというくらい、大勢出演していることだ。第1作…

大杉漣の関連人物

田口トモロヲ  寺島進  津田寛治  哀川翔  菅田俊 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 大杉漣

ムービーウォーカー 上へ戻る