映画-Movie Walker > 人物を探す > 荒木雅子

年代別 映画作品( 1966年 ~ 1999年 まで合計18映画作品)

1999年

ホーホケキョとなりの山田くん

  • 1999年7月17日(土)公開
  • 出演(声)(しげ 役)

いしいひさいち原作による四コマ漫画をベースに、平凡な日本の家族像を様々なエピソードを織りまぜて、ユーモラスに描いた長篇アニメーション。監督・脚色は「平成狸合戦ぽんぽこ」の高畑勲。撮影を「もののけ姫」の奥井敦が担当している。声の出演に朝丘雪路の他、多彩な顔ぶれ。

監督
高畑勲
出演キャスト
朝丘雪路 益岡徹 荒木雅子 五十畑迅人

おもちゃ

  • 1999年1月15日(金)公開
  • 出演(ウメ婆さん 役)

昭和33年の京都の花街を舞台に、置屋で下働きする少女が様々な経験を通して、やがて舞妓となるまでを描いたドラマ。監督は「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の深作欣二。原作・脚色は「生きたい」の新藤兼人。撮影を「時雨の記」の木村大作が担当している。主演は、新人の宮本真希と「あ、春」の富司純子。第11回東京国際映画祭最優秀女優賞(宮本真希)、第43回アジア太平洋映画祭最優秀助演女優賞(富司純子)受賞、芸術文化振興基金助成作品。

監督
深作欣二
出演キャスト
宮本真希 富司純子 南果歩 喜多嶋舞
1987年

舞妓物語(1987)

  • 1987年7月11日(土)公開
  • 出演(篠原松代 役)

祇園に生まれた“新人類”の舞妓と彼女をとりまく人人の青春を描く。脚本は金井貴一と東多江子の共同執筆。監督はTV作品を多く手がけ、これが劇場用第一作となる皆元洋之助、撮影は中村富哉がそれぞれ担当。

監督
皆元洋之助
出演キャスト
岡本舞子 三好圭一 赤座美代子 美保純
1983年

人生劇場(1983)

  • 1983年1月29日(土)公開
  • 出演(お勝 役)

東京に出て作家を目指す青年と、周囲の人々の人生を描く。尾崎士郎の同名小説の今回は十三度目の映画化で、脚本は「真夜中の招待状」の野上龍雄と、この作品を三人で共同監督する「蒲田行進曲」の深作欣二、「制覇」の中島貞夫、「未完の対局」の佐藤純彌の共同執筆、撮影は「コールガール」の安藤庄平、「遥かなる走路」の並木宏之、「冒険者カミカゼ」の北坂清がそれぞれ担当。

監督
深作欣二 佐藤純彌 中島貞夫
出演キャスト
三船敏郎 永島敏行 松坂慶子 中井貴恵
1981年

青春の門(1981)

  • 1981年1月15日(木)公開
  • 出演(泣く女 役)

北九州の筑豊を舞台に主人公の青年の生いたちと、上京するまでを、激しく生きる大人たちの世界の中で描く。五木寛之の同名のベストセラー小説の映画化で、過去に東宝で浦山桐郎監督によって「青春の門(1975)」「青春の門 自立篇(1977)」の二作が映画化されている。また松竹の人気女優、松坂慶子がはじめて東映に出演している。脚本は「徳川一族の崩壊」の野上龍雄、監督は「象物語」を監修した蔵原惟繕と「復活の日」の深作欣二の共同、撮影は「さらば、わが友 実録大物死刑囚たち」の仲沢半次郎と「忍者武芸帖 百地三太夫」の中島徹が共同で担当。

監督
蔵原惟繕 深作欣二
出演キャスト
菅原文太 松坂慶子 村上尚治 加瀬悦孝
1976年

女必殺五段拳

  • 1976年5月29日(土)公開
  • 出演(綾 役)

国際地下組織の麻薬取り引きに巻き込まれた空手の達人の少女の活躍を描くアクション映画。脚本は「ラグビー野郎」の鳥居元宏と「テキヤの石松」の松本功と「くノ一忍法 観音開き」の志村正浩、監督は「テキヤの石松」の小沢茂弘、撮影は「五月みどりのかまきり夫人の告白」の塩見作治がそれぞれ担当。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
志穂美悦子 ミッチー・ラブ ケン・ウォーレス 鈴木正文

狂った野獣(1976)

  • 1976年5月15日(土)公開
  • 出演(戸田政江 役)

二人の凶悪犯に乗っ取られたバスに乗りあわした、乗客たちのパニック状況を描いたサスペンス映画。脚本は「トルコ(秘)最前線 密技96手」の大原清秀と「好色元禄(秘)物語」の関本郁夫、監督は脚本も執筆している「実録外伝 大阪電撃作戦」の中島貞夫、撮影は「くノ一忍法 観音開き」の塚越堅二がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
渡瀬恒彦 星野じゅん 川谷拓三 片桐竜次
1975年

極道社長

  • 1975年10月18日(土)公開
  • 出演(民子 役)

人の嫌がる商売をやるアイデア商法で大儲けを企らむ社長と、その個性豊かな部下の活躍を描いた喜劇。脚本は「神戸国際ギャング」の松本功と山本英明、監督は脚本も執筆している「暴力金脈」の中島貞夫、撮影も同作の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
梅宮辰夫 室田日出男 川谷拓三 殿山泰司

桜の森の満開の下

  • 1975年5月31日(土)公開
  • 出演(年増女 役)

坂口安吾の同名の短篇小説の映画化で、都の女に魅せられた粗暴な山賊を怪奇と幻想風に描く。脚本は「卑弥呼」の富岡多恵子、監督は脚本も執筆している同作の篠田正浩、撮影も同作の鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
篠田正浩
出演キャスト
若山富三郎 岩下志麻 伊佐山ひろ子 滝田裕介
1972年

  • 1972年6月17日(土)公開
  • 出演(浜 役)

「無常」「曼陀羅」と日本人の内なる精神構造を描くその完結編とも云うべき第三作目。地方の旧家を通じて、われわれの身体と心を縛りつけている故郷を模索する。脚本は「曼陀羅」の石堂淑郎、監督も同作の実相寺昭雄、撮影は中堀正夫がそれぞれ担当。

監督
実相寺昭雄
出演キャスト
篠田三郎 八並映子 桜井浩子 田村亮
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 荒木雅子