映画-Movie Walker > 人物を探す > 西村豊治

年代別 映画作品( 1972年 ~ 1993年 まで合計82映画作品)

1993年

カッパの三平

  • 1993年3月13日(土)公開
  • プロデューサー

山奥の自然の中で育った少年・三平とカッパや鬼など、人間以外の生き物たちとの交流を描くアニメ。水木しげるの漫画『河童の三平』を原作に、「はれときどきぶた」の平田敏夫が監督、脚本は「キャンディ・キャンディ(1992)」などの雪室俊一が担当。声の特別出演として、宍戸錠、松原知恵子、三木のり平、ラジオパーソナリティの大沢悠里、さこみちよなどが参加している。

監督
平田敏夫
出演キャスト
田中真弓 堀絢子 天野由梨 井上瑤
1991年

うしろの正面だあれ

  • 1991年3月9日(土)公開
  • 製作

東京大空襲によって家族を失った少女が自立していく姿を感動的に描くアニメ。海老名香葉子原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「火の雨がふる」の有原誠治。共同脚本は今泉俊昭。作画監督は小野隆哉がそれぞれ担当。

監督
有原誠治
出演キャスト
三輪勝恵 若本規夫 池田昌子 海老名泰孝
1990年

夏のページ

  • 1990年3月17日(土)公開
  • 企画

12年間という時を生きてきた少年たちの揺れ動く心を大自然を背景に描く。みなみらんぼう原作の同名小説の映画化で、脚本は市川靖が執筆、監督はこれがデビュー作となる及川善弘、撮影は「ラブ・ゲームは終わらない」の野田悌男がそれぞれ担当。

監督
及川善弘
出演キャスト
三浦浩一 小林かおり 佐野史郎 飯泉征貴
1987年

街は虹いろ子ども色

  • 1987年12月10日(木)公開
  • 製作

田舎から東京へ引っ越してきた少女と東京の子どもたちの友情と成長を描く。脚本は「母さんの樹」の山形雄策と「ボクちゃんの戦場」の大澤豊と、小林佐智子が共同で執筆。監督は「ボクちゃんの戦場」の大澤豊、撮影は「い・ん・び」の野田悌男がそれぞれ担当。

監督
大澤豊
出演キャスト
近藤絵麻 嵐圭史 風見章子 芹洋子
1985年

まってました転校生!

  • 1985年6月9日(日)公開
  • 製作

地味ながら着実な成果をあげているにっかつ児童映画11作目。家族全員が旅役者という環境のおかげで32回も転校をくり返している少年が、下町の小学校ではじめて友情にめざめ、先生とも心の交流をはかるというストーリーのなかで、親子の愛、家族の絆という現代では見失いつつある人間関係をたからかに謳いあげていく。監督の藤井克彦は「四年三組のはた」でも児童映画を手がけ、その手腕は高く評価されている。出演は主人公の少年に皆川欽也、両親に蟹江敬三、入江若葉が扮している。スチールは目黒祐司が担当。

監督
藤井克彦
出演キャスト
蟹江敬三 入江若葉 皆川欽也 新井康弘
1984年

宇能鴻一郎の伊豆の踊り子

  • 1984年5月25日(金)公開
  • 編集

伊豆の温泉街を旅するストリッパーの姿を描く。字能鴻一郎の原作の映画化で、脚本は「セクシー・オーラル 浮気な唇」の池田正一、監督は「お嬢さんの股ぐら」の藤浦敦、撮影は「美少女プロレス 失神10秒前」の森勝がそれぞれ担当。

監督
藤浦敦
出演キャスト
朝吹ケイト 小田かおる 松川ナミ 中川みず穂

団鬼六 修道女縄地獄

  • 1984年5月25日(金)公開
  • 編集

妻子ある男との愛を精算して修道院に入った女が、そこでSMの調教を受け、マゾヒストとして目覚めていく姿を描く。団鬼六の原作『嘆きの天使』の映画化で、脚本は「団鬼六 美女縄化粧」の中野顕彰、監督も同作の藤井克彦、撮影は「美加マドカ 指を濡らす女」の野田悌男がそれぞれ担当。

監督
藤井克彦
出演キャスト
高倉美貴 小川亜佐美 山口ひろみ 伊藤麻耶

チーちゃんごめんね

  • 1984年5月19日(土)公開
  • 編集

33歳の若さで、多くの聴取者から愛され、親しまれながらもガンでこの世を去った女性アナウンサーの姿を描く。成田敦子の手記をもとにした原作の映画化で、脚本は「海峡」の井手俊郎と鈴木雅子の共同執筆。監督は「花街の母」の西河克己、撮影は「唐獅子株式会社」の鈴木耕一がそれぞれ担当。

監督
西河克己
出演キャスト
秋吉久美子 勝野洋 浅川奈月 佐々木すみ江

白衣物語淫す!

  • 1984年3月2日(金)公開
  • 編集

セクシーな白衣にあこがれ、一人前の看護婦を目指したものの、好きものの先輩たちの“淫乱の輪”にはまってしまう若い娘の姿を描くコミックポルノ。脚本は、「情婦はセーラー服」の竹山洋、監督は「猟色」の伊藤秀裕、撮影は森島章がそれぞれ迫当。

監督
伊藤秀裕
出演キャスト
浅見美那 三崎奈美 深見博 野上祐二
1983年

女教師は二度犯される

  • 1983年11月18日(金)公開
  • 編集

平凡な毎日に飽き足らない女教師が、生徒たちに犯され、次第に快楽の虜になるまでを描く。原作は佐治乾、脚本は「女高生偽日記」の熊谷禄朗と城谷亜代の共同執筆、監督は「紅夜夢」の西村昭五郎、撮影は「武蔵野心中」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
志水季里子 美野真琴 橘雪子 依田浩介
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 西村豊治