映画-Movie Walker > 人物を探す > クラレンス・G・バッジャー

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1931年 まで合計33映画作品)

1931年

猟奇ホテル

  • 1931年当年公開
  • 監督

「化粧の天使」「久遠の人生」と同じくビリー・ダヴ主演映画で、ウォルター・ハケット作の舞台劇に基づいて「化粧の天使」のフォレスト・ハルシーが脚色して台詞を書き、「殺人犯横行」「巴里(1929)」のクラレンス・G・バッジャーが監督し、「噂の姫君」「殺人犯横行」のジョン・サイツが撮影したものである。助演者は舞台から来たシドニー・ブラックマーをはじめ「赤新聞」「太無き妻」のクライヴ・ブルック「ビッグ・ハウス」「世界の与太者」のリーラ・ハイアムス、ジョン・ローダー、フレッチャー・ノートン、クロフォード・ケント等。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ビリー・ダヴ シドニー・ブラックマー クライヴ・ブルック リーラ・ハイアムス
1930年

浮気成金

  • 1930年当年公開
  • 監督

紐育ブロードウェイで当りをとった喜歌劇「ノー・ノー・ナネット」を映画化したものでオット・ハーバッハ氏、フランク・マンデル氏、ヴィンセント・ユーマンス氏、エミル・ナイトレイ氏、アーヴィング・シーザー氏合作の舞台上演台本から「ラグビー時代」のハワード・エメット・ロジャース氏が脚色し、「三週間」「赤い髪」のクラレンス・G・バッジャー氏が監督し、「愛欲の人魚」「高速度娘恋愛合戦」のソル・ポリート氏が撮影した。主演を演ずるのは喜歌劇界に名を知られたバーニス・クレヤー嬢及び「恋の花園」のアレクサンダー・グレイ氏で「尖端一目惚れ」のルイズ・ファゼンダ嬢、「恋の大分水嶺」のルシアン・リトルフィールド氏、「悪魔の日曜日」のザス・ピッツ嬢、「恋愛運動場」のリリアン・タッシュマン嬢、ミルドレッド・ハリス嬢、ジョスリン・リー嬢、バート・ローチ氏等が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
アレクサンダー・グレイ バーニス・クレヤー ルイズ・ファゼンダ ルシアン・リトルフィールド

殺人犯横行

  • 1930年当年公開
  • 監督

「浮気成金」「赤い髪」「娘十八映画時代」のクラレンス・G・バッジャー氏が監督に当った作品でマレイ・レインスター氏原作になる小説から「クラック将軍」「ミシガン小僧」のJ・グラブ・アレキサンダー氏が脚色し「マネキンの夢」「情炎の美姫」のジョン・サイツ氏が撮影したもの。主役を演ずるのは「歓楽地帯」「船頭さん可愛や」のジャック・マルホール氏と「愛の爆笑」「空の王者」のライラ・リー嬢で「四枚の羽根」「魔の海」のノア・ビアリー氏、「嵐に咲く花」のマルコム・マッグレガー氏、「快走王」のタリー・マーシャル氏、アレック・B・フランシス氏、クロード・アリスター氏、ヘッダ・ホッパー嬢が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ジャック・マルホール ライラ・リー ノア・ビアリー マルコム・マッグレガー
1929年

巴里(1929)

  • 1929年当年公開
  • 監督

ニューヨーク及びパリのミュージカル・コメディー・スターとして有名なアイリーン・ボルドニ嬢の御目見映画で、嬢の舞台に於ける当り狂言の1つマーティン・ブラウン氏原作『巴里』を「これぞ天国」「四枚の羽根」のホープ・ロアリング女史が脚色し、「赤い髪」「三週間」のクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもの。助演者は英米劇壇に名を知られた舞台俳優で、「恋は蘇る」に出演したジャック・ブキャナン氏を始め、「壁の穴(1929)」のルイズ・クロッサー・ヘイル嬢、「魔の海」のジェイソン・ロバーズ氏、「結婚行進曲」のザス・ピッツ嬢及びマーガレット・フィールディング嬢で、キャメラは「愛欲の人魚」「魔の海」のソル・ポリート氏が担任している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
アイリーン・ボルドニ ジャック・ブキャナン ルイズ・クロッサー・ヘイル ジェイソン・ロバーズ Sr
1928年

赤い髪

  • 1928年当年公開
  • 監督

「あれ」の原作者監督者主演者によって作られた映画で、エリナーグリン女史執筆の物語をパーシー・ヒース氏とロイド・コリガン氏とか潤色し、アグネス・ブランド・リー女史が脚色したものを、「あれ」「女シーク」等をものしたクラレンス・G・バッジャー氏が監督した。主役は「あれ」「恋人強奪」「フラ」のイット女優クララ・ボウ嬢で、相手役は「曠原の烽火」「恋してぞ知る」出演のレーン・チャンドラー氏が勤め「あれ」「娘十八泳げや泳げ」のウィリアム・オースティン氏、ローレンス・グラント氏、ジャクリーン・ガズドン嬢、クロード・キング氏等が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
クララ・ボウ レーン・チャンドラー ローレンス・グラント クロード・キング

三週間

  • 1928年当年公開
  • 監督

「あれ」「赤い髪」と同じくクララ・ボウ嬢主演。エリノア・グリン女史原作、クラレンス・バッヂャー氏監督になるモダン趣味の喜劇である。グリン女史の原作をジョン・ファーロウ氏が改作し、ルイズ・ロング女史とパーシー・ヒース氏とサム・ミンツ氏とが共同脚色した。ポー嬢を助けて「娘十八映画時代」「モダン十戒」のニール・ハミルトン氏、「素晴らしい果報者」「金髪騒動」のハリソン・フォード氏が共演するほか、ガイ・オリヴァー氏、エディス・チャップマン嬢が出演している。カメラは「ニューヨークの波止場」「紳士は金髪がお好き(1928)」のハロルド・ロッソン氏の担任。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
クララ・ボウ ニール・ハミルトン ガイ・オリヴァー エディス・チャップマン

娘十八映画時代

  • 1928年当年公開
  • 監督

「娘十八冒険時代」「同爆発時代」に次ぐビービー・ダニエルス嬢主演喜劇で、モンテ・ブライス氏とハーラン・トンプソン氏合作の物語をロイド・コリガン氏とグローヴァ・ジョンズ氏とが潤色しフローレンス・ライアソン女史が脚色し、「娘十八爆発時代」「赤い髪」などをものしたクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもの。ダニエルス嬢を助けて「魔の家(1928)」「ショウ・ダウン」のニール・ハミルトン氏、「三罪人」のポール・ルーカス氏、アルフレッド・アレン氏、スペック・オドンネル君、クロード・キング氏が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ニール・ハミルトン ポール・ルーカス アルフレッド・アレン

娘十八爆発時代

  • 1928年当年公開
  • 監督

「女シーク」「娘十八冒険時代」に続くビービー・ダニエルス嬢主演映画で、「女シーク」「男装女剣客」と同じくジョン・マクダーモット氏が書き下ろした物語をロイド・コリガン氏が改作し「フラ」「ショウ・ダウン」と同じくエセル・ドハーティー女史が脚色し、「あれ」「女シーク」「娘十八泳げや泳げ」をものしたクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもの。相手役は「娘十八泳げや泳げ」「絹の足」出演のジェームズ・ホール氏が園児、ウィリアム・オースティン氏、ハリー・T・モーレイ氏、アルフレッド・アレン氏等も出演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ジェームズ・ホール ハリー・T・モーレイ ウィリアム・オースティン
1927年

あれ

  • 1927年当年公開
  • 監督

「人罠」「モダンガールと山男」「猿飛カンター」のクララ・ボウがパラマウント社のスターに昇進後の第1回主演映画。エリノア・グリンが自作の小説を特にボウのためにシナリオ化し、ホープ・ロアリングとルイス・D・ライトンが脚色、「娘十八運動狂い」「勇み肌美人女給」等と同じくクラレンス・G・バッジャーが監督。相手役は「我等の海」「明眸罪あり」等出演のアントニオ・モレノ、共演は「初恋ハリー」「当たりつ子ハリー」のプリシラ・ボナー、ウィリアム・オースティン、ジャクリーン・ガズドン、ジュリア・スウェイン・ゴードンほか、原作者グリン女史も特に出演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
クララ・ボウ アントニオ・モレノ ウィリアム・オースティン プリシラ・ボナー

勇み肌美人女給

  • 1927年当年公開
  • 監督

「令嬢無銭旅行」「娘十八運動狂」「駆落相手違ひ」等と同じくビービー・ダニエルス嬢主演喜劇で、モーリス・エンヌカン氏、ピエール・ヴェベール氏合作のフランス喜劇を映画化したものである。但し脚色者ドリス・アンダーソン女史が起こしたのはクリフォード・グレイ氏の翻訳脚本である。これを「極楽突進」「娘十八運動狂」「雨製造者」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督した。ダニエルス嬢を助けて「三日伯爵」「落花長恨」等出演のチエスター・コンクリン氏を始め、ダグラス・ギルモア氏、ヘンリー・コルカー氏、ユーラリー・ジェンセン嬢、ジョスリン・リー嬢、等が出演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ビービー・ダニエルス チェスター・コンクリン ダグラス・ギルモア ヘンリー・コルカー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クラレンス・G・バッジャー