映画-Movie Walker > 人物を探す > 山崎善弘

年代別 映画作品( 1957年 ~ 2004年 まで合計181映画作品)

2004年

人間の約束

  • 2004年9月11日(土)公開
  • 撮影

巨匠・吉田喜重の代表作26本を一挙上映。ニュープリントでの公開となる「人間の約束」では、社会問題となったボケ老人の安楽死をを通して、夫婦や親子の絆を見つめる。

監督
吉田喜重 宮内婦貴子
出演キャスト
三國連太郎 村瀬幸子 河原崎長一郎 佐藤オリエ
1992年

落陽(1992)

  • 1992年9月15日(火)公開
  • 撮影

満州事変直前から終戦までの中国大陸を舞台とした歴史をひとりの男の生き様を中心に描く壮大なドラマ。にっかつ80周年記念作品。伴野朗の原作を彼自身が監督。脚本は藤浦敦と根本哲史、撮影は「あげまん」の山崎善弘が担当。

監督
伴野朗
出演キャスト
加藤雅也 ダイアン・レイン ユン・ピョウ ドナルド・サザーランド
1990年

あげまん

  • 1990年6月2日(土)公開
  • 撮影

“あげまん(上昇運)の女”と呼ばれるヒロインと彼女に携わる男たちの葛藤をユーモラスに描く。脚本・監督は「マルサの女2」の伊丹十三。撮影は「シンデレラ・エクスプレス」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
伊丹十三
出演キャスト
宮本信子 津川雅彦 大滝秀治 金田龍之介

シンデレラ・エクスプレス

  • 1990年5月19日(土)公開
  • 撮影

神戸に住む短大生のヒロインとヤングアダルト達が週末ごとに東京のベイサイドで繰り広げる青春模様を描く、脚本・監督はこれが監督デビューとなる人気作詞家・亮野雅勇、撮影は「人間の砂漠」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
売野雅勇
出演キャスト
沙木麻希子 古藤芳治 団優太 中村あずさ

人間の砂漠

  • 1990年4月28日(土)公開
  • 撮影

刑務所という極度の場に送られた女性を通して、現代社会の本質を描く。早瀬圭一原作のノンフィクション小説『長い午後』の映画化で、「夢千代日記」の故・浦山桐郎の脚本を「花の季節」の中岡京平が脚色化、監督は「青い山脈'88」の斎藤耕一、撮影は同作の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
加納みゆき 市原悦子 渡辺典子 永島暎子
1988年

青い山脈’88

  • 1988年10月15日(土)公開
  • 撮影

青森県の女子高を舞台に教師と生徒、大人と子供の関り合いを描く。石坂洋次郎の原作の同名小説の映画化で、脚本は「ドン松五郎の大冒険」の山田信夫が執筆。監督は「渚の白い家」の斎藤耕一、撮影は「母(1988)」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
舘ひろし 工藤夕貴 柏原芳恵 野々村真

母(1988)

  • 1988年4月29日(金)公開
  • 撮影

事故で全身麻痺となった夫を看病するため、母であることを放棄した女性の生きる姿を描く。田中敬子の作文『母』を元に、「きみが輝くとき」の松山善三が脚本を執筆。監督は「典子は、今」の松山、撮影は「美味しい女たち」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
松山善三
出演キャスト
吉村実子 未来貴子 佐藤輝 村田雄浩
1987年

美味しい女たち

  • 1987年8月29日(土)公開
  • 撮影

交通事故で恋人を失くしてしまったクラブ歌手が、その恋人の兄との愛に目覚めるまでを描く。脚本は桂千穂、監督は「花と蛇 -白衣縄奴隷-」の西村昭五郎、撮影は「次郎物語(1987)」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
雨野夕紀 南エミ 日向明子 佐々木勝彦

次郎物語(1987)

  • 1987年7月4日(土)公開
  • 撮影

親と子の心のふれあいを描いた古典的名作の映画化。原作は下村湖人の同名小説、脚本は「白い野望」の井手雅人、監督は「きみが輝くとき」の森川時久、撮影は「親鸞 白い道」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
森川時久
出演キャスト
加藤剛 高橋恵子 伊勢将人 樋口剛嗣

親鸞 白い道

  • 1987年5月9日(土)公開
  • 撮影

僧侶、親鸞の半生を描く。三國連太郎原作の同名小説の映画化で、脚本は劇作家の藤田傅と本作品で監督デビューした三國連太郎が共同執筆。撮影は「離婚しない女」の山崎善弘が担当。

監督
三國連太郎
出演キャスト
森山潤久 大楠道代 泉谷しげる ガッツ石松
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 山崎善弘