映画-Movie Walker > 人物を探す > 加藤盟

年代別 映画作品( 1977年 ~ 1995年 まで合計12映画作品)

1995年

5等になりたい。

  • 1995年10月10日(火)公開
  • 監督

足の不自由な少女と、彼女を巡る人々との心の交流を描いたアニメーション。監督は「ぞう列車がやってきた」の加藤盟。原作は、岸川悦子の児童書。音楽を、昨今映画やテレビで大活躍の大島ミチルが担当している。

監督
加藤盟
出演キャスト
御手洗リカ 檀ふみ 野口五郎 紗ゆり
1992年

ぞう列車がやってきた

  • 1992年7月4日(土)公開
  • 監督、脚本

戦争から象を守り抜き、平和の象徴として「ぞう列車」を走らすまでを描く、小出隆司原作のアニメ映画化。監督・脚本は「バッテンロボ丸 お化けを飼う少女」の加藤盟。作画監督は「伊勢湾台風物語」の北崎正浩が担当。

監督
加藤盟
出演キャスト
西原久美子 野沢雅子 阪脩 古川登志夫
1990年

ペリーヌ物語

  • 1990年6月30日(土)公開
  • 脚本

インドからフランスへの旅の途中に両親を亡くした少女・ペリーヌは、数々の困難に見舞われながらも唯一の肉親である祖父と対面を果たすが…。エクトル・マロ原作の「家なき娘」をベースに製作、1978年に放映されたTVアニメの総集編。音声は新録。

出演キャスト
鶴ひろみ 巌金四郎 池田昌子
1987年

SOSこちら地球

  • 1987年6月27日(土)公開
  • 脚本

身勝手に戦争を引き起こすことに抗議してパリで平和会議を開催する動物たちを描いた長編人形アニメーション。原案はエーリヒ・ケストナーの『どうぶつ会議』。製作野原嘉一郎。プロデューサー田川和生。脚本加藤盟。監督河野秋和。人形デザインあかのたちお。声の出演嶋俊介、納谷六朗ほか。1987年6月完成。35ミリ68分。

監督
河野秋和
1983年

バッテンロボ丸 お化けを飼う少女

  • 1983年3月13日(日)公開
  • 監督

監督
加藤盟
1981年

アッシイたちの街

  • 1981年3月28日(土)公開
  • 監督補

“アッシイ”と呼ばれるバラバラの機械部品のように、一つ一つでは役に立たないが、集まって大きな連体の力を発揮しようとする京浜工業地帯の下請け町工場で働く若者たちの姿を描く。脚本は「若者たち」の山内久、監督は「あゝ野麦峠」の山本薩夫、撮影は山本駿がそれぞれ担当。

監督
山本薩夫
出演キャスト
古谷一行 江藤潤 友里千賀子 日比野新吉
1979年

北極のムーシカ ミーシカ

  • 1979年7月21日(土)公開
  • 脚本

厳しい北極の自然を舞台に、双児の子熊が母親の手を離れ、成長していく姿を描くアニメーション。国際アンデルセン佳作賞を受賞したいぬいとみこの同名の原作をもとに、脚本は「黄金の犬」の加藤盟、監督はの勝井千賀雄、撮影は吉坂研一がそれぞれ担当。

監督
勝井千賀雄
出演キャスト
菅谷政子 野沢雅子 大山のぶ代 小林修

黄金の犬

  • 1979年6月2日(土)公開
  • 脚本

武器輸出にからむ汚職事件を背景に、その秘密を握る主人を失った猟犬の活躍を描く西村寿行の同名の小説の映画化で脚本は「白い肌の狩人 蝶の骨」の白坂依志夫と「走れトマト にっぽん横断三〇〇キロ」の加藤盛の共同執筆、監督は、「ダブル・クラッチ」の山根成之、撮影は椎塚彰がそれぞれ担当。

監督
山根成之
出演キャスト
鶴田浩二 島田陽子 夏木勲 地井武男
1978年

走れトマト にっぽん横断三〇〇キロ

  • 1978年11月1日(水)公開
  • 脚本

日活児童映画室製作の児童劇映画六作目。春休みに日本横断三百キロの自転車旅行をする四人の小学生が自立と連帯の精神をつかみ取る姿を描く。脚本は「東京からきた女の子」の加藤盟、監督は「新どぶ川学級」の岡本考二、撮影は「20歳の性白書 のけぞる」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

監督
岡本考二
出演キャスト
稲垣英和 金城純一 加藤淳也 串田恵美

東京からきた女の子

  • 1978年5月27日(土)公開
  • 監督

東京から転校して来た小学生の女の子が、次々と話題をふりむきながら去っていくまでの姿を描く。脚本は泊里仁美、監督は「先生のつうしんぼ」の加藤盟、撮影は「竹山ひとり旅」の黒田清巳がそれぞれ担当。

監督
加藤盟
出演キャスト
後藤悦子 伊藤竜次 森本レオ 大場久美子
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 加藤盟

ムービーウォーカー 上へ戻る