映画-Movie Walker > 人物を探す > 白石加代子

年代別 映画作品( 1968年 ~ 2017年 まで合計21映画作品)

2017年

花筐/HANAGATAMI

檀一雄による同名短編小説を大林宣彦監督が映画化。「この空の花 長岡花火物語」「野のなななのか」に続く“戦争三部作”の最終章。1941年の佐賀県唐津市を舞台に、戦禍の中に生きる若者たちの心が火傷するような凄まじい青春群像劇を、圧倒的な映像力で綴る。出演は「野のなななのか」の窪塚俊介、「三度目の殺人」の満島真之介、「マイ・バック・ページ」の長塚圭史、「彼女の人生は間違いじゃない」の柄本時生、「クレヴァニ、愛のトンネル」の矢作穂香、「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の山崎紘菜、「世界は今日から君のもの」の門脇麦、「だれかの木琴」の常盤貴子。脚本は大林宣彦と「HOUSE ハウス」「ふたり」の桂千穂。音楽の山下康介、撮影・編集の三本木久城、美術の竹内公一、録音の内田誠ら「野のなななのか」スタッフが引き続き参加。2017年12月7日より唐津先行上映。

監督
大林宣彦
出演キャスト
窪塚俊介 満島真之介 長塚圭史 柄本時生

蜷川幸雄シアター「身毒丸 復活」

  • 2017年5月20日(土)公開
  • 出演

演出家・蜷川幸雄の一周忌に合わせその演出作品を全国15ヶ所の映画館で上映するシリーズの第2弾。寺山修司の舞台作品を共同脚本の岸田理生が改訂し、蜷川の演出で上演。母を売る店で買われた撫子と、死んだ実母を慕う義理の息子・身毒丸の禁断の恋を描く。出演は、「僕だけがいない街」の藤原竜也、「全然大丈夫」の白石加代子。

出演キャスト
藤原竜也 白石加代子 品川徹 蘭妖子
2012年

まっくら

  • 2012年2月11日(土)公開
  • 出演

度重なる事故で7000人以上が殉職した筑豊炭鉱を舞台にそこで働く人たちの想いを俳優を使って表現したモキュメンタリー。ディレクターはRKB毎日放送の木村栄文。出演は常田富士男、白石加代子。2012年2月11日より、東京・渋谷オーディトリウム渋谷にて開催された「公開講座 木村栄文 レトロスペクティブ」にて上映。

監督
木村栄文
出演キャスト
常田富士男 白石加代子
2010年

Livespire ムサシ

  • 2010年12月25日(土)公開
  • 出演(木屋まい 役)

井上ひさしが脚本、蜷川幸雄が演出を手がけ、武蔵VS小次郎のその後を描いた藤原竜也主演の舞台を高品位デジタルシネマカメラで収めて映像化。“厳流島の決闘”で生き残り、再び対決を挑もうとする小次郎と武蔵の姿をユーモアを交えて描き出す。勝地涼が初演版の小栗旬に代わって小次郎に扮し、コミカルな一面も披露。

出演キャスト
藤原竜也 勝地涼 鈴木杏 六平直政
2008年

全然大丈夫

  • 2008年1月26日(土)公開
  • 出演(ホームレスのアーティスト・ヌーさん 役)

荒川良々、木村佳乃ら実力派俳優共演のオフビートなドラマ。不器用な生き方をしている3人の男女が織り成す恋や友情を、温かくも“ユルい”笑いを交えて紡ぐ。

監督
藤田容介
出演キャスト
荒川良々 木村佳乃 岡田義徳 田中直樹
2005年

男たちの大和 YAMATO

世界最大最強を誇りながらも、米軍の総攻撃に沈んだ戦艦大和。その乗組員と家族の人生模様を、CGを駆使した壮絶な戦闘シーンを交えて描き出す戦争ドラマ。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
反町隆史 中村獅童 鈴木京香 松山ケンイチ
2004年

海猫

  • 2004年11月13日(土)公開
  • 出演(赤木みさ子 役)

「失楽園」の森田芳光監督が、谷村志穂の同名小説を映画化したラブ・ストーリー。北の漁村を舞台に、夫とその弟の間で揺れる人妻の危うい関係を濃密につづる。

監督
森田芳光
出演キャスト
伊東美咲 佐藤浩市 仲村トオル 三田佳子
2000年

淀川長治物語 神戸篇サイナラ

  • 2000年9月30日(土)公開
  • 出演(よね 役)

 98年11月に惜しまれながらこの世を去った映画評論家・淀川長治の自伝を、大林宣彦監督が映像化。生涯を映画に捧げた男の波乱に満ちた少年時代をドラマチックに描く。

監督
大林宣彦
出演キャスト
厚木拓郎 勝野洋輔 秋吉久美子 高橋かおり
1999年

第七官界彷徨 尾崎翠を探して

  • 1999年7月3日(土)公開
  • 出演(尾崎翠 役)

女流作家・尾崎翠の知られざる数奇な半生と、彼女の代表作『第七官界彷徨』のドラマ、そしてそれらを観る現代の三部構成で尾崎翠の世界を描く人間ドラマ。監督は「奴隷美姉妹~新人スチュワーデス~」の浜野佐知。脚本は「巨乳秘書 やわらかな甘み」の山崎邦紀。撮影を「ピンサロ病院 ノーパン白衣」の田中譲二が担当している。主演は白石加代子。

監督
浜野佐知
出演キャスト
白石加代子 吉行和子 原田大二郎 宮下順子
1997年

しずかなあやしい午後に

  • 1997年1月25日(土)公開
  • 出演(女医 役)

外国ではひとつのジャンルとして確立している短編映画を、その素地のない日本で製作しようという試みの下、作られた短編映画集。アニメーション、ファンタジー、ホラーのタイプの異なる3作品が収められ、これが監督デビューとなるグラフィックデザイナーの太田和彦、「怖がる人々」の和田誠、「白い馬」の椎名誠が、それぞれ監督にあたっている。スイカを買いに行った少年の1日をつづった“ワニメーション”の第1話「スイカを買った」(モノクロ・11分)は、台詞は一切なく、字幕と効果音だけで構成されたユニークなアニメーション。第2話「ガクの絵本」(カラー・29分)は、山間の川をカヌーで下るひとりの男と1匹の犬のある日の出来事を描いたファンタジー、第3話「遠灘鮫腹海岸(とおのなださめはらかいがん)」(カラー・29分)は、浜辺の砂に沈んでしまった男の不思議な体験を描くホラーで、それぞれ「ガクの冒険」の雑種犬・ガクとエッセイストの野田知佑、「ガクの冒険」の林政明が主演をつとめた。

監督
太田和彦 和田誠 椎名誠
出演キャスト
ガク 野田知佑 タロウ 高樹澪
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 白石加代子

ムービーウォーカー 上へ戻る