映画-Movie Walker > 人物を探す > ブランコ・ラスティグ

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2008年 まで合計9映画作品)

2008年

アメリカン・ギャングスター

  • 2008年2月1日(金)公開
  • 製作総指揮

麻薬王と捜査官の息詰まる実話を、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウの名優共演で贈る犯罪サスペンス。「グラディエーター」でクロウと組んだリドリー・スコット監督作。

監督
リドリー・スコット
出演キャスト
デンゼル・ワシントン ラッセル・クロウ キウェテル・イジョフォー キューバ・グッディング・ジュニア
2007年

プロヴァンスの贈りもの

  • 2007年8月4日(土)公開
  • 製作総指揮

「グラディエーター」でアカデミー賞作品賞&主演男優賞を獲得した、監督リドリー・スコット&主演ラッセル・クロウの最新作。南仏の田舎町で出会った大人の男女の恋物語。

監督
リドリー・スコット
出演キャスト
ラッセル・クロウ マリオン・コティヤール アルバート・フィニー フレディ・ハイモア
2005年

キングダム・オブ・ヘブン

  • 2005年5月14日(土)公開
  • 製作総指揮

「グラディエーター」の巨匠、リドリー・スコット&オーランド・ブルーム主演による歴史大作。中世ヨーロッパの十字軍遠征を背景に、ある青年の波乱に満ちた愛と闘いを描出。

監督
リドリー・スコット
出演キャスト
オーランド・ブルーム エヴァ・グリーン ジェレミー・アイアンズ ブレンダン・グリーソン
2002年

ブラックホーク・ダウン

  • 2002年3月30日(土)公開
  • 製作総指揮

実際にソマリアで起こった15時間に及ぶ壮絶な激闘を、映像派監督リドリー・スコットが映画化。敵地に取り残された兵士たちの姿を、圧倒的な臨場感で描き出す戦争映画だ。

監督
リドリー・スコット
出演キャスト
ジョシュ・ハートネット ユアン・マクレガー トム・サイズモア エリック・バナ
2001年

ハンニバル

  • 2001年4月7日(土)公開
  • 製作総指揮

アカデミー作品賞に輝いた「羊たちの沈黙」の続編がついに完成。FBI捜査官クラリスと殺人鬼レクター博士との奇妙な関係を、ショッキングな見せ場満載で描く衝撃作。

監督
リドリー・スコット
出演キャスト
アンソニー・ホプキンス ジュリアン・ムーア レイ・リオッタ フランキー・フェイゾン
2000年

グラディエーター

  • 2000年6月7日(水)公開
  • 製作

 「インサイダー」の一般市民役から一転、戦士マキシマス役に挑んだ演技派R・クロウ。剣や格闘のハードな立ちまわりがキャストの熱演と相まって強烈な印象を残す。

監督
リドリー・スコット
出演キャスト
ラッセル・クロウ ホアキン・フェニックス コニー・ニールセン オリヴァー・リード
1998年

ピースメーカー

  • 1998年1月15日(木)公開
  • 製作

消えた核の行方を巡り、世界的な規模で展開するハイテク・サスペンスアクション。監督のスティーヴン・スピルバーグ、パラマウント映画やタッチストーン・ピクチャーズ出身のプロデューサーのジェフリー・カッツェンバーグ、ゲフィン・レコードの代表であるデイヴィッド・ゲフィンの3人が共同で設立して話題を呼んだエンターテイメントの総合会社、ドリームワークスKSG社(3人のイニシャル)の第1回映画作品。監督にはTVドラマ『ER 緊急救命室』の女性監督ミミ・レダーが抜擢され、劇場用長編映画のデビューを飾った。米国のジャーナリスト、アンドリューとレスリーのコクバーン夫妻の旧ソ連における核燃料物質の密輸に関する取材に基づき、「クリムゾン・タイド」のマイケル・シーファーが脚本を執筆。製作は「ツイスター」「メン・イン・ブラック」のウォルター・パークスと「シンドラーのリスト」のブランコ・ラスティグ。製作総指揮は「ツイスター」「メン・イン・ブラック」のローリー・マクドナルドと「わが街」「ワイアット・アープ」のマイケル・グリロ。ニューヨーク、スロヴァキア、マケドニアとスケールの大きなロケをこなした撮影は「ザ・マシーン 私の中の殺人者」のディートリッヒ・ローマン、音楽は「ザ・ロック」のハンス・ジマー、美術は「キルトに綴る愛」のレスリー・ディレイ、編集はデイヴィッド・ローゼンブルーム、衣裳は「マイ・ガール2」のシェリー・コマロフが担当。主演は「素晴らしき日」『ER』のジョージ・クルーニーと「ある貴婦人の肖像」のニコール・キッドマン。共演は「シャイン」のアーミン・ミューラー=スタール、「ミッション:インポッシブル」のマーセル・ユーレス、「ハイヤー・ラーニング」のランドール・バティンコフ、ロシアの演劇界で活躍するアレクサンダー・バルエフ、同じくクロアチア演劇界で活躍するレネ・メドヴェセクほか国際色豊かな顔ぶれ。

監督
ミミ・レダー
出演キャスト
ジョージ・クルーニー ニコール・キッドマン マーセル・ユーレス アレクサンダー・バリュー
1994年

シンドラーのリスト

  • 1994年2月26日(土)公開
  • 製作

第二次大戦下、1200人のユダヤ人をナチスの虐殺から救った実在のドイツ人実業家の姿を、ドキュメンタリー・タッチで描いた大作。第66回アカデミー賞では最優秀作品賞・監督賞ほか、7部門を受賞した。トマス・キニーリーの同名ノンフィクション小説を「レナードの朝」のスティーヴン・ザイリアンが脚色し、「ジュラシック・パーク」のスティーヴン・スピルバーグが映画化。製作はスピルバーク、「ジュラシック・パーク」のジェラルド・R・モーレン、「ソフィーの選択」でプロダクション・デザイナーを務めたブランコ・ラスティグの共同。エグゼクティヴ・プロディーサーは、スピルバーグ作品のほとんどを手がけているキャスリーン・ケネディ、撮影はヤヌス・カミンスキー。音楽は、監督とは14度目のコンビとなるジョン・ウィリアムス(2)。主演は「ダークマン」のリーアム・ニーソン。共演は「ボビー・フィッシャーを探して」のベン・キングスレイ、「嵐が丘」(92)のレイフ・ファインズら。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
リーアム・ニーソン ベン・キングズレー レイフ・ファインズ キャロライン・グッドール
1992年

ウェドロック

  • 1992年2月22日(土)公開
  • 製作

ウェドロック(爆弾付き電子首輪)でリンクされた宝石泥棒と女囚の脱獄行と、宝石を狙って群がる悪党の暗躍を描く近未来アクション。監督は「ネイビー・シールズ」のルイス・ティーグ、製作はブランコ・ラスティグ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「女と男の名誉」のフレデリック・S・ピアス、脚本はブロデリック・ミラー、撮影はファスビンダー作品で知られるディートリッヒ・ローマン、音楽はリチャード・ギブスが担当。

監督
ルイス・ティーグ
出演キャスト
ルトガー・ハウアー ミミ・ロジャース ジョアン・チェン ジェームズ・レマー

関連ニュース

ラッセル・クロウ、深夜電話でプロデューサーに「ぶっ殺すぞ」
ラッセル・クロウ、深夜電話でプロデューサーに「ぶっ殺すぞ」(2010年4月29日)

ニコール・ラポルト著の、ドリームワークス社の内幕を描く暴露本「The Men Who Would Be King: An Almost Epic Tale of…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブランコ・ラスティグ