映画-Movie Walker > 人物を探す > 山下謙爾

年代別 映画作品( 1974年 ~ 1986年 まで合計13映画作品)

1986年

道(1986)

  • 1986年9月6日(土)公開
  • 美術

長距離トラックの中年運転手とドライブインで働く若いウェイトレスの悲しい愛を描く。セルジュ・グルッサール原作の「Dos gens sans importance(しがない人々)」の映画化で、56年に公開されたフランス映画「ヘッドライト」のリメイク。脚本は「花いちもんめ」の松田寛夫、監督は「春の鐘」の蔵原惟繕、撮影はかつての名コンビでベテランの間宮義雄がそれぞれ担当。主題歌は、フランソワーズ・アルディ(「道」)。

監督
蔵原惟繕
出演キャスト
仲代達矢 藤谷美和子 池内淳子 藤奈津子
1985年

花いちもんめ(1985)

  • 1985年10月10日(木)公開
  • 美術

ボケた祖父の世話がもとで亀裂を埋め、絆を深めていく一家族を描く。脚本は「序の舞」の松田寛夫、監督は「白蛇抄」の伊藤俊也、撮影は「燃える勇者」の井口勇がそれぞれ担当。

監督
伊藤俊也
出演キャスト
十朱幸代 西郷輝彦 野川由美子 中田喜子
1984年

北の螢

  • 1984年9月1日(土)公開
  • 美術

明治時代、北海道開拓の先兵として強制労働を強いられた囚人たちと彼らを収容する樺戸集治監の管理者たちとの血で血を洗う葛藤、そこに集まってきた女たちの愛憎を描く。監督は「陽暉楼」の五社英雄。脚本も同作の高田宏治、撮影は「序の舞」の森田富士郎が各々担当。また、阿久悠がスーパーバイザーとして企画の段階から総合的アドバイスをしている。

監督
五社英雄
出演キャスト
仲代達矢 岩下志麻 夏木マリ 中村れい子
1983年

陽暉楼

  • 1983年9月10日(土)公開
  • 美術

西日本一を誇る土佐の高知随一の遊興、社交の場、陽暉楼を舞台に、そこでくり拡げられる様々な人間模様を描く。宮尾登美子の同名小説の映画化で、脚本は「鬼龍院花子の生涯」の高田宏治、監督も同作の五社英雄、撮影は「伊賀忍法帖」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
五社英雄
出演キャスト
緒形拳 池上季実子 浅野温子 二宮さよ子
1982年

制覇(1982)

  • 1982年10月30日(土)公開
  • 美術

日本最大の暴力団の組長の病死で起こった実力者の後継者争いと、跡を継ぐことになった未亡人の姿を描く。脚本は「アゲインスト むかい風」の中島貞夫と西沢裕子の共同執筆、監督も中島貞夫、撮影は鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
三船敏郎 岡田茉莉子 高岡健二 中井貴恵
1981年

冒険者カミカゼ

  • 1981年11月7日(土)公開
  • 美術

大学の不正入学金を強奪、組織の追求をくぐり抜ける三人の男女の冒険を描く。脚本は「時の娘」の内藤誠、「蔵の中」の桂千穂、「さらば、わが友 実録大物死刑囚たち」の中島貞夫の共同執筆、監督は「従軍慰安婦」以来七年ぶりの鷹森立一、撮影は北坂清かそれぞれ担当。

監督
鷹森立一
出演キャスト
千葉真一 真田広之 秋吉久美子 あべ静江

仕掛人梅安

  • 1981年4月11日(土)公開
  • 美術

昼は善意な町の鍼医者、夜は金をもらって悪を消す仕掛人梅安の活躍を描く。池波正太郎の原作の映画化で、脚本は「ツィゴイネルワイゼン」の田中陽造と「影の軍団 服部半蔵」の志村正浩の共同執筆、監督は「本日ただいま誕生」の降旗康男、撮影は「赤穂城断絶」の宮島義勇がそれぞれ担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
萬屋錦之介 小川真由美 真行寺君枝 宮下順子
1980年

影の軍団 服部半蔵

  • 1980年2月23日(土)公開
  • 美術

徳川三代将軍・家光の急死による政情混乱を契機に、それぞれの野望を達成しようとする忍者たちの戦いを描く。脚本は「日本の黒幕」の高田宏治、「らしゃめん」の志村正浩と山田隆之の共同執筆、監督は「その後の仁義なき戦い」の工藤栄一、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。

監督
工藤栄一
出演キャスト
西郷輝彦 渡瀬恒彦 山村聡 三浦洋一
1977年

女獄門帖 引き裂かれた尼僧

  • 1977年4月8日(金)公開
  • 美術

島守俊夫原作の『女地獄獄門帖』から、駈け込み寺を舞台に、そこにうごめく女達の狂気の性を赤裸々に描く。脚本は「徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑」の志村正浩、監督は「毒婦お伝と首斬り浅」の牧口雄二、撮影は「大奥浮世風呂」の塚越堅二がそれぞれ担当。

監督
牧口雄二
出演キャスト
田島はるか ひろみ麻耶 芹田かおり 藤ひろ子

毒婦お伝と首斬り浅

  • 1977年1月22日(土)公開
  • 美術

貧しい農村に生まれたお伝は、明治維新の混乱の中、自分の欲望のまま生きることを決意し、銀行襲撃や、男を貪りつづけ、官憲の追跡の中で、その青春を燃えつくす、お伝とその仲間の姿を描く。脚本は「広島仁義 人質奪回作戦」の大津一郎、監督も同作の牧口雄二、撮影は「徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑」の勝木勝夫がそれぞれ担当。

監督
牧口雄二
出演キャスト
東てる美 橘由紀 広瀬義宣 汐路章
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 山下謙爾