映画-Movie Walker > 人物を探す > 赤座美代子

年代別 映画作品( 1967年 ~ 2017年 まで合計63映画作品)

2017年

キセキの葉書

  • 2017年11月4日(土)公開
  • 出演

実話に基づくヒューマンドラマ。兵庫で障害児の娘を育てている美幸。郷里・大分の母が認知症と鬱を併発させるが、帰郷できない美幸は、気持ちの明るくなるハガキを毎日母に送ろうと思いつく。主演の鈴木紗理奈がマドリード国際映画祭最優秀主演女優賞を受賞。監督は、「邂逅 KAIKOU」のジャッキー・ウー。2017年8月19日より東大阪・布施ラインシネマにて先行上映。

監督
ジャッキー・ウー
出演キャスト
鈴木紗理奈 申芳夫 八日市屋天満 福冨慶士郎
2009年

私のなかの8ミリ

  • 2009年4月4日(土)公開
  • 出演

実力派俳優・大鶴義丹が、監督と脚本を手がけたロードムービー。亡き元恋人の墓参りをすべく、彼の故郷を目指してバイクで旅をする女性の姿を詩的に映し出す。

監督
大鶴義丹
出演キャスト
岡田理江 高杉瑞穂 長谷川初範 星野園美
2004年

理由

  • 2004年12月18日(土)公開
  • 出演(小糸貴子 役)

宮部みゆきの直木賞受賞作を、名匠・大林宣彦が映像化。超高層マンションで起きた殺人事件の真実を、107名にも及ぶ登場人物の証言を交えて解き明かす。

監督
大林宣彦
出演キャスト
柄本明 渡辺えり子 真鍋卓也 菅井きん

恋人はスナイパー 劇場版

  • 2004年4月17日(土)公開
  • 出演(円道寺美智 役)

内村光良&水野美紀の共演で人気を博したテレビドラマの劇場版。テロ組織に立ち向かう天才狙撃手と女刑事の活躍を描く。映画版ならではの豪快なアクションに圧倒される。

監督
六車俊治
出演キャスト
内村光良 水野美紀 阿部寛 中村獅童
1998年

SADA

  • 1998年4月11日(土)公開
  • 出演(阿部いと 役)

昭和11年、愛した男の性器を切断するという事件を起こして世間を騒がせた阿部定の半生を綴る人間ドラマ。監督は「三毛猫ホームズの推理」の大林宣彦。脚本は、自らの原作を基に執筆した西澤裕子。撮影を「良寛」の坂本典隆が担当している。主演は、「失楽園」の黒木瞳と「でべそ」の片岡鶴太郎。第48回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞受賞作品。

監督
大林宣彦
出演キャスト
黒木瞳 片岡鶴太郎 椎名桔平 ベンガル
1997年

陽炎3

  • 1997年3月29日(土)公開
  • 出演(お元 役)

瀬戸内海の小さな港町で対立するふたつの組の抗争に巻き込まれた女胴師の活躍を描いたアクション・シリーズの第3弾。監督は「卍舞III」の吉田啓一郎。脚本を田村恵、撮影を浜名彰が担当している。主演は「義務と演技」の高島礼子。

監督
吉田啓一郎
出演キャスト
高島礼子 深水三章 梨本謙次郎 長門裕之
1996年

KISS ME

  • 1996年6月8日(土)公開
  • 出演(男の昔の恋人 役)

危険な逃避行をともにすることになった殺し屋と女との刹那的な愛を描く、ハードボイルド・タッチのラブ・ストーリー。監督は「ポップコーンLOVE」(第1話/プライベートコールガール)の矢野広成。脚本は「突然炎のごとく」の木田紀生。撮影は「極道の姐・玲子」の伊藤昭裕。主演は「Zの回路 復讐の裏ゴト師」の藤竜也と、ポスト夏目雅子として注目を集めこれが映画デビューとなった山口香緒里がつとめている。

監督
矢野広成
出演キャスト
藤竜也 山口香緒里 重村佳史 川地民夫

美味しんぼ

  • 1996年4月13日(土)公開
  • 出演(料亭「花山」女将 役)

新聞社の企画による“究極のメニュー”をめぐり、疎遠になっていた父子の対立を描くドラマ。監督は「釣りバカ日誌S」の森崎東。原作は現在のグルメブームの火つけ役にもなった、雁屋哲と花咲アキラによる同名のベストセラー・コミック。脚本は「走らなあかん 夜明けまで」の丸内敏治と「サラリーマン専科」の梶原政男。撮影は「裏ゴト師」の東原三郎が担当している。主演は初の共演が話題となった三國連太郎・佐藤浩市父子と、「人でなしの恋」の羽田美智子。

監督
森崎東
出演キャスト
三國連太郎 佐藤浩市 羽田美智子 遠山景織子
1994年

東雲楼・女の乱

  • 1994年10月1日(土)公開
  • 出演(芸者置屋の女将 役)

明治末、日本有数の廓として栄えた熊本“東雲楼”を舞台に展開する、女たちの愛と復讐を描く文芸大作。監督は「ダンプ渡り鳥」(81)以来の東映作品となる「のぞみ・ウィッチィズ」の関本郁夫。脚本は「新・極道の妻たち 惚れたら地獄」の松田寛夫、撮影は「RAMPO 黛監督版」の森田富士郎が担当。

監督
関本郁夫
出演キャスト
かたせ梨乃 斉藤慶子 南野陽子 鳥越マリ
1993年

はるか、ノスタルジィ

  • 1993年2月20日(土)公開
  • 出演(娼家の女 役)

青春時代を過ごした小樽を訪れた作家と彼に町を案内する少女が、作家の本名を名乗る不思議な少年に導かれて、痛ましい青春の記憶を再生させていくドラマ。「転校生」「さびしんぼう」に続く原作・山中恒、監督・大林宣彦のコンビの第三作で、山中が故郷・小樽を舞台に書き下ろした作品を大林自身が脚色、大林ファンタジーの集大成的な作品になっている。先に公開された「青春デンデケデケデケ」の前に撮影された作品で、「ふたり」に続いて石田ひかりが主演、少女・はるかと、三好遥子の二役に挑んでいる。友情出演として多岐川裕美、石田ゆり子、入江若葉、岩松了ほか多くのゲストが顔を出している。小樽・札幌・大阪などでは九二年に先行公開された。

監督
大林宣彦
出演キャスト
勝野洋 石田ひかり 松田洋治 尾美としのり
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 赤座美代子