映画-Movie Walker > 人物を探す > スティーブン・トボロウスキー

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2004年 まで合計23映画作品)

2004年

ガーフィールド

  • 2004年10月1日(金)公開
  • 出演(Happy Chapman 役)

'78年の誕生以来、世界中で愛される人気コミックの主人公が、CG&実写になって登場。愛すべき食いしん坊ネコが“親友”イヌのピンチを救うべく奮闘する姿を描く。

監督
ピーター・ヒューイット
出演キャスト
Breckin Meyer ジェニファー・ラヴ・ヒューイット スティーブン・トボロウスキー ビル・マーレイ

フォーチュン・クッキー

  • 2004年5月1日(土)公開
  • 出演(Mr. Bates 役)

突然心と体が入れ替わってしまった母娘の一大騒動を描いた痛快コメディ。ベテラン、ジェイミー・リー・カーチスと、若手リンゼイ・ローハンの息の合った掛け合いが見ものだ。

監督
マーク・S・ウォーターズ
出演キャスト
ジェイミー・リー・カーティス リンゼイ・ローハン マーク・ハーモン ハロルド・グールド
2003年

アダプテーション

  • 2003年8月23日(土)公開
  • 出演(Ranger Steve Neely 役)

「マルコヴィッチの穴」のスタッフが放つユニークな人間ドラマ。脚本家チャーリー・カウフマンの実体験をもとにシナリオライターの受難を描く。虚実入りまじった展開が圧巻!

監督
スパイク・ジョーンズ
出演キャスト
ニコラス・ケイジ メリル・ストリープ クリス・クーパー ティルダ・スウィントン

カントリー・ベアーズ

  • 2003年4月26日(土)公開
  • 出演(Norbert Barrington 役)

ディズニーランドの人気アトラクションのキャラクターが活躍するミュージカル・コメディ。冒険の旅に出たクマの少年が仲間と友情を育て、家族のきずなを再確認する感動作。

監督
ピーター・ヘイスティング
出演キャスト
ハーレイ・ジョエル・オスメント ディードリック・ベイダー ブラッド・ギャレット トビー・ハス
2001年

メメント

  • 2001年11月3日(土)公開
  • 出演(Sammy Jankis 役)

米国でロングラン・ヒットを記録したサスペンス・ミステリー。物語の結末から始まりへと時間を逆行させた異色の構成で、10分間しか記憶が保てない男の復讐を描く。

監督
クリストファー・ノーラン
出演キャスト
ガイ・ピアース キャリー・アン・モス ジョー・パントリアーノ マーク・ブーン・Jr
1999年

ブラック・ドッグ

  • 1999年6月26日(土)公開
  • 出演(ATF Agent McClaren 役)

謎の積み荷をトラックで運ぶ仕事を引き受けた熱血漢と武装集団の戦いを描いたアクション活劇。監督は「パッセンジャー57」『脱獄者 手錠のままの逃走』(V)のケヴィン・フックス。脚本はウィリアム・ミケルベリーとダン・ヴィニング。製作は「砂の惑星」「デイライト」のラファエラ・デ・ラウレンティスと、ピーター・サファイア、マーク・W・コッチ。製作総指揮はメイス・ニューフェルド、ロバート・レーム、「フラッド」のゲーリー・レヴィンソンとマーク・ゴードン。撮影はバズ・フェイシャンズ4世。音楽は「オースティン・パワーズ」のジョージ・S・クリントン。美術はヴィクトリア・ポール。編集はデボラ=ニール・フィッシャー、サブリナ・プリスコ=モリス。衣裳はペギー・スタンパー。スタンド・コーディネーター&第2班監督は「スターシップ・トゥルーパーズ」のヴィック・アームストロング。SFX監修は「デイライト」のキット・ウェスト。出演は「3人のエンジェル」のパトリック・スウェイジ、「沈黙の断崖」のカントリー歌手のランディ・トラヴィス、「スパイス・ザ・ムービー」のロックシンガーのミートローフ、「L.A.」コンフィデンシャル」のグレアム・ベッケル、「ジキル博士はミス・ハイド」のスティーヴン・トボロウスキー、「ニック・オブ・タイム」のチャールズ・ダットンほか。

監督
ケヴィン・フックス
出演キャスト
パトリック・スウェイジ ランディ・トラヴィス ミート・ローフ ガブリエル・カシュース
1997年

Mr.マグー

  • 1997年当年公開
  • 出演(Agent Chuck Stupak 役)

60年代に人気を博したディズニー製作のドタバタコメディ「Mr.マグー」の実写版リメイク。監督は「ファイナル・プロジェクト」のスタンリー・トン。脚本はパット・プロフトとトム・シェロマン。撮影は「レッド・ブロンクス」のジングル・マー。音楽はマイケル・タヴェラ。出演は「裸の銃を持つ男」シリーズのレスリー・ニールセン、「ヘブンズ・プリズナー」のケリー・リンチ、「野獣教師」のアーニー・ハドソン、「ジキル博士はミス・ハイド」のスティーヴン・トボロウスキーほか、「ロボコップ」のミゲル・フェラー、「ヒューゴ・プール」のマルコム・マクドウェルが特別出演。

監督
スタンリー・トン
出演キャスト
レスリー・ニールセン ケリー・リンチ アーニー・ハドソン スティーブン・トボロウスキー

グリマーマン

  • 1997年1月18日(土)公開
  • 出演(Christopher Maynard 役)

猟奇連続殺人事件に端を発した陰謀に挑む刑事の活躍を描いたアクション映画。「暴走特急」「エグゼクティブ デシジョン」のスティーヴン・セガールが自身の原点である刑事アクションに久々に復帰し、生身の肉体を駆使した豪快な立ち回りを演じている。監督は「ケイティ」のジョン・グレイ。脚本は、これが初めての映画となるケヴィン・ブロドビン。製作総指揮は「ボディ・ターゲット」のマイケル・ラシュミル、撮影は「ベビーシッター」のリック・ボタ、音楽はロックグループ、イエスに在籍した「フェア・ゲーム」のトレヴァー・ラビン、美術は「フリントストーン モダン石器時代」のウィリアム・サンデル、編集は「がんばれ!ルーキー」のドン・キャンバーンが担当。共演は『ダーティ・シェイム』(V)のキーナン・アイヴォリー・ウェイアンズ、「ショーシャンクの空に」のボブ・ガントン、「ブレイブハート」のブライアン・コックス、「遙かなる大地へ」のミッシェル・ジョンソン、「パーフェクト・ワールド」のジョン・M・ジャクソン、「恋はデジャ・ブ」のスティーヴン・トロボウスキーほか。

監督
ジョン・グレイ
出演キャスト
スティーヴン・セガール キーナン・アイヴォリー・ウェイアンズ ボブ・ガントン ブライアン・コックス
1996年

ジキル博士はミス・ハイド

  • 1996年3月23日(土)公開
  • 出演(Oliver Mintz 役)

さえない科学者が美しき悪女に変身して大騒動を繰り広げるコメディ。監督はデイヴィッド・プライス。二重人格を描いたスティーヴンソンの名作『ジキル博士とハイド氏』(邦訳・新朝文庫など)を下敷きにしたプライスの原案を基に、脚本をティム・ジョン、オリヴァー・ブッチャー、ウィリアム・デイヴィス、ウィリアム・オズボーンが執筆。製作はロバート・シャピロ、ジェリー・レイダー、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・モリッシー、撮影はトム・プリーストリー・ジュニア、音楽はマーク・マッケンジー、美術はグレゴリー・メルトン、編集はトム・ロンバルド、衣裳はモリー・マクギネス、特殊メイクはケヴィン・イェーガーがそれぞれ担当。主演は「追いつめられて」「エース・ベンチュラ」のショーン・ヤング。共演はティム・デイリー、「ワンダフル・ファミリー ベイビー・トーク3」のリセット・アンソニー、「ウェドロック」のスティーブン・トボロウスキー、「クライ・ベイビー」のポリー・バーゲンほか。

監督
デイヴィッド・プライス
出演キャスト
ショーン・ヤング ティム・デイリー リゼット・アントニー スティーブン・トボロウスキー
1995年

告発

  • 1995年4月22日(土)公開
  • 出演(Mr. Henkin 役)

悪名高きアルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ実際の事件に基づき、若き弁護士と囚人の友情を描いたヒューマン・ドラマ。「パッセンジャー57」「ワイアット・アープ」のダン・ゴードンのオリジナル脚本を、「ハートブレイク・タウン」のマーク・ロッコが監督。製作はマーク・フリードマンとマーク・ウォルパー、エグゼクティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・L・ウォルパーとマーク・ロッコ。撮影は「みんな愛してる」のフレッド・マーフィー、音楽はクリストファー・ヤングが担当。主演は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のクリスチャン・スレイターと、「激流」のケヴィン・ベーコン。「レオン」のゲイリー・オールドマン、「シンドラーのリスト」のエンベス・デイヴィッツ、「薔薇の素顔」のブラッド・ダリフ、「愛が微笑む時」のキーラ・セジウィックらが脇を固めるほか、実在のキャメラマン、マイク・ケリーに世界的に著名な写真家ハーブ・リッツが扮して特別出演。

監督
マーク・ロッコ
出演キャスト
クリスチャン・スレーター ケヴィン・ベーコン ゲイリー・オールドマン エンベス・デイヴィッツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スティーブン・トボロウスキー