映画-Movie Walker > 人物を探す > 木村誠作

年代別 映画作品( 1974年 ~ 1993年 まで合計70映画作品)

1993年

ちぎれた愛の殺人

  • 1993年6月26日(土)公開
  • 照明

謎めいた大学教授と、猟奇殺人事件の犯人を追う女刑事との葛藤を軸に、ミステリアスな物語を描くサイコ・サスペンス。「天使のはらわた 赤い淫画」「魔性の香り」に続いて三作目のコンビとなる監督・池田敏春、脚本・石井隆作品で、石井作品では馴染みの深い村木、名美といったキャラクターが新たな色彩で登場。撮影は「くれないものがたり」の田口晴久が担当。スーパー16ミリ。

監督
池田敏春
出演キャスト
佐野史郎 横山めぐみ 余貴美子 山田辰夫
1992年

くれないものがたり

  • 1992年6月13日(土)公開
  • 照明

紅葉の古都・京都を舞台に、業を背負いながら堕ちていく男と女の姿を描く。赤江瀑原作『千夜恋草』の映画化で、脚本・監督は「MISTY(1991)」の池田敏春(脚本の竹橋民也は池田のペンネーム)。撮影は田口晴久がそれぞれ担当。

監督
池田敏春
出演キャスト
竹井みどり 三上祐一 佐野史郎 寺田農
1991年

仔鹿物語(1991)

  • 1991年当年公開
  • 照明

北海道の大自然を背景に少年と仔鹿との交流を感動的に描くドラマ。脚本・監督は「月光仮面(1981)」の沢田幸弘。共同脚本は勝目貴久。撮影は「敦煌」の椎塚彰がそれぞれ担当。

監督
沢田幸弘
出演キャスト
三浦友和 金沢碧 山田哲平 大西史子
1988年

妖女伝説’88

  • 1988年9月23日(金)公開
  • 照明

ファミコンの天才青年が霊界の美女と交信、愛を知るとともに殺人事件に巻き込まれていくさまを描く。脚本は佐治乾が執筆。監督は「蕾の眺め」の田中登、撮影は「不可思議物語 FANTASTIC_COLLECTION」(「都死生活カタログ」「家庭」)の大岡新一がそれぞれ担当。

監督
田中登
出演キャスト
沖直美 斉藤隆治 黒木永子 米山善吉
1987年

待ち濡れた女

  • 1987年12月19日(土)公開
  • 照明

台風が近づいた日に、別れた夫から突然復縁を迫られ揺れ動く女の心理を描く。高橋揆一郎の原作「雨ごもり」の映画化で、脚本は「恋人たちの時刻」の荒井晴彦が執筆。監督は「美姉妹・喘ぐ」の上垣保朗、撮影は「子象物語 地上に降りた天使」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
上垣保朗
出演キャスト
中村晃子 高橋長英 浅野なつみ 柄沢次郎

嵯峨野の宿

  • 1987年8月8日(土)公開
  • 照明

申友子あるパトロンとミステリアスな青年の間で、揺れ動く女流人形作家の想いを描く。加堂秀三原作の同名小説の映画化で、監督はこれが第一回作品となり脚本も執筆している島宏、撮影は「母娘監禁 牝 〈めす〉」の鈴木耕一が担当。

監督
島宏
出演キャスト
三原じゅん子 金田賢一 江原真二郎 木村元

団鬼六 生贄姉妹

  • 1987年4月28日(火)公開
  • 照明

監督
西村昭五郎
出演キャスト
小川美奈子 松本美幸 水木薫 下元史朗
1986年

ボクの女に手を出すな

  • 1986年12月13日(土)公開
  • 照明

みなし児のツッパリ娘が大富豪のお坊ちゃまの家庭教師をすることになり、誘拐事件に巻き込まれていく姿を描く。桑原譲太郎原作の同名小説の映画化で、脚本は「制服百合族 悪い遊び」の斉藤博と中原俊の共同執筆。監督は「イヴちゃんの花びら」の中原俊、撮影は「部長の愛人 ピンクのストッキング」の鈴木耕一がそれぞれ担当。

監督
中原俊
出演キャスト
小泉今日子 石橋凌 河原崎次郎 金子美香

ウホッホ探険隊

  • 1986年10月18日(土)公開
  • 照明

夫婦が離婚するまでをユニークに描いたホームドラマ。干刈あがた原作の同名小説の映画化で、脚本は「そろばんずく」の森田芳光、監督は「ひとひらの雪」の根岸吉太郎、撮影は丸池納がそれぞれ担当。

監督
根岸吉太郎
出演キャスト
十朱幸代 田中邦衛 村上雅俊 本山真二

蕾の眺め

  • 1986年4月26日(土)公開
  • 照明

乳首が陥没したストリッパーと彼女の舞台を追い続ける元小学俊の教師の姿を描く。原作・脚本は初めて成人映画を手掛けた「夢千代日記」の早坂暁、監督は「丑三つの村」の田中登、撮影は「女医肉奴隷」の森勝がそれぞれ担当。

監督
田中登
出演キャスト
今陽子 平田満 佐藤浩市 加藤嘉
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 木村誠作