TOP > 映画監督・俳優を探す > 宮川孝至

年代別 映画作品( 1971年 ~ 1989年 まで合計13映画作品)

1989年

グッドバイ(1989)

  • 1989年9月9日(土)
  • 製作、プロデューサー

1970年代の初め、学生運動の中で挫折していく青年の愛を描く。脚本・監督はPFF出身の加藤哲、撮影は塩谷真がそれぞれ担当。

監督
加藤哲
出演キャスト
増田康好 弥生みつき 安藤麗二 新田まゆみ
1986年

海と毒薬

  • 1986年10月17日(金)
  • プロデューサー

太平洋戦争末期、米軍捕虜八名を生体解剖した事件を二人の研究生の目を通して描く。原作は遠藤周作の同名小説、脚本・監督は「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」の熊井啓、撮影は楢山節考」の栃沢正夫がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
奥田瑛二 渡辺謙 成田三樹夫 西田健
1984年

想い出のアン

  • 1984年11月23日(金)
  • プロデューサー

太平洋戦争に至るまでの五年間の、暗くきびしい時代を背景に、カナダ人医師の娘と日本人牧師の息子との幼い恋を描く。和田登原作の『青い目の星座』の映画化で、脚本は「翼は心につけて」の寺島アキ子と「太郎先生とわらしっ子」の渡辺由自の共同執筆。監督は「難病『再生不良性貧血症』と闘う 君はいま光のなかに」の吉田憲二、撮影は「巣立ちのとき 教育は死なず」の杉田安久利がそれぞれ担当。

監督
吉田憲二
出演キャスト
田付貴彦 辻野幸一 山口崇 大空真弓
1981年

裸の大将放浪記

  • 1981年7月21日(火)
  • プロデューサー

放浪の天才画家、山下清の生涯を描く。山下清の原作「裸の大将放浪記」の映画化で脚本・監督は「ヒロシマのたたかい はだしのゲン PART3」の山田典吾、撮影は「遠い明日」の原一民がそれぞれ担当。

監督
山田典吾
出演キャスト
芦屋雁之助 南沢一郎 中村玉緒 芦屋小雁

アッシイたちの街

  • 1981年3月28日(土)
  • プロデューサー

“アッシイ”と呼ばれるバラバラの機械部品のように、一つ一つでは役に立たないが、集まって大きな連体の力を発揮しようとする京浜工業地帯の下請け町工場で働く若者たちの姿を描く。脚本は「若者たち」の山内久、監督は「あゝ野麦峠」の山本薩夫、撮影は山本駿がそれぞれ担当。

監督
山本薩夫
出演キャスト
古谷一行 江藤潤 友里千賀子 日比野新吉
1980年

ザ・ウーマン(1980)

  • 1980年11月22日(土)
  • 助監督

江戸時代後期の文化年間、当代一の人気役者、坂東三津五郎(映画では三寿五郎)の妻でありながら、男ごころをそそる美貌と性的魅力でさまざまな男たちと関係し、前代未聞の“間男番付”なるものまで売り出されたほどの女、竹本小伝の性遍歴を描く。林美一の「あんばいよしのお伝」を原案に、脚本は星川清司、監督は「ナオミ」の高林陽一、撮影は稲垣涌三がそれぞれ担当。

監督
高林陽一
出演キャスト
佳那晃子 中野誠也 仲谷昇 池波志乃

太陽の子 てだのふあ

  • 1980年9月13日(土)
  • 制作補

神戸で大衆食堂を営む沖縄出身の夫婦と小学生の娘。そして、その店に集まる人々の暖かい交流と背後に隠された暗い戦争の傷あとを描く。灰谷健次郎の同名の小説の映画化で脚本、監督は「龍の子太郎」の浦山桐郎で、劇映画は「青春の門 自立篇(1977)」以来四年ぶり、撮影は「昭和エロチカ 薔薇の貴婦人」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
浦山桐郎
出演キャスト
原田晴美 大空真弓 河原崎長一郎 当山全拡
1978年

お吟さま(1978)

  • 1978年6月3日(土)
  • 助監督

茶道の名匠・千利休の娘・吟の悲恋を描く、今東光原作の同題名小説の映画化。脚本は「京舞・四世井上八千代」の依田義賢、監督は「北の岬」の熊井啓、撮影は「ねむの木の詩がきこえる」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
志村喬 中野良子 梅野泰靖 高橋長英
1975年

鴎よ、きらめく海を見たか めぐり逢い

  • 1975年7月12日(土)
  • 製作

貧乏で不格好ながらも懸命に生きようとする青年と少女の真情を描いた青春映画。原作は脚本も執筆している岩間芳樹のオリジナル・シナリオ「現代日本艶歌」、監督は「モスクワわが愛」の吉田憲二、撮影は「不知火海」の大津幸四郎がそれぞれ担当。

監督
吉田憲二
出演キャスト
高橋洋子 田中健 根岸明美 天の夕づる
1974年

サンダカン八番娼館 望郷

  • 1974年11月2日(土)
  • 監督補

かつて、“からゆきさん”として遥か南海に愛と青春を没していった日本の少女たちの秘話を描く。原作は山崎朋子著『サンダカン八番娼館』。脚本は広沢栄、監督は脚本も執筆している「朝やけの詩」の熊井啓、撮影は「ザ・ゴキブリ」の金宇満司がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
栗原小巻 高橋洋子 田中絹代 水の江瀧子

宮川孝至の関連人物

牧よし子  岩崎加根子  伴勇太郎  黒田絢子  三笑亭笑三 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 宮川孝至

ムービーウォーカー 上へ戻る