映画-Movie Walker > 人物を探す > 安藤庄平

年代別 映画作品( 1967年 ~ 2002年 まで合計121映画作品)

2002年

ピカレスク 人間失格

  • 2002年7月27日(土)公開
  • 撮影

幾度にわたる心中の末に命を落とした文豪・太宰治の謎の生涯を追うミステリー。猪瀬直樹の原作をもとに、“破滅型人間”と呼ばれた太宰を巡る人間関係を描き出す。

監督
伊藤秀裕
出演キャスト
河村隆一 さとう玉緒 緒川たまき 朱門みず穂
2001年

A MIKE MIZNO FILM SIBERIAN EXPRESS<シベリア超特急 ディレクターズカット・アメリカ版>

  • 2001年1月13日(土)公開
  • プロデューサー、撮影

映画評論家・水野晴郎の初監督作品「SIBERIAN EXPRESS〈シベリア超特急〉」のディレクターズカット版で、アリゾナ映画祭2000の招待を受けた際に、劇場公開ヴァージョンを再編集し直したもの。「SIBERIAN EXPRESS〈シベリア超特急〉2」の公開を記念して、特別レイトショウ公開された。

監督
水野晴郎
出演キャスト
水野晴郎 かたせ梨乃 菊池孝典 西田和晃
2000年

京浜抗争史外伝 最後の組長

  • 2000年10月28日(土)公開
  • 撮影

 堅気となった元ヤクザが、兄弟分を殺された恨みから、再び抗争に巻きこまれていく。海外の映画祭でも人気の高かった任侠アクションの続編が登場。中条きよしが、仁義を貫く男の生き様を熱演する。

監督
鳥井邦男
出演キャスト
中条きよし 小沢仁志 岸本祐二 片桐竜次

修羅がゆく11 名古屋頂上戦争

  • 2000年2月18日(金)公開
  • 撮影

名古屋を舞台に、本郷と伊能の闘いを活写するバイオレンス・アクションのシリーズ第11弾。監督は「修羅がゆく10 北陸代理決戦」の小澤啓一。川辺優と山口正人による同名コミックを下敷きに、小澤監督と「修羅がゆく10 北陸代理決戦」の和久田正明が共同で脚本を執筆。撮影を「通過と金髪」の安藤庄平が担当している。主演は「修羅がゆく10 北陸代理決戦」の哀川翔。ゲストスターに「DOA<DEAD OR ALIVE 犯罪者>」の甲賀瑞穂。2000年1月22日名古屋・栄東映パラスにて先行公開。

監督
小澤啓一
出演キャスト
哀川翔 萩原流行 甲賀瑞穂 伊藤洋三郎

通貨と金髪

  • 2000年1月22日(土)公開
  • 撮影

金髪フェチの大学助教授の転落を描いたエロティック・コメディ。監督は「皆月」の望月六郎。脚本も望月監督が執筆。撮影を「なで肩の狐」の安藤庄平が担当している。主演は、「大いなる幻影」の諏訪太朗と映画初出演の木村衣里。尚、本作は「エロス」をテーマに5人の監督が手腕を競うプロジェクト「MOVIE STORM」の1本として製作された。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

監督
望月六郎
出演キャスト
諏訪太朗 木村衣里 ソフィア ラサール石井
1999年

なで肩の狐

  • 1999年4月1日(木)公開
  • 撮影

一度は足を洗ったものの、再びヤクザの世界に巻き込まれてしまう男の姿を描いたバイオレンス・ドラマ。監督は「チャカ LONELY HITMAN」の渡辺武。花村萬月の同名原作を、本篇デビューとなる『つげ義春ワールド/ある無名作家』の吉川次郎が脚色。撮影を「友情 Friendship」の安藤庄平が担当している。主演は「不夜城」の椎名桔平。16ミリからのブローアップ。

監督
渡辺武
出演キャスト
椎名桔平 洞口依子 清水千賀 哀川翔
1998年

友情 Friendship

  • 1998年5月16日(土)公開
  • 撮影

アメリカで実際にあったエピソードを基に、白血病に冒された少女と彼女のクラスメイトたちの厚き友情を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「大安に仏滅!?」の和泉聖治。脚本は、「大安に仏滅!?」の布勢博一と「曖・昧・Me」の伊藤尚子の共同。撮影を「大安に仏滅!?」の安藤庄平が担当している。主演は、故三船敏郎の愛娘で映画初出演の三船美佳。文部省選定、厚生省、骨髄移植推進財団推薦作品。

監督
和泉聖治
出演キャスト
三船美佳 柳葉敏郎 目加田泰成 松村達雄

大安に仏滅!?

  • 1998年4月4日(土)公開
  • 撮影

欠陥住宅と家庭崩壊に悩まされる中年サラリーマンの姿を通して、家族の絆を見つめるハートウォーミング・コメディ。監督は「借王2」の和泉聖治。脚本は、「お日柄もよくご愁傷さま」の布勢博一と「すばらしき臨終」の砂本量の共同。撮影を「流れ板七人」の安藤庄平が担当している。主演は「お日柄もよくご愁傷さま」の橋爪功。

監督
和泉聖治
出演キャスト
橋爪功 吉行和子 酒井美紀 金子賢
1997年

柘榴館

  • 1997年8月23日(土)公開
  • 撮影

柘榴館と呼ばれる不気味な洋館に住む名門一族の愛憎と狂気を描いたエロティック・ミステリー。監督は『男たちのかいた絵』の伊藤秀裕。原作は『花園の迷宮』などで知られる女流ミステリー作家・山崎洋子の同名小説で、伊藤と井上正子が脚本化した。撮影は「流れ板七人」の安藤庄平がつとめている。主演は「うなぎ」の清水美砂。

監督
伊藤秀裕
出演キャスト
清水美砂 朱門みず穂 松岡俊介 鰐淵晴子

流れ板七人

  • 1997年1月15日(水)公開
  • 撮影

老舗の料亭の暖簾を取り返すために立ち上がった7人の流れ板たちの活躍を描いたアクション。監督は「修羅がゆく3 九州やくざ戦争」の和泉聖治。牛次郎と笠太郎によるコミック『流れ板竜二』を、「極道の妻たち 危険な賭け」の高田宏治が脚本化。撮影を「修羅がゆく3 九州やくざ戦争」の安藤庄平が担当している。主演は「藏」の松方弘樹。ちなみにタイトルの「流れ板」とは、おのれの料理の腕前に意地と誇りをかけて日本全国を流れ歩く渡り職人のこと。

監督
和泉聖治
出演キャスト
松方弘樹 いしだあゆみ 東幹久 酒井美紀
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 安藤庄平