映画-Movie Walker > 人物を探す > 西岡琢也

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2008年 まで合計31映画作品)

2008年

秋深き

  • 2008年11月8日(土)公開
  • 脚本

映画初主演の八嶋智人が佐藤江梨子と夫婦を演じるせつないラブ・ストーリー。大阪の街を舞台に、大人の男女の純情を人情味豊かなユーモアにくるんで映し出す。

監督
池田敏春
出演キャスト
八嶋智人 佐藤江梨子 渋谷天外 山田スミ子

火垂るの墓

  • 2008年7月5日(土)公開
  • 脚本

「誰がために」の日向寺太郎監督が、アニメ映画版も有名な戦争文学を実写で映画化。混乱した戦時下を自力で生き抜こうとする兄妹の痛切な運命を描き出す。

監督
日向寺太郎
出演キャスト
吉武怜朗 畠山彩奈 松坂慶子 松田聖子
2002年

陽はまた昇る

  • 2002年6月15日(土)公開
  • 脚色

家庭用ビデオ規格競争の実話にもとづく感動のヒューマン・ドラマ。戦後初の経済マイナス成長期を背景に、名もなき企業戦士たちの奇跡の逆転劇がドラマチックに展開。

監督
佐々部清
出演キャスト
西田敏行 渡辺謙 緒形直人 真野響子
1996年

金田一少年の事件簿

  • 1996年12月14日(土)公開
  • 脚本

名探偵・金田一耕助の孫にあたる金田一一(はじめ)少年が連続殺人事件の謎に挑む推理サスペンス・アニメーション。監督は「蒼き伝説 シュート!」の西尾大介。堂本剛、ともさかりえ主演でドラマ化もされ大人気の、金成陽三郎とさとうふみやによる『週刊少年マガジン』連載中の同名コミックと、天樹征丸によるノベルス版を原作に、「さすらいのトラブルバスター」の西岡琢也が脚本を担当した。声の出演は「ご近所物語」の山口勝平ほか。

監督
西尾大介
出演キャスト
山口勝平 中川亜紀子 平田広明 山本圭

さすらいのトラブルバスター

  • 1996年8月10日(土)公開
  • 脚本

テレビ局の裏側で起こる揉めごとの処理係となった元テレビディレクターの奮闘を描くコメディ活劇。監督は「岸和田少年愚連隊」の井筒和幸。景山民夫の小説『トラブルバスター』を井筒と「ゴト師株式会社スペシャル」の西岡琢也が共同脚色した。撮影も「岸和田少年愚連隊」の浜田毅。主演は「ウルトラマンゼアス」の鹿賀丈史。「釣りバカ日誌8」の併映作品。

監督
井筒和幸
出演キャスト
鹿賀丈史 村田雄浩 小林恵 山城新伍

迅雷 組長の身代金

  • 1996年6月22日(土)公開
  • 脚本

クズはクズでも、チンピラでも極道でもないど素人の男たちが、やくざを敵に回して戦いを挑む姿を描いたピカレスク。サントリーミステリー大賞作家の黒川博行の小説『迅雷』を原作に、「セラフィムの夜」の高橋伴明監督と「首領になった男」の西岡琢也脚本という、「TATOO<刺青>あり」の名コンビが“コテコテの大阪映画”を目指して顔を揃えた。撮影は「CAB」の栢野直樹。初めは弱気だったが次第に相棒を引っ張って行くようになる主人公に「きけ、わだつみの声(1995)」の仲村トオルがふんし、「極道の妻たち 危険な賭け」の石橋凌と、このところ進境著しい「犯人に願いを」の金山一彦がその仲間で共演している。

監督
高橋伴明
出演キャスト
仲村トオル 石橋凌 金山一彦 下元史朗
1995年

ゴト師株式会社スペシャル 警視庁防犯課第5104号事件

  • 1995年9月9日(土)公開
  • 脚色

パチンコの裏技=ゴトを駆使して業界の悪に立ち向かうゴト師株式会社の活躍を描いたシリーズの第4弾。今回は、リーダーの君島と業界の監督官庁との戦いを描く。監督は「ゴト師株式会社II」の後藤大輔。原作は『漫画パチンカー』連載の、下田一仁原作・佐原充敏作画の 『ゴト師株式会社』。主演は「さよならニッポン!」の根津甚八と、「リング・リング・リング 涙のチャンピオンベルト」の島田陽子。

監督
後藤大輔
出演キャスト
根津甚八 島田陽子 荒谷公之 でんでん
1991年

首領になった男

  • 1991年5月11日(土)公開
  • 脚本

バブル経済下でのし上がっていく一人のヤクザあがりの男の壮絶な生きざまを描くドラマ。松方弘樹の初プロデュース作品で、脚本は「激動の1750日」の中島貞夫と「獅子王たちの夏」の西岡琢也の共同執筆。監督は「遺産相続」の降旗康男。撮影は「アナザーウェイ D機関情報」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
松方弘樹 十朱幸代 名取裕子 近藤真彦

獅子王たちの夏

  • 1991年1月12日(土)公開
  • 脚本

大組織系列下の末端のチンピラと、その総長をねらう対立組織の組員との非情な生きざまを描く。「ちょうちん」の金子正次の遺稿シナリオの映画化で、共同脚本に「マリアの胃袋」の西岡琢也が参加。監督は「危ない話」(第三話)の高橋伴明。撮影は「1990牡丹燈篭」の三好和宏がそれぞれ担当。

監督
高橋伴明
出演キャスト
哀川翔 的場浩司 香坂みゆき そのまんま東
1990年

マリアの胃袋

  • 1990年7月21日(土)公開
  • 脚本

南の島を舞台に、女を漁って食する怪物の恐怖をユーモラスに描く。脚本は「ベッド・パートナー BED PARTNER」の西岡琢也が執筆。監督はこれがデビュー作となる平山秀幸。撮影は「座頭市」の長沼六男がそれぞれ担当。

監督
平山秀幸
出演キャスト
相楽晴子 柄本明 大竹まこと 余貴美子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 西岡琢也