映画-Movie Walker > 人物を探す > 勝野洋

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2019年 まで合計51映画作品)

1982年

凶弾(1982)

  • 1982年9月15日(水)公開
  • 出演(東山信吾 役)

少年院出身ということで蔑視され続けた青年がシージャック事件を起こし、狙撃されるまでを描く。瀬戸内海で起きた事件をもとにした福田洋の同名小説の映画化で、脚本は「銀河鉄道999」の石森史郎、北村彰、押川国秋の共同執筆、監督は「獣たちの熱い眠り」の村川透、撮影は「魔性の夏 四谷怪談より」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
村川透
出演キャスト
石原良純 古尾谷雅人 秋吉久美子 高樹澪
1981年

燃える勇者

  • 1981年12月19日(土)公開
  • 出演(西条伸彦 役)

ある地方都市を訪れた青年が、偶然に知り会ったルポライターとともに、その都市を支配する企業の悪事を暴露するまでを描く。脚本は「真田幸村の謀略」の松本功、「アゲインスト むかい風」の中島貞夫、そしてこの作品で監督としてもデビューする土橋亨、撮影は井口勇がそれぞれ担当。

監督
土橋亨
出演キャスト
真田広之 伊藤かずえ 黒崎輝 もんたよしのり

魔性の夏 四谷怪談より

お馴染鶴屋南北の『四谷怪談』を青春群像ドラマとして映画化。脚本は「スローなブギにしてくれ」の内田栄一、監督は「海よお前が-帆船日本丸の青春-」の蜷川幸雄、撮影は「五番町夕霧楼(1980)」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
蜷川幸雄
出演キャスト
萩原健一 関根恵子 夏目雅子 石橋蓮司
1980年

ニッポン警視庁の恥といわれた二人組 刑事珍道中

  • 1980年10月4日(土)公開
  • 出演(樺屋隆治 役)

刑事になって以来、何の手柄もたてず、ドジばかりを繰り返す二人組がヒョンなことから巻き込まれた事件を見事に解決するまでを描く。脚本は「戦国自衛隊」の鎌田敏夫、監督も同作の斎藤光正、撮影は「翔んだカップル」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
斎藤光正
出演キャスト
中村雅俊 勝野洋 大楠道代 金子信雄

地震列島

  • 1980年8月30日(土)公開
  • 出演(川津陽一 役)

大地震に襲われる東京。再三に渡って地震を予告していた若き地震学者の勇気ある行動を描く。脚本は「絞殺」の新藤兼人、監督は「岸壁の母」の大森健次郎、撮影は西垣六郎がそれぞれ担当。

監督
大森健次郎
出演キャスト
勝野洋 松尾嘉代 永島敏行 多岐川裕美
1979年

戦国自衛隊

  • 1979年12月5日(水)公開
  • 出演(森下のコーチ 役)

四百年前の戦国時代にタイム・スリップした演習中の自衛隊一個小隊の姿を描く。半村良の同名の小説の映画化で、脚本は鎌田敏夫、監督は「悪魔が来たりて笛を吹く(1979)」の斎藤光正、撮影も同作の伊佐山巌がそれぞれ担当。千葉真一芸能生活20周年作品。

監督
斎藤光正
出演キャスト
千葉真一 中康次 江藤潤 速水亮

英霊たちの応援歌 最後の早慶戦

  • 1979年11月3日(土)公開
  • 出演(相田暢一 役)

昭和十八年十月十六日戸塚球場で行なわれた最後の早慶戦の後、出陣学徒として散華していった若者たちを描く。東京12チャンネルが開局十五周年を記念して製作。神山圭介の同名の小説の映画化で、脚本は「炎の舞」の山田信夫と「ダイナマイトどんどん」の岡本喜八の共同執筆、監督も同作の岡本喜八、撮影は「青春の門 自立篇(1977)」の村井博がそれぞれ担当。

監督
岡本喜八
出演キャスト
永島敏行 勝野洋 本田博太郎 中村秀和
1978年

ブルークリスマス

  • 1978年11月23日(木)公開
  • 出演(沖退介 役)

UFO(未確認飛行物体)を目撃した人々の血が青くなり、そのような人間が増加したら、その時、アメリカ大統領が苦悩の末、決断した計画とは……その中で展開される人間の愛と苦悩を描くSF。脚本は「冬の華」の倉本聰、監督は「ダイナマイトどんどん」の岡木喜八、撮影は「姿三四郎(1977)」の木村大作がそれぞれ担当している。

監督
岡本喜八
出演キャスト
勝野洋 竹下景子 仲代達矢 岡田英次

俺は田舎のプレスリー

  • 1978年8月12日(土)公開
  • 出演(大山保 役)

吉幾三の唄「俺はぜったい!プレスリー」をヒントに、青森県五所川原の平和な村での恋と騒動を描く。脚本は、「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!」の朝間義隆、「〈分校日記〉 イーハトーブの赤い屋根」の梶浦政男、植村信吉、三人の共同執筆、撮影は「坊っちゃん(1977)」の竹村博がそれぞれ担当。

監督
満友敬司
出演キャスト
勝野洋 ハナ肇 カルーセル麻紀 嵐寛寿郎

犬笛

  • 1978年4月1日(土)公開
  • 出演(幹雄 役)

誰にも聞こえないホイッスルの音を聞くことのできる女の子の誘拐事件を中心に、父親と娘の愛の姿を描く、西村寿行原作の同題名小説の映画化。脚本は「雨のめぐり逢い」の菊島隆三と「戦後猟奇犯罪史」の金子武郎の共同執筆、監督は「日本の首領 野望篇」の中島貞夫、撮影は「どですかでん」の斎藤孝雄がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
菅原文太 北大路欣也 原田芳雄 竹下景子

関連ニュース

石原慎太郎が東京国際映画祭で「次は映画監督になる」と意欲!
石原慎太郎が東京国際映画祭で「次は映画監督になる」と意欲!(2012年10月26日)

第25回東京国際映画祭特別招待作品『青木ヶ原』(2013年正月公開)の舞台挨拶が、10月26日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、原作・企画を務めた石原慎…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 勝野洋