映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡田英次

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1995年 まで合計168映画作品)

1995年

人でなしの恋

  • 1995年10月28日(土)公開
  • 出演(二階堂先生 役)

初恋の相手と結婚したうら若き女性が、夫の隠された性癖に苦悩する姿を描いたドラマ。原作は江戸川乱歩の同名の短編小説。監督・脚色はCF、プロモーション・ビデオ出身の松浦雅子で、今回が劇映画デビューとなる。撮影は「GONIN」の佐々木原保志。主演は「RAMPO 奥山監督版」「RAMPO 黛監督版」の羽田美智子で、自ら主題歌も歌う。第8回東京国際映画祭ヤングシネマコンペティション正式出品作品。

監督
松浦雅子
出演キャスト
羽田美智子 阿部寛 加藤治子 岡田英次

遥かな時代の階段を

  • 1995年3月18日(土)公開
  • 出演(白い男 役)

94年に公開された「我が人生最悪の時」に続く、“私立探偵濱マイクシリーズ”の第2弾。監督は前作も手掛けている林海象。脚本は林と「アジアン・ビート アイ・ラブ・ニッポン」の天願大介の共同。主演はもちろん前作同様、永瀬正敏があたっている。日本探偵協会推薦。

監督
林海象
出演キャスト
永瀬正敏 鰐淵晴子 岡田英次 大嶺美香
1991年

渋滞

  • 1991年4月27日(土)公開
  • 出演(藤市松 役)

帰省途中の道路渋滞に巻き込まれながらも何とか故郷にたどり着こうと四苦八苦する家族の悲喜劇をユーモラスに描くドラマ。脚本・監督は「オルゴール」の黒土三男。共同脚本は佐藤峰世。撮影監督は「! [ai-ou]」の高間賢治がそれぞれ担当。

監督
黒土三男
出演キャスト
萩原健一 黒木瞳 宝田絢子 湯澤真吾

陽炎(1991)

  • 1991年2月9日(土)公開
  • 出演(大野政吉 役)

昭和初期の熊本を舞台に、愛憎がうずまく料亭を巡って一人の女胴師の活躍を描く任侠アクション。脚本は「極道の妻たち 最後の戦い」の高田宏治が執筆。監督は「226」の五社英雄。撮影は「利休」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
五社英雄
出演キャスト
樋口可南子 仲代達矢 本木雅弘 荻野目慶子

獅子王たちの夏

  • 1991年1月12日(土)公開
  • 出演(坂上一道 役)

大組織系列下の末端のチンピラと、その総長をねらう対立組織の組員との非情な生きざまを描く。「ちょうちん」の金子正次の遺稿シナリオの映画化で、共同脚本に「マリアの胃袋」の西岡琢也が参加。監督は「危ない話」(第三話)の高橋伴明。撮影は「1990牡丹燈篭」の三好和宏がそれぞれ担当。

監督
高橋伴明
出演キャスト
哀川翔 的場浩司 香坂みゆき そのまんま東
1988年

グリーン・レクイエム

  • 1988年8月20日(土)公開
  • 出演(岡田善一郎 役)

植物から生まれた少女と人間の少年との恋を描く。新井素子原作の同名小説の映画化で、脚本は「星空のむこうの国」の小林弘利が執筆。監督は「アイコ十六歳」の今関あきよし、撮影は「グッドバイ夏のうさぎ」の渡部眞がそれぞれ担当。

監督
今関あきよし
出演キャスト
鳥居かほり 坂上忍 小林聡美 岡田英次
1986年

オイディプスの刃

  • 1986年9月13日(土)公開
  • 出演(駿介の伯父 役)

複雑な血縁関係の家族の愛憎劇を三兄弟を通して描く。赤江瀑原作の同名小説の映画化で、脚本は「夜叉」の中村努と成島東一郎の共同執筆。監督は「青幻記 遠い日の母は美しく」の成島東一郎、撮影は「スタア」の杉村博章がそれぞれ担当。

監督
成島東一郎
出演キャスト
古尾谷雅人 清水健太郎 京本政樹 北詰友樹
1985年

春の鐘

  • 1985年11月9日(土)公開
  • 出演(石本八郎 役)

古陶磁器の美を探求する美術館長を巡って彼の妻、そして陶工の娘と三人それぞれの愛を描く。立原正秋原作の同名小説の映画化で、脚本は「櫂」の高田宏治、監督は「南極物語」の蔵原惟繕、撮影は「月の夜・星の朝」の椎塚彰がそれぞれ担当。

監督
蔵原惟繕
出演キャスト
北大路欣也 古手川祐子 三田佳子 岡田英次

泰造

  • 1985年10月18日(金)公開
  • 出演(柿石衛門 役)

アンコールワットに魅せられた一匹狼の報道カメラマンの生と死を描く。一ノ瀬泰造の『地雷を踏んだらサヨナラ』と一の瀬信子の『わが子泰造』をかがみおさむが脚本化、監督は渡辺範雄、撮影は「この子を残して」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
渡辺範雄
出演キャスト
岡本早生 小林桂樹 中原ひとみ 趙方豪
1984年

アギ・鬼神の怒り

  • 1984年12月4日(火)公開
  • 出演(近江守 役)

安義の橋に出没するという鬼を退治に出かけた侍たちを描く。「今昔物語」のなかの「安義の橋の鬼女」を映画化したもので、脚本・監督は8ミリ出身で35ミリはこれが初めての早川光。撮影は伊藤寛、早川光が担当。

監督
早川光
出演キャスト
益岡徹 中村久美 伊武雅刀 巻上公一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 岡田英次