TOP > 人物を探す > 珠瑠美

年代別 映画作品( 1981年 ~ 1988年 まで合計24映画作品)

1988年

死線を越えて 賀川豊彦物語

  • 1988年10月1日(土)
  • 出演(しか 役)

大正から昭和にかけて活躍したキリスト教社会運動家賀川豊彦の半生を描く。脚本は賀川豊彦原作の小説「死線を越えて」と武藤富男の「評伝賀川豊彦」を元に「極道の妻たちII」の高田宏治と「あっこちゃんの日記」の山田典吾が共同で執筆。監督は同作の山田、撮影は「ナオミ」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
国広富之 黒木瞳 松原千明 長門裕之
1986年

香港絶倫夫人

  • 1986年12月6日(土)
  • 監督
1985年

ザ・夜這い

  • 1985年10月12日(土)
  • プロデューサー

すけべ姉妹

  • 1985年4月6日(土)
  • 監督

痴漢と離婚妻

  • 1985年3月9日(土)
  • 監督
1983年

鍵(1983)

  • 1983年12月24日(土)
  • 出演(松坂看護婦長 役)

滅びに向う肉体とはうらはらに、ますます肥大していく性への渇望に苦悩する初老の大学教授の姿を描く。谷崎潤一郎原作の同名小説の三度目の映画化で、脚本・監督はピンク映画界の巨匠木俣堯喬、撮影は「戦争の犬たち」の伊東英男がそれぞれ担当。1997年に監督自ら再編集した「ディレクターズ・カット<完全版>」(80分)が製作・公開されている。

監督
木俣堯喬
出演キャスト
松尾嘉代 田口由緒 江上真吾 渡辺文雄
1982年

俗物図鑑

  • 1982年11月8日(月)
  • 出演(雷門比呂子 役)

“出歯亀評論家”“横領評論家”“性病評論家”など奇妙な評論家が集まり、世の良識を向うにまわしてマスコミで活躍する姿を描く。筒井康隆の同名の小説を映画化したもので、脚本は「団鬼六 蒼い女」の桂千穂、監督は「時の娘」の内藤誠、撮影は「転校生」の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
平岡正明 巻上公一 南伸坊 入江若葉
1981年

嗚呼!おんなたち 猥歌

  • 1981年10月23日(金)
  • 出演(トルコの女客 役)

二十年ものあいだロックを歌い続ける歌手と、波をとりまくおんなたちの性を描く。脚本は「遠雷」の荒井晴彦と、「快楽学園 禁じられた遊び」の神代辰巳の共同執筆、監督も神代辰巳、撮影は「制服体験トリオ わたし熟れごろ」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
神代辰巳
出演キャスト
角ゆり子 中村れい子 内田裕也 絵沢萠子

愛獣 襲る!

  • 1981年7月24日(金)
  • 出演(マキ 役)

横浜の港を舞台に、刑事に裏切られ殺された母の復讐に向う女の姿を描く。脚本は高橋芳朗と「ズームイン 暴行団地」の黒沢直輔の共同執筆、監督も同作の黒沢直輔、撮影は「もっと激しくもっとつよく」の森勝がそれぞれ担当。

監督
黒沢直輔
出演キャスト
泉じゅん 野々村るい 珠瑠美 吉川遊土

あそばれる女

  • 1981年6月12日(金)
  • 出演(留美 役)

妻でない女を連れてスワッピングに行った男の妻が罰としてもてあそばれる姿を描く。脚本は「単身赴任 情事の秘密」の宮下教雄、監督は「見せたがる女」の小沼勝、撮影は「のけぞる女」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
小沼勝
出演キャスト
風間舞子 小川亜佐美 高原リカ 珠瑠美

珠瑠美の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 珠瑠美