映画-Movie Walker > 人物を探す > 大友柳太朗

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1985年 まで合計192映画作品)

1985年

タンポポ

  • 1985年11月23日(土)公開
  • 出演(ラーメンの先生 役)

タンクローリーの運転手が、さびれたラーメン屋の美しい未亡人に惹かれるまま、そのラーメン屋を町一番の店にするまでを、奇想天外の食物がらみのエピソードを混ぜて描く。脚本、監督は「お葬式」の伊丹十三、撮影は「火まつり」の田村正毅がそれぞれ担当。

監督
伊丹十三
出演キャスト
山崎努 宮本信子 役所広司 渡辺謙

刑事物語4 くろしおの詩

  • 1985年10月10日(木)公開
  • 出演(山梨剛造 役)

高知を舞台に、ふとしたことからヤクザに転身した刑事の活躍を描く「刑事物語」シリーズ第4作。片山蒼の原案をもとに、「刑事物語3 潮騒の詩」のちゃき克彰と同作の黒井和男が共同執筆。監督は「刑事物語」の渡邉祐介、撮影は「刑事物語3 潮騒の詩」の矢田行男がそれぞれ担当。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
武田鉄矢 相原友子 石橋蓮司 三浦浩一
1981年

陽炎座

  • 1981年8月21日(金)公開
  • 出演(師匠 役)

鬼才・鈴木清順監督の名作。ある劇作家が美しい女たちの愛と憎しみの世界に惹き込まれていく姿を、奇想天外で幻想的な映像美でつづる。一癖も二癖もある登場人物のキャラクターが印象深い。2001年8月21日からニュープリントで再映。

監督
鈴木清順
出演キャスト
松田優作 大楠道代 加賀まりこ 楠田枝里子

炎のごとく

幕末の京都を舞台に、激しく変ろうとする時代の中でひとりの女を限りなく愛した博奕打ちの姿を描く。飯干晃一の原作「会津の小鉄」の映画化。脚本監督は「江戸川乱歩の陰獣」の加藤泰、撮影は丸山恵司がそれぞれ担当。

監督
加藤泰
出演キャスト
菅原文太 倍賞美津子 若山富三郎 中村玉緒
1979年

天使を誘惑

  • 1979年12月22日(土)公開
  • 出演(上杉朔太郎 役)

同棲について、結婚について、現代の愛のかたちを描く百恵・友和コンビの第十一作目。脚本は「ホワイトラブ」の藤田敏八と「もう頬づえはつかない」の小林竜雄の共同執筆、監督は「十八歳、海へ」の藤田敏八、撮影は「ホワイトラブ」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八
出演キャスト
山口百恵 三浦友和 大友柳太朗 火野正平
1977年

江戸川乱歩の陰獣

江戸川乱歩原作の『陰獣』の映画化。本格派推理小説家による殺人事件の謎ときを描く。脚本は「竹久夢二物語 恋する」の加藤泰と「憧憬 あこがれ」の仲倉重郎の共同、監督は「日本侠花伝」の加藤泰、撮影は「俺たちの時」の丸山恵司がそれぞれ担当。

監督
加藤泰
出演キャスト
あおい輝彦 香山美子 大友柳太朗 川津祐介
1970年

やくざ非情史 血の決着

  • 1970年2月21日公開
  • 出演(三田村長次 役)

吉寺弾の脚本を萩原遼が監督した任侠もの。撮影は「やくざ非情史 刑務所兄弟」の星信夫が担当した。

監督
萩原遼
出演キャスト
安藤昇 大友柳太朗 瑳峨三智子 南川直
1969年

やくざ刑罰史 私刑

  • 1969年6月27日公開
  • 出演(友造 役)

「徳川いれずみ師 責め地獄」の石井輝男と掛札昌裕が脚本を共同執筆し、石井が監督した風俗もの。撮影は「緋牡丹博徒 花札勝負」の古谷伸が担当した。

監督
石井輝男
出演キャスト
大友柳太朗 菅原文太 林真一郎 石橋蓮司
1968年

女賭博師鉄火場破り

  • 1968年5月1日公開
  • 出演(前島大五郎 役)

「関東女賭博師」の長谷川公之がシナリオを執筆し、井上芳夫が監督した“女賭博師”シリーズ第七作目。撮影も同じ中川芳久。

監督
井上芳夫
出演キャスト
江波杏子 原知佐子 大友柳太朗 垂水悟郎
1967年

まぼろし黒頭巾 闇に飛ぶ影

  • 1967年公開
  • 出演(柳生利玄 役)

「忍法忠臣蔵」の高田宏治がシナリオを執筆し、「十兵衛暗殺剣」の倉田準二が監督した時代劇。撮影は「女犯破戒」の国定玖仁男。

監督
倉田準二
出演キャスト
松方弘樹 青柳美恵子 中原早苗 潮健児
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大友柳太朗