映画-Movie Walker > 人物を探す > 神崎愛

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2002年 まで合計12映画作品)

2002年

森の学校

  • 2002年7月20日(土)公開
  • 出演(河合静子 役)

自然豊かな昭和10年代の丹波篠山を舞台に、少年の成長を描く感動作。わんぱくざかりの少年と、彼をとりまく仲間たちや家族との絆を、ノスタルジックに描き出す。

監督
西垣吉春
出演キャスト
三浦春馬 神崎愛 篠田三郎 小峰玲奈
1986年

ジャズ大名

  • 1986年4月19日(土)公開
  • 出演(文子姫 役)

江戸時代末期、アメリカから駿河の国の小藩に流れ着いた黒人三人が、音楽好きの大名と出会い、城中でジャムセッションを繰り広げる姿を描く。筒井康隆原作の同名小説の映画化で、脚本は「近頃なぜかチャールストン」の岡本喜八と「南極物語」の石堂淑朗の共同執筆。監督は岡本喜八、撮影は「童貞物語」の加藤雄大がそれぞれ担当。

監督
岡本喜八
出演キャスト
古谷一行 財津一郎 神崎愛 岡本真実
1985年

祝辞

  • 1985年12月28日(土)公開
  • 出演(芸者 役)

専務から息子の結婚式で祝辞を述べてくれと頼まれた万年課長の姿を、彼の家族と会社を舞台に描く喜劇。脚本は「俺ら東京さ行ぐだ」の高橋正圀、監督は同作の栗山富夫、撮影も同作の安田浩助がそれぞれ担当。

監督
栗山富夫
出演キャスト
財津一郎 林美智子 山口良一 工藤夕貴
1983年

この子を残して

  • 1983年9月17日(土)公開
  • 出演(三岸静子 役)

長崎の原爆で妻を失くし、自らも被爆した医学博士が、自分の体験を後世に残すため書き綴る姿を描く。永井隆原作のノンフィクションの映画化で、脚本は山田太一と「父よ母よ!」の木下恵介の共同執筆。監督も木下恵介、撮影は「南十字星」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
木下恵介
出演キャスト
加藤剛 十朱幸代 中林正智 西嶋真未
1982年

ひめゆりの塔(1982)

  • 1982年6月12日(土)公開
  • 出演(ルリ 役)

太平洋戦争末期、全島が戦場と化した沖縄で、ひめゆり部隊と呼ばれ陸軍病院に配属された乙女たちのはかない青春を描く。28年ぶりの再映画化は脚本・水木洋子、監督・今井正と同じコンビ。前作では果たせなかった沖縄現地ロケを行ない、撮影は「裸の大将放浪記」の原一民が担当。

監督
今井正 神山征二郎
出演キャスト
栗原小巻 古手川祐子 大場久美子 斉藤とも子
1981年

魔界転生(1981)

  • 1981年6月6日(土)公開
  • 出演(おつう 役)

天草四郎を中心に、細川ガラシャ夫人、宮本武蔵などが現世で果たせなかった夢、願望を満たすため黄泉の国から甦り徳川幕府をおびやかす。山田風太郎の原作の映画化で、脚本は「悪魔が来たりて笛を吹く(1979)」の野上龍雄、「忍者武芸帖 百地三太夫」の石川孝人、「復活の日」の深作欣二の共同執筆、監督も同作の深作欣二、撮影は「古都(1980)」の長谷川清がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
千葉真一 沢田研二 佳那晃子 緒形拳
1980年

わるいやつら

  • 1980年6月28日(土)公開
  • 出演(田中慶子 役)

女から金をまきあげて経営の赤字を埋める病院長とまわりをとりまく女たちを描く。松本清張の同名の小説を映画化したもので、脚本は「影武者」の井手雅人、監督は「配達されない三通の手紙」の野村芳太郎、撮影も同作の川又昂がそれぞれ担当。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
片岡孝夫 松坂慶子 梶芽衣子 藤真利子

森は生きている(1980)

  • 1980年3月15日(土)公開
  • 出演(声)(女王 役)

不幸な境遇に負けず、明るく心やさしく生きる少女が思いがけない幸福を得るまでを描く。ソビエトの詩人、サムエル・マルシャークの児童劇の映画化で、脚本は隆巴と矢吹公郎の共同執筆、監督も矢吹公郎がそれぞれ担当。

監督
矢吹公郎
出演キャスト
大竹しのぶ 杉山とく子 向井真理子 神崎愛
1979年

天使を誘惑

  • 1979年12月22日(土)公開
  • 出演(白石妙子 役)

同棲について、結婚について、現代の愛のかたちを描く百恵・友和コンビの第十一作目。脚本は「ホワイトラブ」の藤田敏八と「もう頬づえはつかない」の小林竜雄の共同執筆、監督は「十八歳、海へ」の藤田敏八、撮影は「ホワイトラブ」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八
出演キャスト
山口百恵 三浦友和 大友柳太朗 火野正平

配達されない三通の手紙

  • 1979年10月6日(土)公開
  • 出演(唐沢恵子(三女) 役)

美しい三姉妹の住む地方の上流家庭で起こった殺人事件を描く。エラリー・クイーンの小説「災厄の町」の映画化で脚本は「絞殺」の新藤兼人、監督は「鬼畜」の野村芳太郎、撮影は「俺は上野のプレスリー」の川又昂がそれぞれ担当。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
佐分利信 乙羽信子 小川真由美 栗原小巻
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 神崎愛