映画-Movie Walker > 人物を探す > 地井武男

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2013年 まで合計73映画作品)

1977年

新宿酔いどれ番地 人斬り鉄

  • 1977年4月8日(金)
  • 出演(竹内俊光 役)

新宿と基地の町・福生を中心に、組織に牙をむくはみだしヤクザの凄絶な生きざまを描く。脚本は「横浜暗黒街 マシンガンの竜」の松田寛夫と「武闘拳 猛虎激殺!」の掛礼昌裕と「東京ディープスロート夫人」の小平裕の共同、監督は「新女囚さそり 701号」の小平裕、撮影は「河内のオッサンの唄」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
小平裕
出演キャスト
菅原文太 生田悦子 青木義朗 ジョージ高野

北陸代理戦争

  • 1977年2月26日(土)
  • 出演(仲井隆士 役)

実録やくざ路線で初めて、雪と寒風の吹く北陸を舞台に、中央のやくざの進略に対して、地のやくざの対抗を描く。脚本は「やくざ戦争 日本の首領」の高田宏治、監督は「やくざの墓場 くちなしの花」の深作欣二、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
松方弘樹 野川由美子 地井武男 高橋洋子

やくざ戦争 日本の首領

  • 1977年1月22日(土)
  • 出演(川端 役)

全国制覇を目指す暴力団・中島組。政界・財界・右翼の大物とコネをつけ、組織強化を計る半面、二人の娘に手を焼く父親でもある組織の首領を描く。脚本は「沖縄やくざ戦争」の高田宏治、監督も同作の中島貞夫、撮影は「夜明けの旗 松本治一郎伝」の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
鶴田浩二 林彰太郎 小田部通麿 野口貴史
1976年

大空のサムライ

  • 1976年10月2日(土)
  • 出演(滝一飛曹 役)

第二次大戦中、大空に自らの意地を燃やし、戦うために生きぬいた撃墜王を描いた戦争映画。原作は坂井三郎の同名の自伝。脚本は須崎勝弥、監督は「商魂一代 天下の暴れん坊」の丸山誠治、撮影は「東京湾炎上」の西垣六郎がそれぞれ担当。

監督
丸山誠治
出演キャスト
藤岡弘、 志垣太郎 伊藤敏孝 島田順司

広島仁義 人質奪回作戦

  • 1976年12月4日(土)
  • 出演(柏木保 役)

虚弱な連合体を辛うじて守り抜こうとする兄貴分と、典型的な広島やくざの弟分の殺し合いを、企業を餌食にする現代やくざの実態を背景に描く。脚本は「女必殺五段拳」の松本功と「徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑」の大津一郎の共作、監督は同じ「徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑」の牧口雄二、撮影は「沖縄やくざ戦争」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
牧口雄二
出演キャスト
松方弘樹 中島ゆたか 佐藤友美 三上真一郎

犬神家の一族(1976)

  • 1976年11月13日(土)
  • 出演(犬神佐武(竹子の息子) 役)

名探偵金田一耕肋を主人公にした横溝正史の同名小説の映画化で、湖畔にそびえる犬神邸に次々と発生する怪奇な連続殺人事件に挑む金田一耕肋の活躍を描く。脚本は「反逆の旅」の長田紀生と日高真也、市川崑の共同、監督は「妻と女の間」の市川崑、撮影は同じ「妻と女の間」の長谷川清がそれぞれ担当。

監督
市川崑
出演キャスト
石坂浩二 高峰三枝子 三條美紀 草笛光子

青春の殺人者

  • 1976年10月23日(土)
  • 出演(日高 役)

一九六九年十月三十日、千葉県市原市で実際に起こった事件に取材した芥川賞作家中上健次の小説『蛇淫』をもとに、両親を殺害した一青年の理由なき殺人を通して、現代の青春像を描き上げる。脚本は元創造社のメンバーの一人で、作家に転向以来五年ぶりに脚本を執筆した田村孟、監督はこれが第一回監督作品の長谷川和彦、撮影は「祭りの準備」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
長谷川和彦
出演キャスト
水谷豊 内田良平 市原悦子 原田美枝子

沖縄やくざ戦争

  • 1976年9月4日(土)
  • 出演(石川隆信 役)

本土復帰を翌年に控えた沖縄を舞台に、沖縄やくざ組織の凄惨な内部抗争と、沖縄やくざ対本土系暴力団の血みどろな戦いを、ドキュメンタルに描くハード・アクション篇。脚本は「新仁義なき戦い 組長最後の日」の高田宏治と「ウルフガイ 燃えろ狼男」の神波史男の共同、監督は「狂った野獣」の中島貞夫、撮影は「ラグビー野郎」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
松方弘樹 渡瀬恒彦 千葉真一 地井武男

新仁義なき戦い 組長最後の日

  • 1976年4月24日(土)
  • 出演(寒川松蔵 役)

“仁義なき戦い”シリーズ8作目。暴力団の抗争の中で常に上部組織に泣かされる弱小組織の男が、組長の命を狙い続ける執念を描いたアクション映画。脚本は「愉快な極道」の高田宏治、監督は「暴走パニック・大激突」の深作欣二、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
菅原文太 和田浩治 松原智恵子 桜木健一
1975年

阿寒に果つ

  • 1975年6月21日(土)
  • 出演(殿村知之 役)

恋に芸術に行きづまり十八年の短い一生に自ら終止符を打った少女を描いた渡辺淳一の同名小説の映画化。脚本は「はだしの青春」の石森史郎と、岡田正代、監督は「白鳥の歌なんか聞えない」の渡辺邦彦、撮影は木村大作がそれぞれ担当。

監督
渡辺邦彦
出演キャスト
五十嵐淳子 三浦友和 福田善之 大出俊

関連ニュース

地井武男が『かぐや姫の物語』で翁役を好演
地井武男、遺作『かぐや姫の物語』の名脇役が秀逸! 2013年11月22日 11:00

高畑勲監督作『かぐや姫の物語』が、いよいよ今週末11月23日(土)から公開される。本作では、かぐや姫役の朝倉あきをはじめ、声優陣の生き生きとした声の演技のハーモニーが見事である。特に、声を先に録音して画を描くプレスコだか…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
スキャンダル
スキャンダル

2016年に実際に起きたスキャンダルの裏側を描いたシャーリーズ・セロン主演の物語

1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

チャーリーズ・エンジェル
チャーリーズ・エンジェル

2000年、2003年に公開されたアクションシリーズの出演者を一新したリブート版

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 地井武男