映画-Movie Walker > 人物を探す > マイク・マイヤーズ

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2018年 まで合計12映画作品)

2018年

アニー・イン・ザ・ターミナル

  • 2018年9月1日(土)公開
  • 出演

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが裏の顔を持つ悪女を演じたスリラー。ロンドンのあるダイナーで働く一人の女。彼女には街の厄介事を始末する別の顔があった。彼女を取り巻く曰くありげな人々。今、壮大な復讐劇が始まる。監督は「美女と野獣」(2017)ほか数々の作品の助監督を務めてきたヴォーン・ステイン。出演陣にはほか「ミッション:インポッシブル」シリーズのサイモン・ペッグ、「オースティン・パワーズ」シリーズのマイク・マイヤーズら個性派俳優が集結。特集『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018』にて上映後、2018年9月1日よりレイトショー公開。

監督
ヴォーン・ステイン
出演キャスト
マーゴット・ロビー サイモン・ペッグ マイク・マイヤーズ マックス・アイアンズ
2016年

スーパーメンチ 時代をプロデュースした男!

  • 2016年7月16日(土)公開
  • 監督

アメリカのエンタメ業界伝説のプロデューサー、シェップ・ゴードンの足跡を、豪華ゲストの証言から辿るドキュメンタリー。大学卒業後、ロサンゼルスでジャニス・ジョプリン、ジム・モリソンらと出会ったゴードンは、成り行きで音楽マネジメントの道へ進む。証言者としてマイケル・ダグラス、ダライ・ラマ、アーノルド・シュワルツェネッガー、シルヴェスター・スタローン、ジャニス・ジョプリンら豪華スターが登場。監督を務めたのは、「オースティン・パワーズ」などで知られる俳優のマイク・マイヤーズ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』内の、SXSWに公式出品された作品の一部を紹介するSXSW TOKYO SCREENING WEEKにて上映(上映日:2016年7月16日)。

監督
マイク・マイヤーズ
出演キャスト
シェップ・ゴードン マイケル・ダグラス アーノルド・シュワルツェネッガー ダライ・ラマ
2007年

シュレック3

  • 2007年6月30日(土)公開
  • 出演(声・字幕版)(シュレック(英語版) 役)

前作が世界興収9億ドルの大ヒットとなった、ドリームワークス製作のCG冒険アニメ第3弾。今回もM・マイヤーズをはじめE・マーフィ、C・ディアスら豪華俳優陣が声優を務めた。

監督
クリス・ミラー ロマン・ヒュイ
出演キャスト
マイク・マイヤーズ エディ・マーフィ キャメロン・ディアス アントニオ・バンデラス
2004年

シュレック2

  • 2004年7月24日(土)公開
  • 出演(声)(Shrek 役)

アカデミー賞を受賞した冒険アニメの続編。前作でフィオナ姫と結ばれたシュレックのピンチを、“長ぐつをはいたネコ”など新キャラの活躍と共に描く痛快作。

監督
アンドリュー・アダムソン ケリー・アズベリー コンラッド・ヴァーノン
出演キャスト
マイク・マイヤーズ キャメロン・ディアス エディ・マーフィ アントニオ・バンデラス

ハッピー・フライト

  • 2004年4月10日(土)公開
  • 出演(John Witney 役)

アカデミー賞女優、グウィネス・パルトロウ主演による痛快サクセス・ストーリー。国際線スチュワーデスにあこがれ、努力と情熱をもってキャリアアップをはかる女性の奮闘を描く。

監督
ブルーノ・バレト
出演キャスト
グウィネス・パルトロウ クリスティナ・アップルゲイト マーク・ラファロ キャンディス・バーゲン
2002年

オースティン・パワーズ ゴールドメンバー

  • 2002年8月24日(土)公開
  • 製作、脚本、出演(Autin Powers 役)、出演(Dr. Evil 役)、出演(Fat bastard 役)、出演(Goldmember 役)

おバカなギャグ満載の人気コメディのシリーズ第3弾。父親救出のために奮闘するスーパー・エージェントの珍活躍を、アッと驚く豪華キャストで魅せる痛快爆笑作だ。

監督
ジェイ・ローチ
出演キャスト
マイク・マイヤーズ ビヨンセ・ノウルズ マイケル・ケイン マイケル・ヨーク
2001年

シュレック

  • 2001年12月15日(土)公開
  • 出演(声)(Shrek 役)

孤独な怪物シュレックと、ユニークな仲間たちとの冒険を描いたフルCGアニメ。吹替版ではシュレックを濱田雅功が関西弁で好演。フィオナ姫を藤原紀香が担当。

監督
アンドリュー・アダムソン ヴィッキー・ジェンソン
出演キャスト
マイク・マイヤーズ キャメロン・ディアス エディ・マーフィ ジョン・リスゴー
1999年

オースティン・パワーズ デラックス

  • 1999年8月28日(土)公開
  • 製作、脚本、キャラクター創造、出演(Austin Powers/Dr. Evil/Fat Bastard 役)

60年代の花形スパイが、世界征服を企む宿敵の悪の帝王と対決するため90年代に復活して大騒動を繰り広げるナンセンス・コメディの続編。主演(三役)・脚本は「ウェインズ・ワールド」のマイク・マイヤーズ。前作に続き、監督のジェイ・ローチ以下、製作はマイヤーズ、女優デミ・ムーアと、スザンヌ・トッド、ジェニファー・トッド、エリック・マクレオドジョン・ライオンズ、音楽はジョージ・S・クリントン、編集はデボラ・ニール・フィッシャーとジョン・ポール、衣裳はディーナ・アッペルと、同様のスタッフが登板。製作総指揮はアーウィン・ストッフ、マイケル・デ・ルカ、ドナ・ラングレー。撮影はユレリ・スティグナー。音楽監修はジョン・ホリハン。出演は前作に続きマイケル・ヨーク、ロバート・ワグナー、セス・グリーン、ロブ・ロウ(ゲストから昇格)のほか、新たなヒロインに「ロスト・イン・スペース」のヘザー・グレアムが起用された。特別出演はティム・ロビンス、バート・バカラック、エルヴィス・コステロ、ウィリー・ネルソン、ウディハレルソン、人気司会者のジェリー・スプリンガーほか。

監督
ジェイ・ローチ
出演キャスト
マイク・マイヤーズ ヘザー・グラハム マイケル・ヨーク ロバート・ワグナー

54 フィフティー・フォー

  • 1999年6月26日(土)公開
  • 出演(Steve Rubell 役)

70年代後半から80年代にかけて栄えたニューヨークの伝説のディスコ“スタジオ54”の興隆をひとりの青年の青春の光と影とだぶらせて描いた青春映画。監督・脚本は「Boy's Life 2」(日本未公開)のマーク・クリストファー。製作総指揮は「マイ・フレンド・メモリー」のダン・カーモディ、「ラウンダーズ」のボビー・コヘン、「ナイトウォッチ」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟。製作は「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のアイラ・ドゥッチマン、「ジャッキー・ブラウン」のリチャード・N・グラッドスタイン、「ハイ・アート」のドリー・ホール。撮影は「マキシマム・リスク』のアレキサンダー・グルズィンスキー。音楽は「ナイトウォッチ」のマルコ・ベルトラミ。美術は「アメリカの災難」のケヴィン・トンプソン。編集は「絶体×絶命」のリー・パーシー。衣裳は「コップランド」のエレン・ラター。出演は「ラストサマー」のライアン・フィリップ、「ワイルド・シングス』のネーヴ・キャンベル、「オースティン・パワーズ」のマイク・マイヤーズほか。

監督
マーク・クリストファー
出演キャスト
ライアン・フィリップ サルマ・ハエック セーラ・ウォード Breckin Meyer
1998年

オースティン・パワーズ

  • 1998年8月1日(土)公開
  • 製作、脚本、出演(Austin Powers/Dr. Evil 役)

60年代の花形スパイが90年代に復活して大騒動を繰り広げるナンセンス・コメディ。主演(スパイと悪の帝王の二役)・脚本は「ウェインズ・ワールド」のマイク・マイヤーズ。監督は「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」の脚本などを担当した新鋭のジェイ・ローチで、本作が長編劇映画デビュー作。製作はマイヤーズ、「G.I.ジェーン」の女優デミ・ムーア、本作の製作会社ムーヴィング・ピクチャーズを設立したスザンヌ・トッド、「Dear フレンズ」のジェニファー・トッドの共同。撮影は「ロスト・ハイウェイ」のピーター・デミング。音楽は「モータル・コンバット」「フランキー・ザ・フライ」のジョージ・S・クリントン。美術は「スクリーム」のシンシア・K・シャレット。衣裳は「ホーリー・ウェディング」のディーナ・アッペル。共演は「ボディ・バンク」のエリザベス・ハーレイ、「三銃士」のマイケル・ヨーク、「誰かに見られてる」のミミ・ロジャース、『スパイのライセンス』のロバート・ワグナーほか。「ザ・ステューピッド」のトム・アーノルド、「スター・ウォーズ」のキャリー・フィッシャー、「ジュリアン・ポーの涙」のクリスチャン・スレーター、「ウェインズ・ワールド」のロブ・ロウ、作曲家のバート・バカラックが特別出演。

監督
ジェイ・ローチ
出演キャスト
マイク・マイヤーズ エリザベス・ハーレイ マイケル・ヨーク ミミ・ロジャース

関連ニュース

『シュレック フォーエバー』LAプレミアで豪華声優陣大集合!
『シュレック フォーエバー』LAプレミアで豪華声優陣大集合!(2010年5月18日)

人気CGアニメシリーズの最終章『シュレック フォーエバー』(12月18日日本公開)の全米公開(5月21日)に先駆け、5月16日、アメリカ・ロサンゼルスのユニバー…

今度は飛び出すシュレック! シリーズ最終章は3Dで登場
今度は飛び出すシュレック! シリーズ最終章は3Dで登場(2010年4月26日)

見かけは怖いが、心優しい緑の怪物シュレックの活躍を描いた人気CGアニメシリーズの最終章『シュレック フォーエバー』の日本公開が12月18日(土)に決定。3Dの上…

まるで別人!? ブラピ最新作の影の司令官はあの“大物”スター
まるで別人!? ブラピ最新作の影の司令官はあの“大物”スター(2009年11月20日)

ブラッド・ピット主演×鬼才クエンティン・タランティーノ監督作『イングロリアス・バスターズ』(11月20日公開)で、意外な人物が貫禄たっぷりの将軍役で登場している…

キャメロン、スタジオにツイッター禁止される?
キャメロン、スタジオにツイッター禁止される?(2009年10月22日)

大手映画会社は、ツイッターをはじめとするソーシャルネットワーキングサービスやブログなどを俳優が利用することを禁止する方向に動いているそうで、ディズニーはすでにネ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マイク・マイヤーズ