映画-Movie Walker > 人物を探す > 多賀英典

年代別 映画作品( 1971年 ~ 2010年 まで合計38映画作品)

1988年

銀河英雄伝説 わが征くは星の大海

  • 1988年2月6日(土)公開
  • 製作

未来の銀河系を舞台に2つの国家の戦いと若き将軍の活躍を描くアニメーション。田中芳樹の同名小説の映画化で、脚本は「魔法のプリンセス ミンキーモモ 夢の中の輪舞」の首藤剛志が執筆。監督は「メガゾーン23」の石黒昇、撮影監督は「妖獣都市」の石川欽一がそれぞれ担当。

監督
石黒昇
出演キャスト
堀川亮 広中雅志 森功至 若本紀昭
1987年

ゴキブリたちの黄昏

  • 1987年公開
  • 製作

人間に忌み嫌われながらも逞しく生きるゴキブリたちの姿を、実写とアニメーションを合成しながら描く。脚本・監督はこれが第一回作品となる吉田博昭、撮影は三隅研次がそれぞれ担当。

監督
吉田博昭
出演キャスト
小林薫 烏丸せつこ 渡辺えり子 浅野温子
1986年

11人いる!

  • 1986年11月1日(土)公開
  • 製作

宇宙を舞台に10人の大学受験生の葛藤を描いたサスペンス・アニメ。萩尾望都原作の同名漫画のアニメ化で、脚本は今泉俊昭と小出一巳の共同執筆。監督は「巨人の星(1982)」の出崎哲と冨永恒雄がそれぞれ担当。主題歌は、川上進一郎(「僕のオネスティ」)。

監督
出崎哲 冨永恒雄
出演キャスト
神谷明 河合美智子 田中秀幸 古川登志夫

扉を開けて

  • 1986年11月1日(土)公開
  • 製作

超能力を持つ少女が異世界に引き込まれ、様々な人と出会い冒険をくぐり抜けながら成長していく様を描く。新井素子原作の同名小説の映画化で、脚本は小出一巳と出崎哲の共同執筆。監督は清水恵蔵がそれぞれ担当。

監督
清水恵蔵
出演キャスト
藤本恭子 井上和彦 佐藤政道 平野文

めぞん一刻

  • 1986年10月10日(金)公開
  • 製作

時計塔のある二階建てアパート、一刻館を舞台に若き未亡人の管理人と浪人生の恋を描く。週刊『ビッグコミックスピリッツ』に連載の高橋留美子原作の同名漫画の映画化で、脚本は「キャバレー」の田中陽造、監督は「早春物語」の澤井信一郎、撮影は「キャバレー」の仙元誠三がそれぞれ担当。主題歌は、ギルバート・オサリバン(「アローン・アゲイン」「ゲット・ダウン」)。

監督
澤井信一郎
出演キャスト
石原真理子 石黒賢 伊武雅刀 藤田弓子

プルシアンブルーの肖像

  • 1986年7月26日(土)公開
  • 監督、製作

夏休みの小学校を舞台に、次々と起こる不可解な現象を描く。松井五郎の原案をもとに「犬死にせしもの」の西岡琢也が脚本化。監督はこれが第一回作品となるプロデューサーの多賀英典、撮影は「まんだら屋の良太」の大岡新一がそれぞれ担当。主題歌は、安全地帯(「プルシアンブルーの肖像」)。

監督
多賀英典
出演キャスト
高橋かおり 玉置浩二 磯崎亜紀子 長尾豪二郎

うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー

  • 1986年2月22日(土)公開
  • 製作

普通の女の子になってしまったラムと共に、超常奇現象が続発する友引町の姿を描く「うる星やつら」シリーズの第4弾。週刊『少年サンデー』連載中の高橋留美子原作の同名漫画の映画化で、脚本は「Dr.SLUMP ドクタースランプ」の井上敏樹とやまざきかずおの共同執筆。監督は「うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ」のやまざきかずお、撮影は清水洋一がそれぞれ担当。

監督
やまざきかずお
出演キャスト
平野文 古川登志夫 神谷明 島津冴子

コミック雑誌なんかいらない!

  • 1986年2月1日(土)公開
  • 製作

聖子・正輝の結婚式、山口組と一和会の抗争、金の信用販売など85年の事件を追うテレビの人気突撃レポーターの姿を描く。脚本は「十階のモスキート」の内田裕也と高木功の共同、監督はピンク映画界の若手ホープと期待を集め、この作品が初の一般映画となる滝田洋二郎、撮影は志賀葉一がそれぞれ担当。

監督
滝田洋二郎
出演キャスト
内田裕也 渡辺えり子 麻生祐未 原田芳雄
1985年

うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ

  • 1985年1月26日(土)公開
  • 製作

ガラス玉に封じ込められた呪いに巻き込まれたラムの姿を描く「うる星やつら」シリーズ第三弾。週刊少年サンデー連載中の高橋留美子原作の同名漫画のアニメ化で、脚本は「プロ野球を10倍楽しく見る法・PART2」の金春智子、監督はこれが第一回作品で、前作で作画監督を担当したやまさきかずお、撮影は「カッくんカフェ」の若菜章夫がそれぞれ担当。

監督
やまざきかずお
出演キャスト
平野文 古川登志夫 神谷明 島津冴子
1984年

天国の駅

  • 1984年6月9日(土)公開
  • 音楽プロデューサー

二人の夫を殺し、戦後唯一人の女死刑囚として処刑された女の半生を描く。脚本は「空海」の早坂暁、監督は「パリの哀愁」の出目昌伸、撮影は「空海」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
出目昌伸
出演キャスト
吉永小百合 西田敏行 三浦友和 真行寺君枝
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 多賀英典