映画-Movie Walker > 人物を探す > 古尾谷雅人

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2003年 まで合計55映画作品)

1983年

丑三つの村

  • 1983年1月15日(土)公開
  • 出演(犬丸継男 役)

村一番の秀才として人人から尊敬されていた青年が結核と診断され、のけ者にされた怒りに無差別殺戮に走るまでを描く。西村望の同名の小説を映画化したもので、脚本は「恥辱の部屋」の西岡琢也、監督は「もっと激しくもっとつよく」の田中登、撮影は「北斎漫画」の丸山恵司がそれぞれ担当。

監督
田中登
出演キャスト
古尾谷雅人 田中美佐子 池波志乃 原泉
1982年

凶弾(1982)

  • 1982年9月15日(水)公開
  • 出演(沼田昭彦 役)

少年院出身ということで蔑視され続けた青年がシージャック事件を起こし、狙撃されるまでを描く。瀬戸内海で起きた事件をもとにした福田洋の同名小説の映画化で、脚本は「銀河鉄道999」の石森史郎、北村彰、押川国秋の共同執筆、監督は「獣たちの熱い眠り」の村川透、撮影は「魔性の夏 四谷怪談より」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
村川透
出演キャスト
石原良純 古尾谷雅人 秋吉久美子 高樹澪

九月の冗談クラブバンド

  • 1982年6月5日(土)公開
  • 出演(モロ 役)

走ることを止めた元暴走族のリーダーと、彼をとりまく昔の仲間たちの青春群像を描く。脚本は江浜寛と、8ミリ出身で、この作品で劇場用映画の監督としてデビューする長崎俊一の共同執筆。撮影は手塚義治がそれぞれ担当。

監督
長崎俊一
出演キャスト
内藤剛志 伊藤幸子 樋口達馬 加賀山伸
1981年

風の歌を聴け

  • 1981年12月19日(土)公開
  • 出演(当り屋・柄の悪い男A 役)

夏休みに、生まれ故郷の海辺の街に帰省した主人公の大学生と、馴染みのバーでの旧友との再会や、女の子との出会いを描く。七十九年度『群像』新人文学賞を受賞した村上春樹の同名の小説の映画化で脚本・監督は「ヒポクラテスたち」の大森一樹、撮影は渡辺健治がそれぞれ担当。

監督
大森一樹
出演キャスト
小林薫 真行寺君枝 巻上公一 坂田明

悪霊島

  • 1981年10月3日(土)公開
  • 出演(三津木五郎 役)

瀬戸内海のある島を舞台に起る、連続殺人事件を追う金田一耕肋の活躍を描く。横溝正史の同名の小説の映画化で、脚本は「幸福号出帆」の清水邦夫、監督は「夜叉ヶ池」の篠田正浩、撮影も同作の宮川一夫がそれぞれ担当。

監督
篠田正浩
出演キャスト
鹿賀丈史 室田日出男 古尾谷雅人 岸本加世子

スローなブギにしてくれ

  • 1981年4月7日(火)公開
  • 出演(ゴロー 役)

ふとしたことからめぐり合った二人の男と一人の女の奇妙な生活を描く。片岡義男の同名の小説を映画化したもので脚本は「バージンブルース」の内田栄一、監督は「天使を誘惑」の藤田敏八、撮影は「泥の河」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
藤田敏八
出演キャスト
浅野温子 古尾谷雅人 浅野裕子 竹田かほり
1980年

ヒポクラテスたち

  • 1980年11月22日(土)公開
  • 出演(萩野愛作 役)

京都府立医大を卒業した大森一樹監督が自らの体験をもとに、大学病院での臨床実習を通して、医術を身につけていく若者たちの青春群像を描く。脚本・監督は「オレンジロード急行」の大森一樹、撮影は「日本の悪霊」の堀田泰寛がそれぞれ担当。

監督
大森一樹
出演キャスト
古尾谷雅人 光田昌弘 西塚肇 柄本明

修道女 黒衣の中のうずき

  • 1980年1月19日(土)公開
  • 出演(三田村弘 役)

捨て子として修道院に育てられた少女が成人して尼僧となり、女の園で弄ばれる姿を描く。脚本は「団地妻 肉欲の陶酔」を監督した伊藤秀裕と「団鬼六 縄と肌」の松本功の共同執筆、監督は「レイプハリケーン 裂く!!」の白井伸明、撮影は「MR.ジレンマン 色情狂い」の前田米造がそれぞれ担当。

監督
白井伸明
出演キャスト
鹿沼えり 石井雪江 赤木理恵 古尾谷雅人
1979年

団地妻 肉欲の陶酔

  • 1979年11月23日(金)公開
  • 出演(青野修一 役)

うさぎ小屋のような団地からマイホームへ脱出しようと願う妻の姿を描く団地妻シリーズ二十二作目。脚本は「修道女 濡れ縄ざんげ」の中野顕彰、監督はこの作品がデビューとなる伊藤秀裕、撮影は「濡れた週末」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
伊藤秀裕
出演キャスト
鹿沼えり 古尾谷雅人 和田周 マリア茉莉

スーパーGUNレディ ワニ分署

  • 1979年8月18日(土)公開
  • 出演(加藤信 役)

警察庁資料調査分室・内線82番通称ワニ分署に所属する三夏とリンの航空機疑惑を追求する姿を描く。篠原とおるが『週刊プレイボーイ』に連載の同名の劇画の映画化で、脚本は「餌食」の荒井晴彦と同作の高田純の共同執筆、監督は「天使のはらわた 赤い教室」の曽根中生、撮影は「潮吹き海女」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
曽根中生
出演キャスト
横山エミー ジャンボかおる 岸田森 山谷初男
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 古尾谷雅人