映画-Movie Walker > 人物を探す > 清川新吾

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1981年 まで合計38映画作品)

1981年

炎のごとく

  • 1981年5月9日(土)公開
  • 出演(島田左近 役)

幕末の京都を舞台に、激しく変ろうとする時代の中でひとりの女を限りなく愛した博奕打ちの姿を描く。飯干晃一の原作「会津の小鉄」の映画化。脚本監督は「江戸川乱歩の陰獣」の加藤泰、撮影は丸山恵司がそれぞれ担当。

監督
加藤泰
出演キャスト
菅原文太 倍賞美津子 若山富三郎 中村玉緒
1978年

お吟さま(1978)

  • 1978年6月3日(土)公開
  • 出演(浅野長政 役)

茶道の名匠・千利休の娘・吟の悲恋を描く、今東光原作の同題名小説の映画化。脚本は「京舞・四世井上八千代」の依田義賢、監督は「北の岬」の熊井啓、撮影は「ねむの木の詩がきこえる」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
志村喬 中野良子 梅野泰靖 高橋長英
1966年

わが愛を星に祈りて

  • 1966年3月26日(土)公開
  • 出演(佐伯友夫 役)

佐伯浩子の原作を「青いくちづけ」の池田一朗が脚色、「六人の女を殺した男」の島耕二が監督した青春もの。撮影は「復讐の切り札」の渡辺徹。

監督
島耕二
出演キャスト
高田美和 小栗一也 目黒幸子 清川新吾
1965年

続・柔旋風 四天王誕生

  • 1965年10月16日(土)公開
  • 出演(曽根正雄 役)

富田常雄の原作を、「大阪野郎」の本山大生とテレビ「人生劇場」の松村楢宏が共同でシナリオ化し、「柔道名勝負物語 必殺一本」の西山正輝が監督した「柔施風・怒涛の対決」の続篇。撮影は「柔施風・怒涛の対決」の河原崎隆夫。

監督
西山正輝
出演キャスト
倉丘伸太郎 平井昌一 和崎俊哉 松山容子
1963年

男の嵐

  • 1963年8月28日(水)公開
  • 出演(梅吉 役)

「銀座の次郎長」の松浦健郎が原作、脚本を執筆、中川信夫が監督した任侠もの。撮影は宮西四郎。

監督
中川信夫
出演キャスト
村田英雄 青山京子 五月みどり 中西杏子
1962年

大吉ぼんのう鏡

  • 1962年1月3日(水)公開
  • 出演(勇 役)

寺内大吉の『はぐれ念仏』から、「黒い傷あとのブルース(1961 小野田嘉幹)」の猪俣勝人と「風雲新撰組」の田辺虎男が共同で脚色、猪俣が監督するおいろけもの。撮影は森隆司郎。

監督
猪俣勝人
出演キャスト
龍崎一郎 殿山泰司 杉寛 松原緑郎
1961年

恋とのれん

  • 1961年4月28日(金)公開
  • 出演(菅沼作治 役)

「兵六大臣行状記 漁色のこよみ」の柳沢類寿に管野昭彦が加わった共同脚本を、「渦」のコンビ番匠義彰と、生方敏夫が監督、撮影した。

監督
番匠義彰
出演キャスト
淡島千景 桑野みゆき 山下洵一郎 佐野周二

抱いて頂戴

  • 1961年4月16日(日)公開
  • 出演(石川十助 役)

「快人黄色い手袋」の川内康範が自らの原作を脚色し、「激闘」の岩城其美夫が監督したコメディ。撮影は「もず」の長岡博之。

監督
岩城其美夫
出演キャスト
桑野みゆき 杉浦直樹 芳村真理 山下洵一郎

痛快太郎

  • 1961年1月28日(土)公開
  • 出演(河野(太郎の友人) 役)

「俺たちに太陽はない」の池田博が自らの脚本をもって監督するアクション・コメディ。撮影は「鑑賞用男性」の中島信雄。

監督
池田博
出演キャスト
柳永二郎 山下洵一郎 左卜全 牧紀子

渦(1961)

  • 1961年1月15日(日)公開
  • 出演(吉松昭彦 役)

井上靖の新聞連載小説を笠原良三と富田義朗が共同で脚色「浮気のすすめ 女の裏窓」の番匠義彰が監督した文芸編。撮影は「太陽が目にしみる」の生方敏夫。

監督
番匠義彰
出演キャスト
佐田啓二 岡田茉莉子 佐分利信 本橋和子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 清川新吾