映画-Movie Walker > 人物を探す > 倉田準二

年代別 映画作品( 1961年 ~ 1981年 まで合計13映画作品)

1981年

炎のごとく

  • 1981年5月9日(土)公開
  • 応援監督、出演(高津の顔役水音 役)

幕末の京都を舞台に、激しく変ろうとする時代の中でひとりの女を限りなく愛した博奕打ちの姿を描く。飯干晃一の原作「会津の小鉄」の映画化。脚本監督は「江戸川乱歩の陰獣」の加藤泰、撮影は丸山恵司がそれぞれ担当。

監督
加藤泰
出演キャスト
菅原文太 倍賞美津子 若山富三郎 中村玉緒
1977年

恐竜・怪鳥の伝説

  • 1977年4月29日(金)公開
  • 監督

日本に恐竜が存在したのか。この疑問を否定する材料は何もない。毎年八月二日に竜神祭りを行う富士山麓の西湖に恐竜が出現。というもので、ミステリアスに描く。脚本は伊上勝と「ピラニア軍団 ダボシャツの天」の松本功と「広島仁義 人質奪回作戦」の大津一郎の共同、監督は「飛び出す冒険映画 赤影」の倉田準二、撮影は「広島仁義 人質奪回作戦」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
倉田準二
出演キャスト
渡瀬恒彦 林彰太郎 沢野火子 清島智子
1969年

飛び出す冒険映画 赤影

  • 1969年7月20日(日)公開
  • 監督

横山光輝の原作を「河童の三平 妖怪大作戦」の伊上勝が脚色し倉田準二が監督した忍者もの。なおこの作品は、フジテレビ系列で放映された全十三話のうち四話を劇場用に再編集、さらに特撮シーンを立体映画化してある。

監督
倉田準二
出演キャスト
坂口徹 金子吉延 牽冬吉 大辻伺郎
1967年

まぼろし黒頭巾 闇に飛ぶ影

  • 1967年当年公開
  • 監督

「忍法忠臣蔵」の高田宏治がシナリオを執筆し、「十兵衛暗殺剣」の倉田準二が監督した時代劇。撮影は「女犯破戒」の国定玖仁男。

監督
倉田準二
出演キャスト
松方弘樹 青柳美恵子 中原早苗 潮健児
1966年

大忍術映画 ワタリ

  • 1966年7月21日(木)公開
  • 特撮監督

白土三平の同名漫画「ワタリ」を、「隠密剣士」の伊上勝と西村俊一が共同でシナリオを執筆、コンビの船床定男が監督した忍者もの。「十七人の忍者 大血戦」の赤塚滋と「女犯破戒」の国定玖仁男が共同撮影。

監督
船床定男
出演キャスト
金子吉延 牧冬吉 内田朝雄 大友柳太朗
1964年

十兵衛暗殺剣

  • 1964年10月14日(水)公開
  • 監督

紙屋五平の原作を「忍者狩り」の高田宏治が脚色「月影忍法帖 二十一の眼」の倉田準二が監督した忍者もの。撮影は「紫右京之介 逆一文字斬り」のわし尾元也。

監督
倉田準二
出演キャスト
近衛十四郎 香川良介 林真一郎 北龍二
1963年

月影忍法帖 二十一の眼

  • 1963年12月15日(日)公開
  • 監督

山田風太郎原作“忍者月影抄”より、「雲の剣風の剣」の結束信二と「霧の港の赤い花」の森田新が共同で脚色、「江戸忍法帖 七つの影」の倉田準二が監督した忍者もの。撮影は「おれは侍だ 命を賭ける三人」の伊藤武夫。

監督
倉田準二
出演キャスト
松方弘樹 里見浩太朗 近衛十四郎 中谷一郎

江戸忍法帖 七つの影

  • 1963年5月19日(日)公開
  • 監督

山田風太郎原作“江戸忍法帖”を「中仙道のつむじ風」の鈴木兵吾と「夜霧の上州路」の高田宏治が共同で脚色、「地獄の影法師」の倉田準二が監督した忍者もの。撮影はコンビの森常次。

監督
倉田準二
出演キャスト
里見浩太朗 新井茂子 北条きく子 石黒達也
1962年

地獄の影法師

  • 1962年11月11日(日)公開
  • 監督

「恋と十手と巾着切」の野上龍雄のオリジナル・シナリオを「豪快千両槍」の倉田準二が監督した隠密時代劇。撮影は「向う見ずの喧嘩笠」の森常次。

監督
倉田準二
出演キャスト
高田浩吉 北原しげみ 八代万智子 山形勲
1961年

人形佐七捕物帖 闇に笑う鉄仮面

  • 1961年8月13日(日)公開
  • 監督

横溝正史の原作をもとに、「夜霧の長脇差」の倉田準二が監督。若山富三郎が主演する痛快捕物劇「人形佐七捕物帖」シリーズ第6話。南蛮装飾屋内海屋にからむ海賊残党の奇怪な殺人事件に、佐七が名推理と得意の法善流棒術で挑む。企画は神戸由美、脚本は結束信二、撮影は松井鴻がそれぞれ担当。

監督
倉田準二
出演キャスト
若山富三郎 円山栄子 徳大寺伸 大泉滉
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 倉田準二