映画-Movie Walker > 人物を探す > 田中裕子

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2019年 まで合計32映画作品)

1997年

もののけ姫

  • 1997年7月12日(土)公開
  • 出演(声)(エボシ御前 役)

森を侵す人間たちと荒ぶる神々との闘いを、日本アニメ史上空前の製作費による壮大なスケールで描いた長編アニメーション。監督・原作・脚本は「紅の豚」の宮崎駿。声の出演は「はるか、ノスタルジィ」の松田洋治、「平成狸合戦ぽんぽこ」の石田ゆり子ほか。97年末の時点で107億円という空前の配給収入を記録する大ヒットとなり、それまでの日本映画の最高記録であった「南極物語」の58億円はおろか、日本の配収記録である「E.T.」の95億円も抜いて、歴代配収第1位の座に輝いた。また、アニメーション作品として初めて日本アカデミー賞作品賞にも輝き、98年中にはディズニーの配給により全米公開も行われる予定である。97年度キネマ旬報ベスト・テン第2位、同・読者選出ベスト・テン第1位。

監督
宮崎駿
出演キャスト
松田洋治 石田ゆり子 田中裕子 美輪明宏
1996年

虹をつかむ男

  • 1996年12月28日(土)公開
  • 出演(十成八重子 役)

渥美清の急逝に伴いシリーズ終了となった「男はつらいよ」に代わって松竹の正月番組をつとめた人情喜劇。映画を愛してやまぬ映画館主をめぐる人間模様を、数々の名画の断片を交えて描いた。監督は「学校II」の山田洋次。脚本は山田と朝間義隆の共同。撮影は「学校II」の長沼六男。「学校II」に続いて西田敏行と吉岡秀隆が主演したほか、「男はつらいよ」のレギュラー陣が顔を揃えている。またCG合成で寅さんにふんした渥美も一場面に登場し、本作も渥美に捧げられた。

監督
山田洋次
出演キャスト
西田敏行 吉岡秀隆 田中裕子 田中邦衛
1988年

嵐が丘(1988)

  • 1988年5月28日(土)公開
  • 出演(絹 役)

中世、ある一族に拾われた少年の数奇な愛と運命を描く。エミリ・ブロンテ原作の『嵐ヶ丘』の映画化で、脚本・監督は「人間の約束」の吉田喜重、撮影は「郷愁」の林淳一郎がそれぞれ担当。

監督
吉田喜重
出演キャスト
松田優作 田中裕子 名高達郎 石田えり
1987年

二十四の瞳(1987)

  • 1987年7月11日(土)公開
  • 出演(大石久子 役)

瀬戸内海の小豆島を舞台に、一人の女教師と十二人の教え子たちの交流を描いた名作の映画化。原作は壷井栄の同名小説、脚本は「新・喜びも悲しみも幾歳月」の木下惠介、監督は「ときめき海岸物語」の朝間義隆、撮影も同作の花田三史がそれぞれ担当。

監督
朝間義隆
出演キャスト
田中裕子 武田鉄矢 紺野美沙子 川野太郎
1985年

夜叉

  • 1985年8月31日(土)公開
  • 出演(螢子 役)

今は漁師として生活している中年男の隠された過去と揺れ動く愛を描く。脚本は「ひとごろし」の中村努、監督は「魔の刻」の降旗康男、撮影も同作の木村大作が担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
高倉健 いしだあゆみ 乙羽信子 田中裕子

カポネ大いに泣く

  • 1985年2月16日(土)公開
  • 出演(蛸廼舎小染 役)

禁酒法の時代にアメリカに渡った浪花節語りの男とその女の姿を描く。梶山季之の同名の小説の映画化で、脚本は「マタギ」の大和屋竺、美術監督の木村威夫、鈴木岬一の共同、監督は「陽炎座」の鈴木清順、撮影は「華魁」の高田昭と藤沢順一がそれぞれ担当。

監督
鈴木清順
出演キャスト
萩原健一 田中裕子 柄本明 チャック・ウィルソン
1983年

天城越え

  • 1983年2月19日(土)公開
  • 出演(大塚ハナ 役)

十四歳の少年と娼婦が天城峠を旅しているとき起きた殺人事件と、三十年間、事件を追い続けた老刑事の姿を描く。松本清張の同名の小説を映画化したもので、脚本はこの作品が監督デビュー作となる「夜叉ヶ池」の三村晴彦と「炎のごとく」の加藤泰の共同執筆、撮影は羽方義昌がそれぞれ担当。

監督
三村晴彦
出演キャスト
渡瀬恒彦 田中裕子 平幹二朗 伊藤洋一
1982年

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

  • 1982年12月28日(火)公開
  • 出演(螢子 役)

旅先で知り合った青年と娘の恋の仲立ちをする寅次郎の姿を描く。脚本は「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 田中裕子 沢田研二

ザ・レイプ(1982)

  • 1982年5月15日(土)公開
  • 出演(矢萩路子 役)

レイプされた女性が加害者を告訴したことによって逆に苦境に立たされながらも、強靭な意志で生きていく姿を描く。原作は落合恵子の同名小説。脚本は「ラブレター」の東陽一と「神様なぜ愛にも国境があるの」の篠崎好、監督も東陽一、撮影は「ラブレター」の川上皓市がそれぞれ担当。

監督
東陽一
出演キャスト
田中裕子 風間杜夫 伊藤敏八 津川雅彦
1981年

日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章

  • 1981年9月19日(土)公開
  • 出演(茂木伸子 役)

一九五六年に創立され十七年目の一九七二年、経営主である放送局に資金援助を打ち切られ、解散を余儀無くされた日本フィルハーモニー交響楽団が存続を希望する楽団員たちによって独自の道を歩むまでを描く。今崎暁巳の『友よ、未来をうたえ』『続・友よ未来をうたえ』の映画化で、脚本は「看護婦のオヤジがんばる」の神山征二郎と今崎暁巳の共同執筆、監督も同作の神山征二郎、撮影は「悪女軍団」の森勝がそれぞれ担当。

監督
神山征二郎
出演キャスト
風間杜夫 田中裕子 内藤武敏 浜田光夫

関連ニュース

田中慎弥の芥川賞受賞作品「共喰い」が青山真治監督×菅田将暉主演で映画化
田中慎弥の芥川賞受賞作品「共喰い」が青山真治監督×菅田将暉主演で映画化(2012年8月30日)

『東京公園』(11)で第64回ロカルノ国際映画祭金豹賞(グランプリ)と審査員特別賞を受賞した青山真治監督が、菅田将暉主演で田中慎弥の芥川賞受賞作品「共喰い」を映…

『あなたへ』の降旗康男監督「高倉健さんは人としても俳優としても真っ直ぐな人」
『あなたへ』の降旗康男監督「高倉健さんは人としても俳優としても真っ直ぐな人」(2012年8月27日)

高倉健が『単騎、千里を走る。』(06)以来、6年ぶりに出演した主演映画『あなたへ』(公開中)でメガホンを取った降旗康男監督。ふたりは『鉄道員 ぽっぽや』(99)…

高倉健、感涙!富山刑務所を訪問、受刑者を激励「一日も早く、あなたの大切な人のところへ」
高倉健、感涙!富山刑務所を訪問、受刑者を激励「一日も早く、あなたの大切な人のところへ」(2012年8月27日)

『鉄道員 ぽっぽや』(99)などの監督・降旗康男と主演・高倉健で、亡き妻の思い出をたどる夫の姿を描いたロードムービー『あなたへ』(公開中)。8月26日、本作のロ…

高倉健、新人時代の反抗心から最新作『あなたへ』への思いまでを告白
高倉健、新人時代の反抗心から最新作『あなたへ』への思いまでを告白(2012年8月23日)

高倉健が『単騎、千里を走る。』(06)以来、6年ぶりに出演した主演映画『あなたへ』(8月25日公開)。本作は、『鉄道員(ぽっぽや)』(99)など、数多くの名作を…

高倉健、ビートたけしのコメントに「全部、タケちゃんの作り話」と駄目出し!
高倉健、ビートたけしのコメントに「全部、タケちゃんの作り話」と駄目出し!(2012年8月21日)

高倉健主演の映画『あなたへ』(8月25日公開)の完成披露試写会が、8月21日に東京国際フォーラムで開催。高倉健、田中裕子、 草なぎ剛、綾瀬はるか、長塚京三、ビー…

高倉健直筆メッセージ入り!『あなたへ』特大バナーが全国劇場に登場
高倉健直筆メッセージ入り!『あなたへ』特大バナーが全国劇場に登場(2012年1月20日)

『駅 STATION』(81)、『夜叉』(85)、『あ・うん』(89)、『鉄道員 ぽっぽや』(99)など、数々の名作を世に送り出してきた降旗康男監督と高倉健の黄…

高倉健とビートたけしが27年ぶり共演! 高倉健、たけしが待ち遠しくて迎えに
高倉健とビートたけしが27年ぶり共演! 高倉健、たけしが待ち遠しくて迎えに(2011年10月5日)

刑務所の指導技官が、愛した亡き妻の生前の真意を知るために、富山から九州まで旅をする姿を描く『あなたへ』(2012年秋公開)。本作は、田中裕子、佐藤浩市、草なぎ剛…

高倉健6年ぶり主演作『あなたへ』に超豪華キャストが集結! ビートたけしも出演決定!
高倉健6年ぶり主演作『あなたへ』に超豪華キャストが集結! ビートたけしも出演決定!(2011年9月27日)

刑務所の指導技官が愛した亡き妻の生前の真意を知るために旅をする姿を描く『あなたへ』に、田中裕子、佐藤浩市、草なぎ剛、余貴美子、綾瀬はるか、三浦貴大、大滝秀治、長…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 田中裕子