映画-Movie Walker > 人物を探す > 原田大二郎

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2019年 まで合計58映画作品)

1974年

青春の海(1974)

  • 1974年9月21日(土)公開
  • 出演(水野克巳 役)

純粋な生き方を求め続ける二人の若者が、現実の社会と大人たちに勢いっぱい反抗しながらも、最後には追いつめられて心中してしまうまでを描いた青春映画。原作は富島健夫の『おとなは知らない』と『青春の海』。脚本は野口渓、監督は脚本も執筆している岡本愛彦、撮影は奥村祐治がそれぞれ担当。

監督
岡本愛彦
出演キャスト
春川ますみ 青木英美 島早苗 高梨有希子
1972年

脱出(1972・日本)

  • 1972年公開
  • 出演(高梨降一 役)

殺人犯のハーフを日本から脱出させようと試みる五人の若者達、果して彼らの真意は何か?脚本は、岡田文亮と「銭ゲバ」の和田嘉訓。監督も同じく和田嘉訓、撮影は「日本一のショック男」の鷲尾馨がそれぞれ担当。東宝系での公開予定であったが諸事情により公開されなかった。

監督
和田嘉訓
出演キャスト
ピート・マック・ジュニア フラワー・メグ 荒木一郎 林ゆたか

讃歌

  • 1972年12月29日(金)公開
  • 出演(利太郎 役)

谷崎潤一郎原作の「春琴抄」の映画化で、従えようとする少女と、従おうとする少年との“掠奪”と“献身”のすさまじい葛藤、そして、それはやがて常識の域をふみこえた美的恍惚の世界へと広がっていく。脚本・監督は「鉄輪」の新藤兼人撮影は「忍ぶ川」の黒田清巳がそれぞれ担当。

監督
新藤兼人
出演キャスト
渡辺督子 河原崎次郎 乙羽信子 武智鉄二

鉄輪

  • 1972年4月22日(土)公開
  • 出演(ボーイ 役)

能狂言「鉄輪」と、同じ人物設定の現代劇によるオリジナルシナリオとを並列構成して、嫉妬の執念を追究する。脚本・監督は「裸の十九才」の新藤兼人。撮影も同作の黒田清巳。

監督
新藤兼人
出演キャスト
乙羽信子 観世栄夫 フラワー・メグ 中村門
1971年

喜劇 花嫁戦争

  • 1971年10月30日(土)公開
  • 出演(里見明 役)

「内海の輪」の斎藤耕一監督が初めてとり組むコメディー。脚本は「喜劇 男の顔は人生よ」の山崎巌と斎藤耕一。撮影は「旅路 おふくろさんより」の堂脇博がそれぞれ担当。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
和田アキ子 武原英子 原田大二郎 古今亭志ん朝
1970年

裸の十九才

  • 1970年10月31日公開
  • 出演(山田道夫 役)

地方から上京した少年が大都会の非情なメカニズムの車輪に巻きこまれ、次第に脱落し、ふとしたはずみで殺人を犯すという事件を素材にした、近代映協創立二十周年記念映画。脚本は「かげろう」の関功と松田昭三、監督は脚本にも参加している「かげろう」の新藤兼人、撮影は同作の黒田清巳がそれぞれ担当。

監督
新藤兼人
出演キャスト
原田大二郎 乙羽信子 吉岡ゆり 厳波郎

橋のない川 第二部(1970)

  • 1970年4月25日公開
  • 出演(秀昭 役)

「日本暗黒史 情無用」の佐治乾と今井正が脚本を共同執筆、第一部についで今井正が監督した文芸作品。撮影は今井監督とコンビの中尾駿一郎が担当。

監督
今井正
出演キャスト
北林谷栄 長山藍子 丸山持久 山本聡

エロス+虐殺

  • 1970年3月14日公開
  • 出演(和田究 役)

「さらば夏の光」に引き続き、山田正弘と吉田喜重が脚本を共同執筆し、吉田喜重が監督した愛と憎しみの人間ドラマ。現代音楽の一柳慧が担当。

監督
吉田喜重
出演キャスト
岡田茉莉子 細川俊之 楠侑子 高橋悦史
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 原田大二郎