映画-Movie Walker > 人物を探す > 鶴岡修

年代別 映画作品( 1973年 ~ 2009年 まで合計39映画作品)

1978年

団地妻 二人だけの夜

  • 1978年4月15日(土)公開
  • 出演(亀山六次郎 役)

若くして団地に閉じこめられ、うっ屈する妻たちの性の遍歴を描く。脚本は「私は犯されたい」の鹿水晶子、監督は「ザ・コールガール 情痴の檻」の林功、撮影も同作の山崎敏郎がそれぞれ担当。

監督
林功
出演キャスト
志麻いづみ 珠瑠美 梓ようこ 鶴岡修

性愛占星術 SEX味くらべ

  • 1978年2月4日(土)公開
  • 出演(北沢明 役)

三人の男たちが、ポルノ・シナリオを書くために女性を追い求め騒動をひきおこす。脚本は「発情痴帯」の山本晋也と「新宿乱れ街 いくまで待って」の曽根中生の共同執筆、監督も同作の曽根中生、撮影は「エロス学園 感度ばつぐん」の萩原憲治がそれぞれ担当。

監督
曽根中生
出演キャスト
山下洵一郎 椎谷建治 益富信孝 鶴岡修
1977年

女教師

  • 1977年10月29日(土)公開
  • 出演(浅井文彦 役)

東京近郊の中学校で美人教師が、中学生の一団に暴行されるという事件をきっかけに社会の裏面を操る大人たちの性関係をも生々しく描く、清水一行の同名小説の映画化。脚本は「性処女 ひと夏の経験」の中島丈博、監督は「江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者」の田中登、撮影は「夢野久作の少女地獄」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
田中登
出演キャスト
永島暎子 砂塚秀夫 山田吾一 鶴岡修

詩雨おばさん

  • 1977年9月24日(土)公開
  • 出演(KCIA・C 役)

「異邦人の河」の李学仁監督の第二作目。ソウルに母国留学していた在日韓国人学生がKCIAに逮捕され、惨殺されるまでと、彼の母の悲哀を描く。脚本・監督は李学仁、撮影は中村賢二郎がそれぞれ担当。(16ミリブローアップ35ミリ)

監督
李学仁
出演キャスト
馬渕晴子 志賀圭二郎 小林悦子 小松正方

女子大生 ひと夏の体験

  • 1977年9月3日(土)公開
  • 出演(太一 役)

大学生が、性体験によって一人の男として成長していく姿を描く。脚本は「団地妻 肉体金融」の兼子平吉、監督は「女秘書の告白 果肉のしたたり」の近藤幸彦、撮影は「夜這い海女」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
近藤幸彦
出演キャスト
八城夏子 岡本麗 あきじゅん 橘雪子

団地妻 雨やどりの情事

  • 1977年7月23日(土)公開
  • 出演(相良 役)

昭和四六年から始まった“団地妻”シリーズ。このシリーズで成長した宮下順子と、シリーズの育ての親とでもいう西村昭五郎監督のコンビで、人妻の揺れる官能の世界を描く。脚本は「夕顔夫人」の久保田圭司、監督は「本番 ほんばん」の西村昭五郎、撮影は「嗚呼!! 花の応援団 男涙の親衛隊」の森勝がそれぞれ担当。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
宮下順子 花上晃 鶴岡修 堀勉

性と愛のコリーダ

  • 1977年4月23日(土)公開
  • 出演(畑野巡査 役)

現代OLの男女関係をセミドキュメント風に描く。脚本は「嗚呼!! 花の応援団 男涙の親衛隊」の田中陽造と「おんな(秘)発情度」の鹿水晶子の共同、監督は「OL官能日記 あァ!私の中で」の小沼勝、撮影は「サチコの幸」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
小沼勝
出演キャスト
八城夏子 小川亜佐美 神田橋満 本田博太郎

野球狂の詩

  • 1977年3月19日(土)公開
  • 出演(山井記者 役)

水島新司原作の同名劇画の映画化。女性投手・水原勇気と老投手・岩田鉄五郎を中心に笑いと涙とお色気を交えて描く。脚本は「肉欲の昼下り」の大工原正泰と「悶絶!! どんでん返し」の熊谷禄郎の共同、監督は「肉欲の昼下り」の加藤彰、撮影も同作の前田米造のそれぞれが担当。

監督
加藤彰
出演キャスト
木之内みどり 小池朝雄 桑山正一 五條博

悶絶!!どんでん返し

  • 1977年2月1日(火)公開
  • 出演(北山俊男 役)

第二回ロマン・ポルノシナリオ募集の入選作『あづき色の黄昏』の映画化。東大出のエリートが実はオカマという発想を基にくりひろげられる、さまざまな人間模様をユーモラスに描く。脚本は熊谷禄朗、監督は「濡れた欲情 ひらけ!チューリップ」の神代辰巳、撮影は「性処女 ひと夏の経験」の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
神代辰巳
出演キャスト
鶴岡修 遠藤征慈 粟津號 谷ナオミ
1976年

夕顔夫人

  • 1976年12月8日(水)公開
  • 出演(木崎幹夫 役)

サド・マゾ小説の大家団鬼六の代表作の映画化で、美しく雅やかな生花の家元が、嗜虐の魔手にかかって、SMの世界に落ちこんでいく姿を描く。脚本は「女囚101 性感地獄」の久保田圭司、監督は「四年三組のはた」の藤井克彦、撮影は「濡れた壷」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
藤井克彦
出演キャスト
谷ナオミ 宮井えりな 鶴岡修 渡辺とく子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鶴岡修