映画-Movie Walker > 人物を探す > 河西健司

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2005年 まで合計12映画作品)

2005年

容疑者 室井慎次

  • 2005年8月27日(土)公開
  • 出演(多田野刑事部部長 役)

「踊る大捜査線」シリーズのスピンオフ第2弾は、室井警視正が主人公のサスペンス。捜査の責任を取らされ逮捕された彼の奔走と、警察庁と警視庁との確執を描く。

監督
君塚良一
出演キャスト
柳葉敏郎 田中麗奈 哀川翔 八嶋智人
1985年

女豹

  • 1985年12月27日(金)公開
  • 出演(伊吹隆 役)

マザーコンプレックスの画家とその妹への肉欲をめぐって起こる連続殺人を描くミステリー。脚本は「俗物図鑑」の内藤誠と後藤大輔の共同執筆。監督は「制服百合族 悪い遊び」の小原宏裕、撮影は「オフィス・ラブ 真昼の禁猟区」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
田中こずえ 日向明子 佐藤幸彦 河西健司
1982年

悪魔の部屋

  • 1982年4月23日(金)公開
  • 出演(中戸川洋介 役)

呪われた出世の秘密をかかえて復讐に燃える男とその犠牲になる女の官能と破綻を描く笹沢左保の同名小説の映画化。脚本は曽根中生と佐伯俊道、監督は「太陽のきずあと」の曽根中生、撮影は「快楽温泉郷 女体風呂」の水野尾信正かそれぞれ担当。

監督
曽根中生
出演キャスト
中村れい子 ジョニー大倉 内田良平 堀内正美
1981年

ズームアップ 暴行白書

  • 1981年10月9日(金)公開
  • 出演(早川達夫 役)

理由もわからず暴走族集団にレイプされる人妻と背後に隠されたサスペンスを描く。飯干晃一の原作の映画化で、脚本は「密猟妻奥のうずき」のいとあきお、監督は「女教師のめざめ」の藤井克彦、撮影は「遠雷」の安藤圧平がそれぞれ担当。

監督
藤井克彦
出演キャスト
風祭ゆき 平瀬りえ 川村真樹 河西健司

モアセクシー 獣のようにもう一度

  • 1981年8月7日(金)公開
  • 出演(次郎 役)

麻薬取引に暗躍するヤクザ組織に挑む一人の女とGメンの活躍くを描く。脚本は「愛の白昼夢」の中野顕彰、監督は「百恵の唇 愛獣」の加藤彰、最影は「団鬼六 女秘書縄調教」の米田実がそれぞれ担当。

監督
加藤彰
出演キャスト
畑中葉子 横山エミ マリア茉莉 太田あや子

ええじゃないか

  • 1981年3月14日(土)公開
  • 出演(カルワザ 役)

江戸時代末期に発生したええじゃないか騒動や百姓一揆など騒然とした世相を背景に江戸東両国界隈に生きた下層庶民のバイタリティ溢れる生活を描く。脚本は「復讐するは我にあり」の今村昌平と宮本研の共同執筆、監督も同作の今村昌平、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

監督
今村昌平
出演キャスト
桃井かおり 泉谷しげる 緒形拳 露口茂
1980年

スケバンマフィア 肉刑

  • 1980年3月1日(土)公開
  • 出演(山岡 役)

家出して好き勝手に暮らす二人の少女と、スケバングループの争いを描く。腕本は「看護婦日記 いたずらな指」の熊谷禄朗、監督はこの作品がデビュー作となる池田敏春、撮影は「堕靡泥の星 美少女狩り」の森勝がそれぞれ担当。

監督
池田敏春
出演キャスト
倉吉朝子 大崎裕子 渡辺とく子 鹿沼えり
1979年

愛欲の標的

  • 1979年12月22日(土)公開
  • 出演(香川拓二 役)

心臓発作に苦しむ夫を愛人と組んで完全犯罪で殺害し、残された莫大な遺産をめぐっての愛と裏切りを描くサスペンス。脚本は「ズームアップ 暴行現場」の桂千穂、監督は「天使のはらわた 名美」の田中登、撮影は「エロス学園 発情時代」の水野尾信正が担当。

監督
田中登
出演キャスト
宮井えりな 水島美奈子 日野繭子 中丸信

精霊たちの祭

  • 1979年3月31日(土)公開
  • 出演

監督
鴨田好史
出演キャスト
河西健司 坂修 どんぐりコール

禁じられた体験

  • 1979年3月17日(土)公開
  • 出演(島 役)

近親相姦をテーマに、大人になった双子の兄妹の性生活を描く。脚本は「青い獣 ひそかな愉しみ」の田中陽三、監督は「宇能鴻一郎の濡れて開く」の西村昭五郎、撮影は「好色美容師 肉体の報酬」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
日向明子 宮下順子 木瓜みらい 安達清康
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 河西健司